Twinmotion

Twinmotion

リアルタイム 3D 没入型 建築ビジュアライゼーション

"Courtesy of Epic Games"

リアルタイム3D没入型建築ビジュアライゼーション

高品質の画像、パノラマ、標準または360°の VR ビデオを簡単にわずかな時間で制作しましょう!

Twinmotion は Unreal Engine をベースとした3Dビジュアライゼーション ソフトウェアで、建築、建設、都市計画、造園の専門家向けに設計されています。直感的なアイコンベースのインタフェースで強力な Unreal Engine を活用できます。

Twinmotion を選択する理由

Twinmotion を使うことで、あなたの BIM や CAD モデルを思って見なかったほど早く、簡単に、魅力的なリアルタイム体験に作り変えることができます。

Twinmotionの紹介

比類なきリアルタイムの品質

あなたのシーンを最終レンダリングと同じ品質ですべてリアルタイムで表示されるのを見ながら編集が可能です。Twinmotion は現実的な物理ベースのライティングとシャドウイングをサポートし、梱包されている環境に対応した600以上の物理ベースレンダリング(PBR:Physical-Based Rendering)マテリアルによって、簡単にシーンを作成することができます。

学習も使用も簡単

Twinmotion のシンプルで直感的なインタフェースにより、プロジェクトのサイズと複雑性やあなたのこれまでの CG 経験に関わらず、学習も使用も簡単です。ライト、マテリアル、モデルをドラッグ・アンド・ドロップしましょう。季節や天気の変更や樹木の成長もスライダー移動だけで可能です。

1 回のセットアップですべてのメディアへ

1 つの Twinmotion シーンから、単純な静止画から、パノラマ、標準または没入型 360° ビデオから、共有可能で軽量のインタラクティブなプレゼンテーションまですべてをわずかな時間で生成できます。ほぼすべての普及している VR ヘッドセットをサポートしているので、Twinmotion はあなたの BIM をわずかな時間で VR に変換することも可能です。

あなたのプラットフォームで、あなたのデータを活用

Twinmotion は Windows と macOS の両方で利用可能です。すべての BIM ソフトウェアと互換性があり、ARCHICAD、Revit、SketchUp Pro、RIKCAD 、Rhinoと直接同期をとることがワンクリックで可能です。さらに、FBX、C4D、OBJ の各形式をサポートし、現在販売されているほぼすべての 3D モデリング ソリューションによるアセットをインポートすることも可能です。

スマートアセットであなたのシーンに命を吹き込む

Twinmotion のライブラリに含まれているのは家具や岩といった静止物だけではありません。環境音、モーションキャプチャ アニメーションを使用したフォトスキャン人間キャラクタや動物キャラクタ、風に揺れる高画質の植物といったものでシーンに命を吹き込むことができます。すべてドラッグ・アンド・ドロップだけでシーンに追加できます!

さらに豊富な機能

プロジェクトの地理的な位置を設定し、OpenStreetMapから周辺環境をダウンロードしましょう。ホワイトボックスモードでプロジェクトのブロッキングができます。プロジェクトの建築過程のビジュアライゼーションも可能です。2 クリックでパスを作成し、動く乗り物や歩行者を追加しましょう。

学びやすく使いやすい

Twinmotionはシンプルで使いやすいように設計されています。 直感的なアイコン駆動のインターフェース、アセットのドラッグ&ドロップ、ワンクリック ワークフローを組み合わせることで、すぐに使い始めてすぐに生産性を上げることができます。

Creating Unreal Visualizations with Twinmotion

Twinmotion 2020 teaser #1 | More news coming in 2020

何千もの高品質のスマートで静的なアセット

Twinmotionの増え続けるライブラリには、何千もの静的でスマートなアセットがあり、手間をかけずに見事なシーンを簡単に作成できます。 これには、家具、照明、環境音、アニメーションの乗り物、人間や動物のキャラクター、さらには時間と季節に動的に反応する植物などのアセットが含まれます。

必要な外観と品質を簡単に実現

コンテキストを作成してリアリズムを実現することは、環境に反応する600を超える物理的に正確なマテリアルと、シーンに対する太陽の位置の影響を調査したり、季節ごとの植生がどのように見えるかを視覚化したりできるスマート機能により、すばやく簡単に作成できます。

Twinmotion: Fast architectural visualization | Webinar

SketchUp Direct Link and More

時間のかかるインポートプロセスをスキップ

TwinmotionはすべてのBIMソフトウェアと互換性があり、ARCHICAD、Revit、SketchUp Pro、Rhino、RIKCADとのワンクリックダイレクトリンク同期を提供するため、ファイルを簡単にインポートできます。 Twinmotionは、FBX、SKY、C4D、OBJを含む21の他のCAD形式もサポートしています。

