Webマーケティング

ウェブサイトの役割と目的とは?

ウェブサイトは明確な目的を達成するために存在します。制作や運用には相応のコストもかかっていますので、商品の販売や問い合わせなどの収益を生む成果が求められます。
この成果がサイト運営の目的であり、目的を達成するためにユーザーに行動を行わせることがウェブサイトの役割となります。
ウェブは多岐にわたり、ユーザーとの接点があるメディアです。そのなかで、ユーザーはどこで自社を知り、ウェブサイトに触れて、自社の何に魅力を感じて、お問い合わせや購入に結びつくのかを考えることが重要です。

具体的な収益を生む導線を作り、成果を得ること

目的の達成には適切な施策が必要

目的を達成するには、サイトを作って終わりではなく、様々な施策を行う必要があります。
しかし、お客様に対して、正しいメッセージを提供できていなかったり、単にリスティング広告を出しただけなど、勘に頼った施策をしていては無駄にコストを消化するだけで結果に繋がりません。
特にリスティング広告においては、予算を消化するための手段の一つになってしまいがちです。
その結果、ウェブサイトがコストがかかるだけと認識され、ついには社内での重要度が下がり、放置状態になってしまいがちです。
こういった理由から、サイト制作・運営を行う上で、目的の設定とそれを達成するための活動(施策)はとても重要です。
そこで必要となるのが、Webマーケティングの知識です。

具体的な成果を出し目的を達成するには、Webマーケティングの知識と経験が必要

成果を出すためのWebマーケティング

成果を出すためには、正しくマーケティングを行うことが重要です。マーケティングの中でもウェブで展開するものがWebマーケティングとなります。
ある目的に対し、戦略を策定し、ウェブ技術を利用した最適な戦術で結果を出すことの一連の行動をいいます。
一般的にウェブサイトに代表されるオウンドメディアやリスティング広告に代表されるペイドメディア、口コミ効果を狙ったアーンドメディアを利用した、コミュニケーション手法で展開されます。
成果を出すためには、自社の強みを把握しサイトの現状を理解、適切な施策/改善を行うことが重要です。その一連の活動を正しく実践し、評価改善していくことで、より効率的に多くの成果を出すことができます。

Webマーケティングを活用し、目的に応じた「成果」を獲得する

Webマーケティングの特長

スピードが早い

施策がウェブベースで完結するため、素早く実行できます。分析/改善のサイクルもスピーディーに回せます。

少ない予算で始められる

リスティング広告やSNSマーケティングなど、施策が少額で実行できます。

結果が数値化できる

広告のクリック数や問い合わせ数など結果が数値で測れます。結果が数値として報告できるので、上層部に理解が得られやすい活動と言えます。

上層部の理解が得やすく、取り組みやすい

マーケティングの実践/何から始めれば良いか?

Webマーケティングを始めるにあたって、「SEO」や「広告」といったわかりやすい施策やツールを覚えることが、一般的となっています。
施策やツールを覚えることは、Webマーケティングでも「手に職をつける」うえで大前提にはなりますが、その先にある「サイトが会社の経営にもたらす影響」までは、なかなか気が回らないのではないでしょうか。
Webマーケティングを行う上で、全体を俯瞰して把握できるスキルは非常に重要です。技術的な面を含めた全体像を把握できるからこそ、やるべきこと・間違っていることが見えてくるものです。
その上で、自社の「ブランディング」を作っていくには、自社サイトの「ポジショニング」の確立と、それを補うためのプロモーション活動はかかせません。
何を行うべきかを、シンプルかつ明解にすれば、優先して取り組む施策の順番がわかります。

Webマーケティングの全体像を理解する

まずは目的と目標の設定を!

サイトフローに沿った目標設定

ウェブサイトの目的を達成するには、その指標となる目標を設定することも重要です。
目的達成のためにどのような目標を設定して、どのような手段で達成するかを設計しましょう。ウェブサイトのユーザーフローを軸にすると目標設定がやりやすくなります。

ユーザーのサイトでの行動パターンを理解して、目標設定を行う

サイトの改善はまずは良質な流入数を増やすことから

まずは良質な集客を!

サイトの改善には目標の数値を見て、改善点の仮説を立ていくことがから始まりますが、改善ポイントの、作業のしやすさはまちまちです。
その中での注目ポイントは、流入数です。流入数を増やすことは他の改善ポイントに比べて施策がシンプルで取り組みやすく、効果も大きい施策です。
成果を出すには、まず自社サイトを認知してもらことも必要です。それには適切なプロモーション施策を行うことが重要です。
成果を出すには、まず自社サイトを認知してもらことが必要です。ウェブ担当者には良質な流入数を増やせる、効果的なプロモーション施策を打てるスキルが求められます。
制作プロダクションにおいては成果を出せる「分析・提案力」が求められるでしょう。

ウェブ担当者は実践的なプロモーションスキルの獲得が必要

お問い合わせ/お見積もり依頼

お気軽にご連絡ください。