Apple School Manager(ASM) | Apple | 株式会社Too
ASM.jpg

Apple School Manager は、iOS 9.3 以降のデバイス管理を補助する、教育機関向けのウェブベースのポータルです。生徒と職員のアカウント作成、iTunes U コースの設定、自動生成が可能なManaged Apple IDの設定などを行えます。



Device EnrollmentとVolume Purchase

Apple School Managerの画面では、MDMへの登録を自動化する「Device Enrollment」、授業や業務に合ったコンテンツを見つけ、学校単位で購入することができる「Volume Purchase」を利用できます。iOSデバイスと Macコンピュータの導入に必要なプロセスを、1箇所で行えます。

Managed Apple ID

ASMで管理する、教員・生徒専用のApple IDです。 Managed Apple ID は個人によるアドレスやパスワード登録を必要とせず、すべての教員・生徒のIDを一括生成することができます。ASMとManaged Apple IDを利用して、クラスや学校運営に必要な端末、人員、コンテンツの運用をサポートすることができます。

Shared iPad

Managed Apple IDを利用して、1台のiPadをアカウント毎に、複数の生徒間で共有することができます。生徒が自分のアカウントでiPadにサインインすると、前回の授業終了時と同じ環境が自動で復元されます。



TooはAppleデバイスの組織導入を、全面的にサポートしております。

▷Appleが提供する組織導入プログラム(DEP/VPP)

▷Apple製品・サービスページ



詳しくはお問い合わせください。

page top