メイキング
"The Mountain House"

メイキング
"The Cafe Louise"

メイキング
"The Tea House"

メイキング
an interior scene in Twinmotion

Twinmotion 2020.2 主な新機能

Twinmotion 2020. 2がリリースされました!アニメーションとフェーズの新しいツール、よりリアルなマテリアルとエフェクト、新しいアニメーションアセットとスマートアセットを搭載した Twinmotion 2020.2 は、高速で簡単なリアルタイムの建築ビジュアライゼーションに新たな次元をもたらします。

この更新は既存のユーザーに無料で提供されます。Epic Games Launcher から直接インストールが可能です。

Twinmotion 2020.2 リリーストレイラー

アニメーションとフェーズ ツール

インタラクティブ、パラメトリックなドア

シングル、ダブル、スライド、ポケットなど、既存の開口部に自動的にフィット(スナップとスケール)し、カメラや人アセットの接近に基づいて自動的に開くように設定可能な、広範囲にわたる新しいドア アセットを追加しました。異なるスタイル、ハンドル、ヒンジ、ケーシングを選択できるため、可能なバリエーションが大幅に広がりました。

アニメーター オブジェクト

新しいアニメーターオブジェクトでは、ドア、窓、エレベーターなど独自のカスタムオブジェクトをアニメーション化するために、任意のオブジェクトを回転や移動ウィジェットにリンクすることができます。プリセットには、子供用のラウンドアバウト、遮断機、工業用ゲート、格納式ボラードが含まれています。

より早く、さらに簡単になったフェーズ機能

新しいマルチトラック タイムライン ベースのフェーズツールの追加によって、より迅速、より簡単に、プロジェクトの建設スケジュールを段階的に示す動画を作成したり、異なるバリエーションを順次表示することが可能になりました。

リアリズムの強化

よりリアルな水マテリアル

水マテリアルが改善され、水深の変化をより適切に反映し、レンダリング品質が向上したことにより、よりリアルな湖や池、川、プールを作成することができます。

よりリアルな雨と水溜まり

天候システムによって生成される雨はよりリアルに表面を湿らせ、水溜まりを形成することにより、雨の日のシーンをよりリアルにシミュレートすることができます。

自動車マテリアルの改善

自動車アセットに使用されているマテリアルには表面に塗布されたニスの層をシミュレートするクリアコート効果が含まれており、自動車の塗装をよりリアルにシミュレートすることができます。

新規および更新されたアセット

東アジアの樹木

中国、日本、韓国によくある樹木15種を新たに追加しました。どの樹木にも四季と3つの樹齢があります。これにより、こうした東アジア地域のプロジェクトでより正確に現地の環境を反映させることができます。

新しい建設車両

既存の建設車両アセットのいくつかをアニメーション リグを備えたより高品質なバージョンに置き換え、独自のロゴでカスタマイズできるようにしました。これにより、プロジェクトの建設フェーズをよりリアルに視覚化することができます。

カスタマイズ可能なスマート航空機

パーツごとに異なる色でカスタマイズ可能な新しい航空機アセットとカスタムロゴを追加しました。さらに、航空機は時刻の変化に反応し、夜になるとライトが点灯します。

Twinmotion 2020.1 主な新機能

忠実度の高いアセット、よりリアルなライティング、プレゼンテーションとレビューのための新しいオプションに加えて、追加のダイレクトリンクサポートRhino-Twinmotion 2020.1は、まったく新しいレベルへの高速、簡単、リアルタイムのアーカイブを実現します。

Twinmotion 2020 Release Trailer

What's New in Twinmotion 2020.1 | Webinar

こちらのウェビナーでは、新しくなった高精細な植栽や樹木、新たに搭載された各種のライト、ボリューメトリック ライトエフェクト、グローマテリアル、スクリーン スペース グローバルイルミネーションなど、Twinmotion 2020.1 を実際に使用してシーンを構築する様子をご覧になれます。

拡張されたライティングとレンダリングにより 物理ベースのライティングとシャドウが改善

動的な間接光に対応する、新しいスクリーンスペースグローバルイルミネーション (SSGI) 方式が追加されました。基礎となるライティングやシャドウ設定が物理的なライトにより近くなるように調整され、設定した状態で非常に高い精度が得られます。

