.Tooトップへ
デジタルメディアシステム部 03-6757-3145 お問い合わせ

report

株式会社TooのMayaトレーニングを体験(後編)

2018.02.27
 

株式会社Tooでは、3DCGやCADのトレーニングを開催している。今回、毎月開催されている『Autodesk Maya』の初級トレーニングを体験した。

アニメーションを学ぶ

2日目は、アニメーション&レンダリング。このトレーニングは〝初級〟ではあるが、2日間のコースであってもMayaの特徴であるアニメーション機能までを習得できるようになっている。

まずは簡単なモデルを使ったキーフレームアニメーションを作成する。ここでは、台の上を動くボールをコントロールするのに、グラフエディタを使用した。

 

 

続いてはヒト型のモデルを読み込み、ドリブンキーを使ったシャッターを作成。ノードエディタでの確認方法も覚えていく。さらに、飛行機を飛ばすパスアニメーションの作成まで、午前中に一気に習得していった。

 

午後の中心テーマはIK。最初はロボットアームのモデルを読み込み、リギングやペアレント化について実地で学んでいく。結果については、Arnoldのレンダリングで確認した。

そしていよいよ、キャラクターアニメーションへと進む。ここでは、スキンウェイトペイントツールでの変形部分のスムージングなどを身につけていった。

さらにはHumanIKなどの要素にも触れつつ、ここまでの知識を動員したアニメーションを作成したところで2日目は終了となった。

 

2日目も豊富なサンプルを用いることで、アニメーションについて基本的なものから本格的なものまで、集中して学べた。受講生も「3Dのアニメーションの仕組みが難しかったが、使いこなせるようになれれば」と語ってくれた。

 

3日間コースの受講生は、3日目でエフェクト&シミュレーションについて学ぶ。

また受講後は1年間、10件までのメールサポートも受けられる。さらなる応用の操作についても確認することができるので、Maya未体験の方も受講を検討してみてほしい。

 

※上記は2018年1月のトレーニングで、内容は変更される可能性がある。