Adobe Creative Cloud 2019の新機能

Adobe Illustrator

フリーフォームグラデーション

フリーフォームグラデーションでは、オブジェクト内のどこにでもカラー分岐点を自由に作成することができます。カラー分岐点のカラーを追加、移動、変更することで、オブジェクトにグラデーションをシームレスに適用できます。

グローバル編集

すべての類似のオブジェクトを 1 ステップでグローバルに編集できます。

パスの単純化

このオプションを使用すると、不要なアンカーポイントを削除することで、パスシェイプに大きな変更を加えずに、複雑なアートワークに対応する最適化されたシンプルなパスを作成できます。

新機能ヒストリー

Adobe Photoshop

コンテンツに応じた塗りつぶし

コンテンツに応じた塗りつぶしがより細かな調整ができるようになりました。

簡単に使えるフレームツール

画像をフレームに配置して、簡単にマスクできます。また、任意の図形またはテキストをフレームに変換し、画像で塗りつぶすこともできます。

複数取り消し

他のCreative Cloudアプリと同様に、Control + Z(Win)/Command + Z(Mac)を使用して、複数のステップを取り消すことができるようになりました。

描画モードのライブプレビュー

さまざまな描画モードのオプション間をスクロールして、画像の外観を確認することができます。レイヤーパネルおよびレイヤースタイルダイアログでさまざまな描画モードのオプション間をスクロールすると、Photoshop のカンバス上に描画モードのライブプレビューが表示されます。

新機能ヒストリー

Adobe InDesign

画像の自動認識

フレーム内に画像を配置したとき、画像の最も適した部分にフィットします(「内容を自動認識に応じて合わせる」)Adobe Senseiの技術です。

PDFコメントの読み込み

注釈のついたPDFをInDesignに取り込んで、InDesign内で追跡できるようになりました。

Adobe Premiere Rush【NEW】

SNS動画の作成と投稿が簡単に

CC2019からの新アプリです。撮った動画をスマホやタブレット・PCですばやく編集でき、シェアできるアプリです。

Adobe XD

自動アニメーション

複数のアートボード間にある要素を認識し、その間を埋めるかけ橋としてアニメーションを自動的に生成します。

プラグイン

アプリ内から簡単に検索および管理して、タスクの自動化、他のツールとの連携、データを活かしたデザインなどを実行します。

Photoshopで直接編集

XDに配置された画像を直接Photoshopで編集できます。Photoshopで保存すると、すぐにXD上の画像に反映されます。

CSS書き出し

開発者用にオンライン共有するデザインスペックでCSSも取得でき、開発者はコピーして簡単にコードに適用できます。

プラグインパネル

XDから直接プラグインにアクセス、操作が可能。インストール済みのプラグインが一か所に表示され、いつでも追加できます。

コンポーネントのレスポンシブリサイズ

Xサイズ変更のためにコンポーネントをグループ解除をする必要は無くなりました。グループオブジェクトと同様に、コンポーネントのサイズ変更の時もレスポンシブリサイズ機能が使用できます。

多角形ツール

XD内で直接、様々なシェイプ(三角形、五角形、六角形など)をすばやく作成できます。

多角形ツール

プロトタイプやデザインスペックをブラウザーで表示する際のドラッグジェスチャーをアニメーション化できるようになりました。

新機能ヒストリー

Adobe Stock

進化したビジュアルサーチ

似た画像の検索機能が強化され、読み込ませた参照画像の要素(被写体、カラー、構図)に絞っての検索が可能になりました。

Adobe Dimension

IllustratorとPhotoshopの連携の強化

AI、PSD、SVGファイルを読み込んだり、ラスターアートやベクターアートをDimensionシーンに直接コピー&ペーストしたりできます。素材、テキストなどを使用するために、IllustratorやPhotoshopのアートボードを読み込むこともできます。

Adobe Premiere Pro

セレクティブカラーグレーディング

色相と色相、ルミナンスと彩度などの一対の値の 2 本の軸で、簡単かつ正確にカラーを微調整できます。

インテリジェントなオーディオクリーンアップ

バックグラウンドノイズやリバーブを排除してオーディオを即座に向上させます。

Adobe After Effects

高度なパペットツール

新しい詳細ピンとベンドピンを使って、アニメーションを正確にねじる、折り曲げる、湾曲させる、拡大・縮小することができます。

AnimateとXDの緊密な連携

Animateの.flaファイルをレイヤー化されたコンポジションとしてAfter Effectsに直接読み込むことができます。XDデザインをAfter Effectsに高精度で送信して、高度なアニメーションを追加したり、モーショングラフィックスプロジェクトに組み込んだりできます。