Twinmotion 2020 Tutorial - Lighting

Twinmotion 2020 Tutorial - Vegetation tools

樹木や植生の高度な設定

  • 3つの樹齢と4つの季節が設定できるXfrogの高解像度樹木アセットを追加しました。葉を透過する光や風の影響などもシミュレートされます。
  • 多くの植生アセットが高品質なQuixel Megascansのものに置き換えられました。
  • ブラシで植生をペイントして配置することができ、後から密度を調整したり、レイヤによる表示・非表示を行うことができます。
  • 地面や敷石の間など、選択したオブジェクトに植生を配置することができます。
  • 芝生や草のサイズ、色合い、ストライプなどの設定を変更することができるようになりました。

物理的な空

新しい物理ベースの大気の太陽と空のモデルを追加しました。これにより、日没を含むさまざまな場所、季節、時間帯でより現実的で正確な外観のレンダリングを作成できます。

エリアライト

新しいエリアライト機能は、天井パネルや大きな窓などの広い領域から空間を照らす様子を正確にシミュレートします。

ボリュームライト

オムニライトとスポットライトの新しい「Haze」オプションを使用すると、霧、霧、ほこり、煙など、空気中に浮遊するパーティクルから見える光線の効果を作成できます。

映画のような被写界深度

Twinmotionの被写界深度効果は、レンダリング品質の向上、距離とボケの新しいコントロール、およびオートフォーカスツールにより、実際のカメラの被写界深度によく似ています。

発光するグローマテリアル

スクリーンスペースのグローバルイルミネーションにより、マテリアルを備えたオブジェクトが画面上にある場合に光源として機能します。

ビデオを使用したマテリアル

H264でエンコードされた動画をマテリアルとしてインポートできるようになりました。たとえば室内でテレビを再生したり、火の点滅などの他のアニメーション機能をシミュレートしたりできます。

高品質な人物キャラクター

モーションキャプチャによるアニメーションを備えた、高品質の人物キャラクターが搭載されています。

Direct LinkプラグインによるRhinocerosとの1クリック同期

TwinmotionのDirect Link機能でサポートされるパッケージにRhinocerosを追加しました。これにより、RhinocerosとGrasshopperのデータをワンクリックでTwinmotionに同期することができます。ネイティブマテリアルは自動的にTwinmotion PBRマテリアルで置き換えられますが、組織と階層は保持されます。

Synchronizing Rhino data into Twinmotion in one click

Twinmotion 2020 Tutorial - Project review tools

X-Rayマテリアル

TwinmotionマテリアルのX-Rayオプションにより、他のオブジェクトによって遮られているオブジェクトの位置を確認できます。

ノートツール

シーン内の要素に注釈を追加できるようになり、プロジェクト中のフィードバックや追加情報のマークアップに役立ちます。注釈はBCF形式でエクスポートして多くのBIMパッケージにロードできます。

拡張されたプロジェクトプレゼンテーション・レビューツールセット「Twinmotion Presenter」

Twinmotion Presenterでは、個々のプロジェクトを軽量なパッケージ実行ファイルとしてスタンドアロンのビューアで共有できます。複数の視点とカメラパスを使用したプレゼンテーションを簡単に作成できます。ビューを自由、ガイド、またはロックに設定して、視聴者が自由に探索できるようにするか、事前に選択した位置からのみプロジェクトを見るか、レンダリングしたアニメーションのみを再生するかを選択できます。

Twinmotion 2020 Tutorial - Presenter

リアルタイムの建築ビジュアライゼーションで Scenario Architecture がクライアントを増やし、承認獲得のスピードをアップ

EFLA が道路とインフラストラクチャのビジュアライゼーション パイプラインを Twinmotion で強化

KA DesignWorks、Twinmotion を使った VR ウォークスルーで建築ビジュアライゼーションのデザインを精細に調整

動作環境

Windows

最小要件

使用例: 平均的な小規模プロジェクト(1GB未満のジオメトリデータ)
リアルタイム3Dプレゼンテーション、HDモードでのビデオ生成、4Kまでのすべての画像形式に対応。

VR、4Kビデオレンダリング、360パノラマビデオには適していません。

  • OS: Windows 10 64-bit
  • CPU: PassMark CPU Benchmarksスコアで 2,000 以上のもの
  • RAM: 16GB 以上のシステムメモリ
  • GPU: 6GB の専用メモリを搭載したグラフィックスカード、もしくはPassMark Videocard Benchmarksスコアで 10,000 以上のもの、および最新のグラフィックスドライバ
  • Disk: 30GB 以上のディスク空きスペース

