Rhinoceros 5 新機能 | 株式会社Too

Rhinoceros 5 新機能

Rhinoceros 5 の主な新機能

64bit OSへの対応

Rhinoceros 5 では64bitOS (Windows Vista、7、8) に対応しました。 3Dスキャニングデータなどの大量の点群やポリゴンメッシュデータを扱う場合やハイエンドCADで制作されたアッセンブリーデータなど大規模データを扱う場合でもメモリを気にすることなく、快適に作業を行うことができます。

64bit

ガムボールによる編集

ガムボールと呼ばれるインタラクティブツールの採用により、変形や移動、回転、スケール、押出しといった形状編集が簡単になり、より自由なモデリングを実現します。

64bit

シェルポリサーフェス

シェルポリサーフェス機能が搭載され、完全に結合された隙間の無いソリッド形状であれば、これまで手間のかかっていた厚みを付ける作業が簡単に作成できるようになりました。 同時にサーフェスオフセット機能も強化され、開いた形状のポリサーフェスに対しても厚みをつけることが可能になりました。

64bit

ディスプレイ表示モードの拡充

グラフィック機能の強化により、描画品質とスピードが大幅に向上。モデリング作業の効率化はもちろん、プレゼンテーションに活かせるアーティスティック、ペンタッチ、テクニカルスケッチ表示モード。OpenGLをサポートすることによってリアルタイムでのシャドウ表示も可能になりました。

64bit

パレットタブ化による作業性の向上

レイヤやヘルプ、各種プロパティやレンダリングのマテリアルエディタ、ライトリスト、カメラリストなど使用頻度の高い設定項目をパレット化。パレットの表示・非表示やウィンドウとのドッキングなど使い勝手に合わせて自由にカスタマイズできます。 また、モデリングで使用する様々なツールバーもパレット化され、タブでの切換えが可能になりました。

64bit

 

選択ツールによる操作性の向上

選択フィルタや境界による選択、ブラシ選択、3D直方体による選択など多くの選択方法が追加され、複雑で混みあったデータの中から容易に必要なデータだけを選択できます。

64bit

 

クリッピング面による断面確認

選択フィルタや境界による選択、ブラシ選択、3D直方体による選択など多くの選択方法が追加され、複雑で混みあったデータの中から容易に必要なデータだけを選択できます。

64bit

 

その他新機能

  • サーフェスのドラフト角度(抜き勾配)破断位置に点オブジェクトを配置する『勾配点』機能
  • だ円曲線 双曲線、または放物曲線の焦点に点を配置することが可能な『焦点』機能
  • 2つの円弧で構成されるブレンド曲線を2つの曲線間に作成する『円弧ブレンド』機能
  • 制御点指定曲線を用いて選択した曲線の作成を続行する『制御点指定曲線を続行』機能
  • ピックした点を補間して、選択した曲線の作成を続行する『補間点指定曲線を続行』機能
  • 選択された曲線の曲率表示を複製する曲線オブジェクトを作成する『曲率表示を抽出』機能
  • 1つのオブジェクトのセットと別のオブジェクトのセットの交差線や点を作成する『2つのセットの交差』機能
  • 2つの開いたまたは閉じた入力曲線の間に曲線を作成する『トゥイーン』機能
  • 従来のポリサーフェスよりもデータ量、メモリの使用量がより少なく、表示メッシュの高速化する『軽量押し出しオブジェクト』機能
  • 交差するサーフェスやポリサーフェスからポリサーフェスを作成する『非多様体』機能
  • 頂点が平面で切り取られたピラミッド(角錐台)を作成する『角錐台』機能
  • 指定の1方向にオブジェクトをコピー、指定間隔で配置できる『直線上配列』機能
  • オブジェクトをバウンディングボックスのサイズ、向き、位置を指定して編集する『ボックス編集』機能
  • 選択されたオブジェクトのサイズを2方向に、それぞれの方向に異なる長さを使用して変更する『平面スケール』機能
  • 1方向の曲率に制限されずにサーフェスを展開する『スマッシュ』機能
  • 可展ではない(2方向に湾曲のある)3DメッシュまたはNURBSサーフェスを、平らな2Dパターンに平坦化する『スクイッシュ』機能
  • 曲線やサーフェスを元のスクイッシュされた3D形状にもどす『スクイッシュバック』機能
  • 曲線の選択された2点間の部分を削除する『サブ曲線を削除』機能
  • 押し出しオブジェクトをサーフェスおよびポリサーフェスに変換する『押し出しを変換』機能
  • 各制御点がサーフェスに同じに影響するようにuまたはv方向にサーフェスを変更する『UVを作成』機能
  • uとv方向に指定された制御点の数でサーフェスを再構築する『UVをリビルド』機能
  • 選択された曲線の方向を指定された曲線の方向と同じ方向に変更する『方向をマッチング』機能
  • 選択されたオブジェクトのプロパティを、別のオブジェクトのプロパティを複製して変更する『プロパティをマッチング』機能
  • サーフェスまたはポリサーフェスの可能なすべてのエッジをマージする『全てのエッジをマージ』機能
  • 既存の円弧や円の半径を変更する『半径を変更』機能
  • 交差するサーフェスやポリサーフェスから非多様体ポリサーフェスを作成する『スクイッシュ情報』機能
  • 閉じたソリッドを含む、結合されたポリサーフェスのエッジまたはサーフェスの端で制御点を表示する『ソリッドポイント』機能
  • 選択されたポリサーフェスのエッジ結合を解除する『エッジ分解』機能
  • オブジェクトのすべてのトリム曲線(エッジと穴の両方)を一度の操作でトリム解除する『全てをトリム解除』機能
  • 穴のトリムは維持し、外側の境界をトリム解除する『外形トリム解除』機能
  • 外側の境界のトリムは維持し、内側の穴をトリム解除する『穴トリム解除』機能
  • オブジェクトのスクイッシュに使用した設定に関する情報を表示する『スクイッシュ情報』機能

 

page top