こちらでは Autodesk 3ds Max 2008 の新機能ムービー (英語版) をご覧いただけます。

新しいポリゴンモデリングワークフロー

Autodesk 3ds Max 2008 に搭載された多彩で実践的なモデリングオプションが、使いやすく能率的なモデリングワークフローを提供します。このビデオでは、新たに加わった中から2つのオプション:基点の一時的なオーバーライド、一回の流れでサブオブジェクトを選択し、プレビューポートでサブオブジェクトモードの切り替えが可能になるサブオブジェクトのプレビューワークフローを紹介します。

性能向上

新技術や最適化によって大幅に性能を向上したAutodesk 3ds Max 2008は、大規模で複雑なシーンにも対応するパフォーマンスを提供します。このビデオでは、強化されたアダプティブデグラデーション機能の成果をご覧いただきます。入力する目標フレームレートに合わせてシーンを自動的に簡潔化し、ビューポートにおいて、設定速度での操作・表示を実現します。マテリアル単位でオブジェクトをグループ化する新機能Direct3Dメッシュキャッシングと併用すると、数万単位のオブジェクトが、まるで10個のオブジェクトのように扱えます。また、3ds Maxがどの程度シーンを簡潔化するかは、簡単に調整できます。その調節方法もお見せします。ビューポートの表示や操作速度を決めると、3ds Maxが最善の方法を計算して操作性を実現します。

レビューレンダリング

様々なレンダリング設定のフィードバックを瞬時に返すパワフルな新機能、レビューレンダリングツールを使えば、迅速な修正が可能です。これは、ソフトウェアレンダリングの結果を待たずに、素早く見た目に磨きをかけることができるので、クライアントや上司とのセッションや、反復的なワークフローには大変便利です。このビデオでは、シャドウ効果のビューポートでのインタラクティブなプレビュー能力、3ds Max Sun/Skyシステムを使ったワークフロー、mental ray Architectural and Designマテリアルに追加された設定など、レビューレンダリングツールについて説明します。また、mental rayの新しいSky Portalシステム、外光を伴う室内シーンのライティング工程を簡潔化するワークフローの活用方法も紹介します。

Autodesk 3ds MaxとRevitの相互運用性

3ds Max 2008 では、DWGファイルフォーマットの対応を強化し、Revit Architecture 2008 など、人気の高いオートデスクのソフトウェアからのデータインポートの速度、精度が向上しました。このビデオでは、3ds Max と Revit のワークフローを能率化する新しい2つの機能:DWGソリッドオブジェクトへの対応(割り当てられている全てのマテリアルを含む)、インポートした Sun/Sky 地理的位置パラメータへの対応(一日の中の時間、時間帯を含む)について紹介します。

Autodesk 3ds Max / mental rayの強化

mental rayおよび3ds Max 2008とmental rayのワークフローには、思い通りの仕上がりに行きつくまでの時間を短縮する大きな改善や強化が数多くされています。

  • 外光を伴う室内シーンのライティングに対応する Sky Portal ワークフロー
  • mental ray Architecture and Design マテリアルの自己発光機能
  • レクスチャレンダリングのプリセット
  • 写真露出UI - 露出設定(トーンマップ)を調整するカメラ的なインターフェイス

page top