「デザインの向こう側にあるもの」を探る9本の特別無料セミナー!『design surf seminar 2017』を2017年10月13日(金)東京・虎ノ門ヒルズで開催 | ニュースリリース | 会社情報 | 株式会社Too

「デザインの向こう側にあるもの」を探る9本の特別無料セミナー!
『design surf seminar 2017』を2017年10月13日(金)東京・虎ノ門ヒルズで開催

2017年9月 5日

クリエイティブ市場の総合商社・株式会社Too(本社/東京都港区虎ノ門3-4-7、社長/石井剛太、資本金/1億円)は、特別セミナー「design surf seminar 2017 - デザインの向こう側にあるもの - 」(無料)を2017年10月13日(金)東京・虎ノ門ヒルズで開催します。

dss2017image.jpg

現在を生きる我々の生活の中で、デザインをとりまく環境は大きな変革を迎えています。
これからの時代にデザインの業界はどのように動いていくのか、いまデザインビジネスの最前線ではどのようなことが重要なのか、それらの答えを見つける場として、昨年に続き今年第2回目を開催いたします。

市場にデザインを提供する側にある環境の変化など、デザインをビジネスの側面から捉えた9本のセミナーを行います。
チャレンジを続けるキーマン、世界で戦う企業のデザイン最前線をまとめて聞くことができるチャンスですので、この機会にぜひ足をお運びください。

●セミナーお申し込み及び詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.too.com/dsurf/

セミナー概要

■タイトル

Too特別セミナー
「design surf seminar 2017 - デザインの向こう側にあるもの - 」

■日時

2017年10月13日(金)
11:00 - 19:00(セミナー開始11:30)

■会場

虎ノ門ヒルズフォーラム ホールB
東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー4F

■セミナー内容

【1】 11:30 - 12:30
特別セッション「ニホンのクルマのデザインのココロ」
元日産自動車専務執行役員チーフクリエイティブオフィサーの中村史郎氏に、自動車という変革とグローバル化の急先鋒である業界において、カーデザインの最前線での長い経験とデザインを超えた幅広い知識から、デザインとどう向き合うかについてお話しいただきます。
【スピーカー】中村 史郎 氏/株式会社SHIRO NAKAMURA DESIGN ASSOCIATES 代表

【2】 12:45 - 13:45
「AIをデザインする」
身近にすでにあるのか、まだまだ実感がないのか。氾濫する「AI」という言葉は耳にするけど、実際にデザイナーの仕事にどう影響を及ぼすのでしょうか。技術を代表して鈴木さん、デザイナーを代表して川崎さん、そしてビジネスコンサルタント兼アーティストの町田さんの3人に登壇していただき、「AIとは何か?」を改めて技術的に紐解きながら、「AIがどうなる」ではなく「AIをどうデザインするか」というワクワクする話をしてみます。
【スピーカー】鈴木 徹 氏/on fleek株式会社、町田 裕治 氏/フジヤマゲイシャLLC、川崎 紀弘 氏/株式会社コンセント

【3】 12:45 - 13:45
「目印と矢印 - ビジュアルデザインのできること -」
オンスクリーンメディアによるコミュニケーションが発達したことで、ビジュアルデザインの可能性はさらに広がっています。モノづくりやコトづくりにおいて、さまざまな時間と場所に展開しやすく、モノの姿を簡単に最適化できるビジュアルデザインの特性について、今回はいくつかの事例を交えながらお話します。
【スピーカー】色部 義昭 氏/株式会社日本デザインセンター

【4】 14:00 - 15:00
「クリエイター重視でつくる世界のIT基盤とセキュリティ事情」
IT管理者に人気のブログ「ロードバランスすだちくん」や、独自IT勉強会が大人気のスピーカーより、世界最先端のクリエイティブ企業でのITトレンドをお聞きします。世界最高のものを作るのに、世界最高の環境を手に入れる必要はない!というシンジさんから、クラウドファーストでセキュリティの高い環境をどう使いこなし、クリエイティブ効率をあげていくのか。そのヒントをもらいます。
【スピーカー】齊藤 愼仁 氏/株式会社クラウドネイティブ