推奨環境

使用例: 大規模なプロジェクト、空港、大規模な建物、都市、大規模な景観(1GB以上のジオメトリデータ)
リアルタイム3Dプレゼンテーション、8Kまでの任意の解像度でのビデオ生成、360パノラマビデオ、VRプレゼンテーション、すべてのイメージ形式に適しています。

  • OS: Windows 10 64-bit
  • CPU: PassMark CPU Benchmarksスコアで 2,500 以上のもの
  • RAM: 64GB 以上のシステムメモリ
  • GPU: 8GB 以上の専用メモリを搭載したグラフィックスカード、もしくはPassMark Videocard Benchmarksスコアで 15,000 以上のもの、および最新のグラフィックスドライバ
  • Disk: 30GB 以上のディスク空きスペース
    SSDやHDDなどのハードドライブも、非常に大規模なプロジェクトでは考慮する必要があります。プロジェクトをSSDに保存すると、プロジェクトの読み込みと保存が高速になります。

*** Twinmotionは64bitのWindows 7と8.1でも動作しますが、MicrosoftがこれらOSのサポートを終了したので公式にはサポートすることができません。

*** Windows "N" または "KN" editions の場合、MicrosoftのMedia Feature Packをインストールする必要があります。
  https://support.microsoft.com/ja-jp/help/3145500/media-feature-pack-list-for-windows-n-editions
  "N" または "KN" editions は、反トラスト判決に基づき海外で販売を義務付けられているエディションです。

macOS

最小要件

使用例: 平均的な小規模プロジェクト(1GB未満のジオメトリデータ)
リアルタイム3Dプレゼンテーション、HDモードでのビデオ生成、4Kまでのすべての画像形式に対応。

VR、4Kビデオレンダリング、360パノラマビデオには適していません。

  • OS: macOS 10.14.6 以降
  • CPU: PassMark CPU Benchmarksスコアで 2,000 以上のもの
  • RAM: 32GB 以上のシステムメモリ
  • GPU: 6GB の専用メモリを搭載したグラフィックスカード、もしくはPassMark Videocard Benchmarksスコアで 10,000 以上のもの、および最新のグラフィックスドライバ
  • Disk: 30GB 以上のディスク空きスペース

推奨環境

使用例: 大規模なプロジェクト、空港、大規模な建物、都市、大規模な景観(1GB以上のジオメトリデータ)
リアルタイム3Dプレゼンテーション、8Kまでの任意の解像度でのビデオ生成、360パノラマビデオ、VRプレゼンテーション、すべてのイメージ形式に適しています。

  • OS: macOS 10.14.6 以降
  • CPU: PassMark CPU Benchmarksスコアで 2,500 以上のもの
  • RAM: 64GB 以上のシステムメモリ
  • GPU: 8GB 以上の専用メモリを搭載したグラフィックスカード、もしくはPassMark Videocard Benchmarksスコアで 16,000 以上のもの、および最新のグラフィックスドライバ
  • Disk: 30GB 以上のディスク空きスペース
    SSDやHDDなどのハードドライブも、非常に大規模なプロジェクトでは考慮する必要があります。プロジェクトをSSDに保存すると、プロジェクトの読み込みと保存が高速になります。

***スクリーンスペースグローバルイルミネーション (SSGI) はCatalina 10.15 .6でのみ実行できます。

*** TwinmotionはmacOSの以前のバージョンでも動作しますが、正式にはサポートできません。

体験版

非営利プロジェクトで最新の機能をお試しください。体験版は無期限、無償でご使用いただけます。

Twinmotion 2020 体験版インストール手順

FAQ

Twinmotion とは、どのようなソフトウェアですか?

Twinmotion は、ビジュアライゼーションのためのツールです。設計データを基にして、ハイクオリティな映像、パノラマ、標準的な VR ビデオ、360° VR ビデオを素早く簡単に作成できるようになります。このツールは、建築、建設、都市計画、造園向け用途に特化されて設計されています。

どのような人が Twinmotion を使用できますか?

Twinmotionは、商用環境で仕事をしている専門家、個人的なプロジェクトに取り組む愛好家、学生や教育者など、素晴らしいビジュアライゼーションを作成したいすべての人のためにあります。

Twinmotionのフルライセンスで何ができますか?

Twinmotion のフルライセンスは、個人的、もしくは商用目的のあらゆるプロジェクトにご使用いただけます。これは永久ライセンスになり、使用期間に制限はありません。

ライセンスはユーザーごとに紐づくため、使用者お1人ごとに1ライセンスが必要です。

Twinmotion の無償体験版では何ができますか?

