用紙・サプライ | Canon | 複写機・プリンター | 製品・サービス | 株式会社Too

用紙・サプライ

高品質印刷を実現する用紙・サプライもお任せください。

豊富な用紙をご用意しています

高品質印刷を実現する本紙用紙やプルーフ用紙から、オフィスで利用するコピー用紙まで、目的別の幅広い用紙をご用意しています。オリジナル製品やプリンターメーカーの純正品など、豊富な質感と厚さをお選びいただけるようラインナップを揃えて、プロフェッショナルクリエイティブのニーズに応えます。

多彩な加工オプション・サプライ

多彩なメディアやオプションで、ビジネスの幅を広げることができます。通常印刷だけでなく、名刺やはがき、シール、封筒への印刷などのメディアも豊富に用意しています。箔押しやフィルム出力、カッティングマシン、屋外広告用大判プリントメディアなど、印刷後の加工オプションのご相談もTooにお任せください。目的にあわせた豊富なメディアをご提案いたします。

用途にあわせた最適な紙を選びましょう:用紙の寸法

紙には、ノートや便せん、雑誌、書籍、PPC用紙などのように、製品となったときの仕上げ寸法と、原紙の寸法があります。仕上げ寸法はJISで決められています。A列の0判は面積が1平方メートル、B列の0判は1.5平方メートルで、縦と横の長さの比は、見た目がもっとも美しいと言われる1:√2(=1.4142)の、いわゆる黄金分割になっています。この比率は、A判、B判ともに、紙を半裁していっても変わりません。A列、B列の寸法は下表の通りです。

紙の仕上げ寸法(JIS規格)
A列 B列
0 841×1189 1030×1456
1 594×841 728×1030
2 420×594 515×728
3 297×420 364×515
4 210×297 257×364
5 148×210 182×257
6 105×148 128×182

紙の原紙寸法
判型 寸法
A列本判 625×880
B列本判 765×1085
四六判 788×1091
菊判 636×939
ハトロン判 900×1200
L判 800×1100
K判 640×940

用途にあわせた最適な紙を選びましょう:紙の厚さについて

紙の重さは「坪量」と「連量」の2種類があります。

「坪量」単位:g/m2
坪量は洋紙及び板紙1㎡あたりの重さのことです。坪量は紙の重さ表しますが、厚さを知る目安にもなります。一般的に紙を選定する際によく参照される重要な数値です。
「連量」単位:Kg
印刷業界でよく使われる単位です。ある規定の寸法に仕上げられた紙1000枚のことを1連(1R)と呼びます(板紙の場合は100枚)。連量とは1連の紙の重量のことです。連量を量る場合のサイズはさまざまなため、同じ厚みの紙でもサイズが大きくなれば重くなります。
坪量・連量早見表
坪量(g/m2 キロ連量(Kg)
四六判
(788×1091mm)
菊判
(636×939mm)
A列本判
(625×880mm)
52.3 45.0 31.0 28.5
58.1 50.0 34.7 32.0
60.2 51.5 35.7 33.0
64.0 55.0 38.0 35.0
66.3 57.0 40.0 36.5
73.3 63.0 43.5 40.5
78.3 67.5 46.7 43.0
79.1 68.0 47.0 43.5
81.4 70.0 48.5 44.5
84.9 73.0 50.5 46.5
93.0 80.0 55.5 51.0
104.7 90.0 62.5 57.5
127.9 110.0 76.5 70.5
157.0 135.0 93.5 86.5
174.4 150.0 104.0 96.0
186.1 160.0 111.0 102.5
209.3 180.0 125.0 115.0
232.6 200.0 139.0 128.0
256.0 220.0 153.0 141.0
279.0 240.0 167.0 153.5
300.0 257.9 179.2 165.0

※計算方法によって異なる場合があります。

page top