【5】 15:15 - 16:15
「公共サインのフォント、世界の潮流とこれからの日本の課題」
日本の公共サインに、英語の表示が添えられることが急に増えてきました。日本を訪れる外国の旅行客が英文の情報を頼りにして移動するとき、それらの情報は安心感を与えるでしょうか。ヨーロッパや米国ではサイン等で使われる書体がここ数十年で大きく改善されていますが、日本では書体の選択や使い方を見る限りかなり遅れています。フォントのデザインを軸に、公共スペースでの英文の情報の読みやすさとは何かを考えます。
【スピーカー】小林 章 氏/モノタイプ

【6】 15:15 - 16:15
「 “きれい”のデザイン - 生活に寄り添う商品デザイン -」
生活スタイルや購買行動。人それぞれが多様なニーズを持ちますが、流通や情報収集方法の変化や進化によって各々のニーズを容易に満たせる時代になり、商品デザインに求められる役割も変化してきています。石鹸で創業し、生活に寄り添う商品で“きれい”をお届けしてきた花王の、最近の事例をいくつかご紹介しながら、「生活と商品デザイン」について考えてみたいと思います。
【スピーカー】片平 直人 氏/花王株式会社

【7】 16:30 - 17:30
「働く場所について考える」
株式会社 東京ピストル と dot by dot inc. によって渋谷にうまれた、クリエイティブに特化した新しいシェアオフィス「HOLSTER」は今年で3年目を迎えました。入居者もユニークなクリエイティブで人気のある株式会社ブルーパドルやSNSで著名なしおたんなど、多種多様。そんな「HOLSTER」を運営する2社から、仕事と働き方についてお話ししてもらいます。
【スピーカー】草彅 洋平 氏/株式会社東京ピストル、富永 勇亮 氏/dot by dot

【8】 17:45 - 18:45
「デザインの発想と、未来のものづくり」
いま、激変の時代を迎えているプロダクトデザイン。開発環境の変化、技術革新、デザインワークフローの変化など、その要素は一つではありません。750名を超える企業規模で「試作品」を開発製造する世界的に類い稀な企業、株式会社日南のデザインディレクターより、今のプロダクトデザインのワークフローやトレンド、アイデアを形にする過程を紹介。未来のプロダクトデザインの研究開発を続けるオートデスクがモデレータとして参加し、未来のデザインワークフローを紹介します。
【スピーカー】岡 広樹 氏、猿渡 義市 氏/株式会社日南、加藤 久喜 氏/オートデスク株式会社

【9】 17:45 - 18:45
「"Beyond advertising, beyond marketing" 広告の先にあるもの、マーケティングの先にあるもの」
【スピーカー】齋藤 太郎 氏/CC INC. 共同代表・株式会社dof、戸田 宏一郎 氏/CC INC. 共同代表

※開場は各セッション開始15分前からとなります。
※プログラム内容、講師等は都合により予告なしに変更となる場合がございます。予めご了承ください。

■定員

各回80名
※セミナー各回は完全入れ替え制となります。

■受講料

無料(事前予約制)
※定員に達したセミナーは抽選とさせていただく場合があります。

■主催

株式会社Too

■design surf seminar 2017専用Webサイト

http://www.too.com/dsurf/

同件に関するお問い合わせ先

株式会社Too design surf seminar 2017事務局(マーケティング部)
E-Mail too-event-2@too.co.jp
TEL 03-6757-3123 FAX 03-6757-3124
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-4-7 虎ノ門36森ビル

報道関係の皆様からのお問い合わせ先

株式会社Too マーケティング部
E-Mail pr@too.co.jp
TEL 03-6757-3123 FAX 03-6757-3124
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-4-7 虎ノ門36森ビル

※Tooは、株式会社Tooの登録商標です。
※その他の登録商標及び商標は、所有者に権利が帰属します。

page top