Twinmotion体験版はどなたでも製品をテストするために無期限で使用することができます。体験版は商用目的に使用することはできません。体験版にはTwinmotionの全機能が含まれますが、出力の解像度は2Kに制限されます。

Twinmotion を利用すると、ロイヤリティを支払う必要がありますか?

いいえ、必要ありません。Twinmotion は 100% ロイヤリティ フリーです。

すでにEpic版の無料のTwinmotion 2019に登録している場合はどうなりますか?

ご希望の場合は引き続きご使用いただけますが、Epic Games社は、Twinmotion 2020.1、および2021年12月31日までのすべてのリリースへの無料アップグレードをご提供いたします。この資格はEpicアカウントに自動的に追加されるので、Epic Games Launcherから新しいリリースを直接インストールすることができます。

Twinmotion 2019 プロジェクトを Twinmotion 2020 で開くことはできますか?

はい、Twinmotion 2019 プロジェクトを Twinmotion 2020 で開くことはできますが、ライトや植栽、反射マテリアルなど、いくつかのエレメントを手動で更新しなければならない場合があります。

Twinmotion がサポートしているソフトウェアを教えてください。

Twinmotion には、ワンクリックで ARCHICAD、 Revit、SketchUp Pro、 Rhino(Grasshopper含む)、RIKCAD と直接同期させる機能が備わっています。関連プラグインはこちらからダウンロードできます。また、FBX、SKP、C4D、OBJ の形式によるファイルをインポートできるため、実質的にあらゆる 3D コンテンツ作成プログラムからデータを取り込むことができます。

Twinmotionの最新バージョンをダウンロードした場合、製品の過去のバージョンにアクセスできなくなりますか?

過去に取得したTwinmotionバージョンへのアクセスは保持されます。以前のバージョンと現在のバージョンは異なるフォルダにインストールされ、別々に実行することができます。

Twinmotion には技術サポートがありますか?

Epic Games社が提供するTwinmotion のサポートはサポートコミュニティになります。

コミュニティサイトに参加することで他のユーザーからヘルプを得ることができます。ソフトウエアに問題が発生した場合は、Epic Games社へバグを報告することもできます。またコミュニティサイトにEpicアカウントでログインすれば「日本語ディスカッショングループ」もご利用いただけます。

弊社よりTwinmotionをご購入いただいたお客様には、日本語オンラインヘルプのご提供、およびメールによるサポートをいたします。

操作方法についてはトレーニングの範疇となるため、サポート対象外となります。

Twinmotion にはどのような学習教材がありますか?

Epic Games社が提供する無料のTwinmotion入門ビデオコースを受講いただくことができます。

またYoutubeチャンネルでのウェビナー、チュートリアル動画があります。Youtubeチャンネルの動画には日本語字幕が含まれているものが多数あるので、設定で日本語字幕を有効にしてみてください。

Twinmotion を利用するためには、Unreal Engine が必要になりますか?

いいえ、Twinmotionを使うために、Unreal Engineを導入しなければならないということはありません。

以前に Abvent から購入した Twinmotion はどうなりますか?

2019年5月13日以前にAbventからTwinmotionを購入したお客様は、EpicのTwinmotion 2020.1の無料ライセンスと、2021年12月31日までの無料アップグレードの対象となります。

Twinmotion2020をお使いいただくには手続きが必要になりますので、こちらをご確認ください。

Epic版の無料の Twinmotion 2019 には引き続きアクセスできますか?

Epic版のTwinmotion無料2019リリースは新しいユーザーにはご利用いただけませんが、以前にアクセス登録していた方は、Epic Gamesランチャーからダウンロードして使用することができます。

「Twinmotion の EULA」(エンドユーザーライセンス契約) とはどのようなものですか?

Twinmotion EULA は Twinmotionをご利用する際に同意いただく必要がある法的文書です。あなたのTwinmotionの使用方法を規定するものです。こちらからEULA の PDFダウンロードが可能です。

エンドユーザーライセンス契約書の正式な原本は英語版となりますが、参考として 日本語訳 を用意しています。

Epicアカウントとは何ですか?

EpicアカウントはTwinmotionの開発元であるEpic Games社が管理するユーザー向けアカウントで、Twinmotionをご使用いただくのに必要です。こちらの手順で登録することができます。

Epicアカウントはお客様ご自身で管理していただくものです。パスワードを忘れてしまった場合は、サインイン画面で「パスワードを忘れた場合」をクリックしてリセットをリクエストしてください。

page top