Adobe Creative Cloud 2018の新機能

Adobe Illustrator CC

パペットワープ

キャラクターの手足など、ベクターグラフィックの様々な部分を作成または変更できます。パスやアンカーポイントを個別に調整する必要はありません。

プロパティパネル

ツールが必要なときに、必要なツールだけを表示するインテリジェントな新しいパネルを使って、すべてのプロパティコントロールにアクセスできます。

Adobe Photoshop CC

ツールおよびパフォーマンスの向上

曲線ペンツールでパスを高速かつ簡単に作成できます。改善された属性パネルでAdobe Stockアセットをトラックできます。よりスムーズなブラシストロークでペイントし、よりわかりやすく整理し、作業時間を短縮できます。

アプリ内検索

Photoshopのツール、パネル、メニュー、Adobe Stockコンテンツ、ヘルプコンテンツ、チュートリアルを、アプリ内の新しい検索パネルからすぐに検索できます。

Adobe InDesign CC

脚注

文書に文末脚注を追加し、読者が適切な参考文献に直接ジャンプできるように設定することができます。文末脚注の番号、書式、レイアウトを管理できます。

Adobe Stock

モーショングラフィックステンプレート

Premiere Pro内から直接利用できる、Adobe Stockモーショングラフィックステンプレートを使用して、自分のプロフェッショナルなビデオプロジェクトに美しいデザインタイトルやアニメーションに利用できます。

カスタマイズされたプロファイルページ

カスタムストアを作成してユニークなコンテンツを公開し、ポートフォリオの一番上に目立つようにギャラリーを設計して、より多くのお客様を惹き付けましょう。

Adobe XD CC

高速なUXデザインとプロトタイプ作成

Webサイトやモバイルアプリなどを設計するためのオールインワンソリューションであるAdobe XDを使って、インタラクティブなユーザー体験のデザイン、プロトタイプ作成、共有を数分でおこなうことができます。

Adobe Dimensions CC

3Dデザインをシンプルに

Adobe Dimension CC(以前のProject Felix)では、だれでも簡単に2Dおよび3Dアセットを合成して、製品画像、シーンの視覚化、抽象アートを作成できます。リューションであるAdobe XDを使って、インタラクティブなユーザー体験のデザイン、プロトタイプ作成、共有を数分でおこなうことができます。

Dreamweaver CC

Dreamweaverが一新

最新のインターフェイス、新搭載の開発者ワークスペース、コードを書くデザイナーのための直感的な環境、Gitサポートを備え、Dreamweaverが生まれ変わりました。

 

Animate CC

仮想カメラ内蔵

カメラツールでは、ズーム、回転、パンの効果が強化されたので、アセットを異なる深さのレイヤーに配置して、アニメーションに奥行きがあるような錯覚を生み出すことができます。

Lightroom CC

まったく新しいクラウドベースのフォトサービス

どこにいても、最高の写真を作成できます。簡単に使えるパワフルなインターフェイスで編集し、心配無用のバックアップと1TBのクラウドストレージを利用し、簡単に整理してみんなで楽しむことができます。

Lightroom Classic CC

パフォーマンスとマスクの向上

写真の読込み、プレビュー生成、ライブラリモジュールから現像モードがかつてないほどに迅速に作業できます。範囲マスクツールを使って、部分的な補正を行う際に、カラーと輝度をベースに設定することができます。

Adobe Premiere Pro CC

スピーディな映像制作と共同作業

複数プロジェクトを同時に開いて作業が可能になったほか、共有ストレージなどに保存されたプロジェクトにアクセス制限を設定し、複数の編集ユーザーが同時に開くことができます。

キーボードショートカットのマッピング

ビジュアルマップを使用して、キーボードショートカットを検索、調整、カスタマイズできます。

キャプションの機能強化

新しいキャプション機能では、テキストの編集、時間と位置の変更が可能で、オープンキャプションやクローズドキャプションをゼロから作成できます。

自動認識VR

Premiere ProはVRビデオが平面視か立体視かを自動的に認識し、適切な設定を適用します。

Adobe After Effects CC

高速化と360VRビデオ対応

外部データによるモーショングラフィックス制作への対応、GPU高速処理強化に加え、360VRビデオ対応エフェクトやトランジションを新たに搭載。

3Dレンダリングエンジン

Cinema 4Dテクノロジーを使った新しい3Dレンダリングエンジンにより、After Effects内で直接テキストの押し出しやシェイプレイヤーなどの3D要素を作成、編集できます。

Adobe Audition CC

パワフルでカスタマイズ可能なワークフロー

会話にあわせてBGM音量を自動調整するダッキング機能が追加されたほか、ミックスダウンのパフォーマンスを向上してより迅速なオーディオミキシングを実現します。

Adobe Character Animator CC

アニメーションをきめ細かくコントロール

コントロールパネルでキャラクターの動きを一元的に分かりやすく、さらに外部MIDI機器のキーボードやスライダーで制御できます。また物理演算やポーズ間のブレンドで表現力も向上しました。