Illustrator で「シンボルの 9 スライスの拡大・縮小オプションを保持しますか?」アラートが出る | MacサポートFAQ(よくある質問) | 株式会社Too

Illustrator で既存の書類を開く際に「Illustrator で、シンボルの 9 スライスの拡大・縮小が有効になりました。以前のバージョンのこのオプションが指定されているシンボルインスタンスに拡大・縮小が実行されていた場合、アピアランスは変化します。シンボルの 9 スライスの拡大・縮小オプションを保持しますか?」というアラートが出る場合があります。

【Mac】

213_1.png

【Windows】

213_5_win.png

これは Illustrator CS3 以降の機能である「シンボル」パネルのオプションメニューにある「シンボルオプション」の「9 スライスの拡大・縮小に使用するガイドを有効にする」が、CS5 以降で仕様が変更された為に発生します。

【Mac】

213_4.png

【Windows】

213_6_win.png

つまり、CS3 〜 CS4で「9 スライスの拡大・縮小に使用するガイドを有効にする」機能を指定したオブジェクトを含む書類を作成し、それを CS5 以降で開く場合にこのアラートが表示されます。

さらに、それらのオブジェクトが拡大または縮小されている場合は、「はい」を選択すると、オブジェクトの見た目が変わってしまいます。

こちらが CS3 で作成し、オブジェクトを拡大した書類です。

213_2.png


こちらが上記書類を CC 2014 で開く際に「はい」を選択した書類です。見た目が変わってしまいます。

213_3.png

作成時の見た目を維持する場合は「いいえ」を選択して下さい。


参考「Illustrator ヘルプ / シンボル(Adobeサポート)」



弊社保守契約
をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

HOT記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top