.Tooトップへ
デジタルメディアシステム部 03-6757-3145 お問い合わせ

report

株式会社Tooの3ds Maxトレーニングを体験(後編)

2018.04.09
 

株式会社Tooでは、3DCGやCADのトレーニングを開催している。今回、毎月開催されている『Autodesk 3ds Max』の基本トレーニングを体験した。
今回受講したのは、2日間コースだ。

 

レンダリングを基礎から学ぶ

2日目はレンダリングの日。まずは用意されている公園のシーンを読み込み、マテリアルエディタでの操作を学んだ。
拡散反射光カラーの変更、テクスチャマップの割り当て、タイリングの調整、バンプマップの適用、サブオブジェクトへの異なるマテリアルの割り当てなどを行なっていく。
切り株椅子では上面+下面と側面で異なるテクスチャの割り当てを、曲板を使ったウッドチェアーではUVWアンラップ、ステッチによるテクスチャ割り当てを経験した。

続いてはライト。ライトの色や強さ、形状によるシャドウの変化、配光データを用いた実世界の照明器具の再現などを学ぶ。合わせて、カメラの配置やパラメータ調整も練習した。

最後は、セグウェイっぽい乗り物の本格的なレンダリングを進めていく。ここでは、ARTレンダラーやArnoldレンダラーなどを用い、フォトリアリスティックなレンダリングの練習を行った。物理ベースのマテリアルを用いた金属や皮革などの材質表現、HDRイメージを用いた環境ライティングなどの、実践的なテクニックを練習する。

トレーングメニュー終了後は、受講者の質問へ回答する時間が設けられた。また、受講者がこれから取り組むものに合わせたデモも行なわれた。

 

2日間のトレーニングを終えて

今回は2日間コースに参加したが、3日間コースの受講者はさらにアニメーションについて、基礎からボーンアニメーションまでを学ぶ構成となっている。

今回の受講者は、全員が他の3D CGソフトの使用経験があり、全体として非常にスムーズに進行した。多数のモデリングやレンダリングを重複しない方法行なったので、業務でもすぐ実用レベルに達することができる内容だったと感じた。
1日目にもお話を伺った方はこれまでの経験値を土台として、2日目の内容も吸収していた。「今後、VRなどにも活かしていければ」と意欲を語ってくれた。

ちなみに、受講者は工業系や建築、土木から、アニメ、映像、放送まで、CGで画づくりするさまざまな業界の方だそうだ。目標としているのも工業製品からキャラクターアニメーションまで、幅広い分野となっている。

 

また、受講前に他の3D CGソフトで経験を積んでいる人もいれば、全くの未経験者もいる。もちろん、全くの未経験者が受講しても、ちゃんと学べていることを確認しながらトレーニングを進めてくれる。

さらに、このトレーニングには受講特典として、通常有償となっている1年間のメールサポートも付属する。3ds Maxを導入する際、未経験のユーザーのトレーニングに活用してみてはいかがだろうか。

 

※上記は2018年1月のトレーニングで、内容は変更される可能性がある。