Adobe Creative Cloud 2019の新機能

Adobe Illustrator CC

フリーフォームグラデーション

フリーフォームグラデーションでは、オブジェクト内のどこにでもカラー分岐点を自由に作成することができます。カラー分岐点のカラーを追加、移動、変更することで、オブジェクトにグラデーションをシームレスに適用できます。

グローバル編集

すべての類似のオブジェクトを 1 ステップでグローバルに編集できます。

Adobe Photoshop CC

簡単に使えるフレームツール

画像をフレームに配置して、簡単にマスクできます。また、任意の図形またはテキストをフレームに変換し、画像で塗りつぶすこともできます。

複数取り消し

他のCreative Cloudアプリと同様に、Control + Z(Win)/Command + Z(Mac)を使用して、複数のステップを取り消すことができるようになりました。

Adobe InDesign CC

画像の自動認識

フレーム内に画像を配置したとき、画像の最も適した部分にフィットします(「内容を自動認識に応じて合わせる」)Adobe Senseiの技術です。

PDFコメントの読み込み

注釈のついたPDFをInDesignに取り込んで、InDesign内で追跡できるようになりました。

Adobe Premiere Rush CC 【NEW】

SNS動画の作成と投稿が簡単に

CC2019からの新アプリです。撮った動画をスマホやタブレット・PCですばやく編集でき、シェアできるアプリです。

Adobe XD CC

自動アニメーション

複数のアートボード間にある要素を認識し、その間を埋めるかけ橋としてアニメーションを自動的に生成します。

プラグイン

アプリ内から簡単に検索および管理して、タスクの自動化、他のツールとの連携、データを活かしたデザインなどを実行します。

Adobe Stock

進化したビジュアルサーチ

似た画像の検索機能が強化され、読み込ませた参照画像の要素(被写体、カラー、構図)に絞っての検索が可能になりました。

Adobe Dimension CC

IllustratorとPhotoshopの連携の強化

AI、PSD、SVGファイルを読み込んだり、ラスターアートやベクターアートをDimensionシーンに直接コピー&ペーストしたりできます。素材、テキストなどを使用するために、IllustratorやPhotoshopのアートボードを読み込むこともできます。

Adobe Premiere Pro CC

セレクティブカラーグレーディング

色相と色相、ルミナンスと彩度などの一対の値の 2 本の軸で、簡単かつ正確にカラーを微調整できます。

インテリジェントなオーディオクリーンアップ

バックグラウンドノイズやリバーブを排除してオーディオを即座に向上させます。

 

Adobe After Effects CC

高度なパペットツール

新しい詳細ピンとベンドピンを使って、アニメーションを正確にねじる、折り曲げる、湾曲させる、拡大・縮小することができます。

AnimateとXDの緊密な連携

Animateの.flaファイルをレイヤー化されたコンポジションとしてAfter Effectsに直接読み込むことができます。XDデザインをAfter Effectsに高精度で送信して、高度なアニメーションを追加したり、モーショングラフィックスプロジェクトに組み込んだりできます。