【お知らせ】
Apple Deployment Programs(DEP,VPP)ポータルは、2019年12月1日に「Apple Business Manager」(=ABM)、「Apple School Manager」(=ASM)へ統合されました。
ABM、ASMは無償で利用できますが、当プログラムを利用した端末管理を行うためには、対応する管理ツール(MDM)が別途必要となります。詳しくはお問い合わせください。


TooはAppleが提供する組織導入プログラムに対応したサービスを行っています。
企業や学校での大量導入時、安定した運用のご相談は、ぜひTooへお声がけください。


ABM.png

ASM

Device Enrollment とは?


・導入をシンプルに。

Device Enrollmentとは、購入した端末の電源を入れ、ネットワークに繋げるだけで、モバイルデバイス管理ソリューション(MDM)によって事前に構成された初期設定を自動で流し込む仕組みです。
Apple Business Manager、Apple School ManagerでDevice Enrollmentを利用すると、企業や教育機関でAppleデバイス導入の効率化を図れます。 もう1台ずつiPadやMacの初期設定を行う必要はありません。


Device Enrollmentの利用について


※Device Enrollmentの端末登録は、Apple及び認定リセラーのみ可能なサービスです。


・MDMへの接続を自動化

端末を購入時にMDMと紐付けることで、何度端末を初期化しても自動で同じ設定で構成されます。
MDMを使えば、端末を配備した後も遠隔で設定変更やアプリの配布を行えます。

▶︎世界中で選ばれているAppleデバイス専用MDM「Jamf Pro」

・Device Enrollmentの手動登録

2018年より、iOS端末をMacに接続し、Apple Configurator2(Appleが提供する管理アプリケーション)を操作することで、Device Enrollment構成を手動で行えるようになりました。
この仕組みを用いると、購入済みの端末であっても、初期化と同時に自動でMDMに紐付き、強固な管理体制を作ることができます。

詳しくはお問い合わせください。

Volume Purchaseとは?


・アプリケーションと本を、すべての社員と学生に。

Volume Purchaseとは、組織単位で専用ストアで使えるCreditを購入し、Creditの金額内で有償アプリや本をまとめて入手できる仕組みです。
アプリや本を、ABM、ASM内で購入でき、コンテンツの配布および回収は、連携するMDMから行います。

社員や学生といった配布対象者が数人でも数千人でも、まとめてアプリや本を配布することができます。 もう個別のApple IDによるアプリ購入や、クレジットカードの登録は必要ありません。

Volume Purchaseの利用について

・アプリライセンスをApple IDに関わりなく管理可能

Volume Purchaseで購入したアプリは、MDMを利用して遠隔で配布することができます。Volume Purchaseの仕組みを使うと、管理者側でアプリ利用権の変更を行えます。

必要が無くなった社員から、アプリを回収して別の社員に割り当てるなど、アプリライセンスを組織の財産として管理することができるのも大きな利点です。

Apple Financial Services


Appleが提供する特別なリース契約。

AFSAFSのページへ

利用には審査等の条件がございます。詳しくはお問い合わせください。

TooはAppleデバイスの組織導入を、全面的にサポートしております。

▶︎Apple製品・サービスページTOP



詳しくはお問い合わせください。

page top