Apple School Manager(ASM) | Apple | 株式会社Too
ASM.jpg

Apple School Manager とは、Appleデバイスの管理を補助する、教育機関向けの無償のウェブポータルです。
アプリや本の一括購入や、生徒・職員専用のManaged Apple IDの自動生成、iTunes U コースの設定、クラスルームの設定などを行えます。



Apple School Managerの登録について

Apple School Managerは、教育機関向けのサービスです。
教育機関の認定を受けている組織が利用できます。(認定を受けている学習塾等も対象です。)

担当者情報は、組織を代表してApple製品を管理する方の情報を入力します。また、登録するメールアドレスはiTunesまたはiCloudのアカウントに関連付けられておらず、他のAppleサービスで使用されていないメールアドレスである必要があります。

Apple School Manager利用にあたっての詳細は、MDM検討時にご案内させて頂きます。お気軽にお問い合わせください。

Device EnrollmentとVolume Purchase

Apple School Managerのポータル上では、MDMへの端末登録を自動化する「Device Enrollment」や、アプリやブックを学校単位で購入できる「Volume Purchase」を利用できます。(MDMとの連携が必要です。)

このようなAppleが用意する管理プログラムの活用により、生徒にApple IDを使わせないアプリ・本の配布や、端末の初期セットアップの手間の大幅削減が可能となります。
MacやiPadを学校で大量導入する際、Apple School Managerによるプログラムの活用は不可欠です。

▷Appleが提供する組織導入プログラム(DEP/VPP)

Managed Apple ID

教員・生徒専用の特別なApple IDです。 Managed Apple ID は個人によるアドレスやパスワード登録を必要とせず、すべての教員・生徒のIDをApple School Manager上で一括生成することができます。
Managed Apple IDを利用して、クラスや学校運営に必要な端末、人員、コンテンツの運用をサポートすることができます。
※Managed Apple IDは、Apple ID機能の一部のみ利用可能な特殊なApple IDです。運用についての詳細は、MDM検討時にご案内させて頂きます。

Shared iPad

Managed Apple IDを利用して、1台のiPadを複数の生徒間で共有する設定ができます。

Shared iPadは教育機関専用のiPadの機能で、生徒が自分のアカウントと数桁のパスワードでiPadにサインインすると、前回の授業終了時と同じ環境が自動で復元されます。 生徒一人一台の環境をなかなか用意出来ない場合でも、共有iPadを上手に運用することで、生徒個人の学習環境を用意することが可能です。



TooはAppleデバイスの教育機関導入を、全面的にサポートしております。

▷Apple製品・サービスページ

▷世界中のApple製品管理者に選ばれるMDMツールJamf Pro



詳しくはお問い合わせください。

page top