Bongo 2.0 | 株式会社Too

Bongo 2.0

Bongoは、Rhinocerosで作成したオブジェクトを移動・回転させたり、大きさを変えたりといったアニメーションを、他のアニメーションツールへ出力することなくRhinoceros上で行なうことができます。 ドラッグ アンド ドロップといった簡単な操作で、オブジェクトやビューポートのアニメーション編集も可能です。これまでオブジェクトをRhinocerosで編集し、アニメーションを他のアニメーションツールで編集するという相互間でのやり取りにかけた時間を大幅に短縮することができます。

bongo.jpg

タイムラインをスライドさせたりアニメーションを実行させたりすることにより、Rhinoceros上で、リアルタイムに、様々なシェーディングモードでプレビューすることができます。また、FlamingoやPenguinを含む全てのRhinoceros上のレンダラーでアニメーションの作成が可能です。

Bongoは、簡単な操作でプロフェッショナルなアニメーションが作成でき、Rhinocerosのビューポート上でリアルタイムに、再生、巻き戻しができるので、Rhinocerosのモデルを使用したクライアントへのプレゼンテーションにも最適です。  

主な機能

  • 移動・回転・拡大縮小
  • カーブへのオブジェクト制御
  • 他のオブジェクトに追随させたオブジェクト制御
  • カメラパス及びカメラターゲットの制御
  • ビューポートのキーフレーム
  • 自動・手動での速度、加速度の調整
  • アニメーションオブジェクトの階層管理
  • Rhinocerosプラグインレンダーを用いた、シングルフレーム及びAVIファイル形式でのレンダリング出力
  • 様々なシェーディングモードでのリアルタイムプレビュー
  • 様々なシェーディングモードでも動作可能なタイムライン
  • 業界標準に準じたタイムラインインターフェース
  • ドラッグ アンド ドロップで操作可能なキーフレーム
  • オブジェクトをドラッグするだけで、アニメーションモードにおけるキーフレームの入力を容易にします。
  • アニメーションデータはRhinocerosフォーマット(.3dm)に一括保存。 インポート、エキスポートの必要はありません。
  • オブジェクト制御
  • ドッキング・切り離し可能なインターフェース
bongo_reelsmall.gif bongo_monk1.gif

2.0新機能

  • 機能が強化されたタイムラインを使って、より長いアニメーションが作成可能
  • カーブエディタにより、コントロールしやすくなりました。
  • ファイルごとに複数のアニメーションを作成できるようになりました。
  • 新しいキーフレームエディタを使って、マテリアル、環境、テクスチャなどのパラメータをアニメートできます。
  • 名前のついたビューアニメーションウィザードを用いて、素早くアニメーションをセットアップできます。
  • オブジェクトのモーフィングが行えます。
  • レイヤアニメーションが行えます。
  • 日照シミュレーションアニメーションを行えます。
  • ビデオテクスチャアニメーションを行えます。
  • 新しいビデオ形式をサポートします。
  • メカニカル(機械)システムを作成し、 新しいインバースキネマティクスエンジンを使用して制作することができます。
  • 式エディタを搭載しています。
  • Rhino5用に64ビットバージョンがあります。

page top