3ds Max 2009 新機能ハイライト | 3ds Max | 株式会社Too

Autodesk 3ds Max で、圧倒的な作品を短時間で作成しましょう。Autodesk 3ds Max 2009 では、時間を節約するアニメーションとマッピングの新しいワークフロー ツール、画期的な新しいレンダリング テクノロジー、Autodesk Maya をはじめとする業界標準製品との相互運用性や互換性の大幅な向上などの機能が新しく加わりました。

新しいレンダリング テクノロジーとしては、Reveal レンダリング (反復的なワークフローと劇的に高速化した完成版のレンダリング処理の両方に対応したツールセット) と ProMaterials (現実の表面をシミュレートするためのマテリアル ライブラリ)があります。新しい Biped ワークフローで、四肢動物より高速に、より効率的にリグの設定をしましょう。「足と同じように動作する手」をはじめ、キャラクタ アニメーションとマッピングの新機能と改善点が数多くあります。非常に手間のかかる処理も効率よく行えます。さらに、このリリースでは OBJ や Autodesk FBX の読み込みと書き出しが改善されて、Autodesk Mudbox、Maya、Autodesk MotionBuilder、その他のサード パーティ製アプリケーションとの相互運用性が大幅に向上しています。

主な新機能と拡張機能

Reveal レンダリング

3ds Max 2009 に新しく搭載された Reveal レンダリング システムによって、レンダリングを手早く調整したい場合に必要な、正確なコントロールが可能です。たとえば特定のオブジェクトを除いた状態で、シーン全体をレンダリングするよう選択できます。また、単一のオブジェクト、あるいはフレームバッファの特定領域をレンダリングすることもできます。レンダリングしたイメージ フレームバッファには簡単なツール セットが含まれ、オブジェクト、領域、処理を任意にフィルタリングして品質、速度、完全性のバランスを調整しながら、レンダリングの変化をすばやく検証できます。

Biped の拡張

新しい Biped ワークフローが加わり、Biped キャラクタの手を地面に対して足のように動作させることができるようになりました。この新しい機能によって、四肢動物のアニメーションの作成で必要な手順が大幅に簡略化されます。また 3ds Max 2009 は、作業基点や選択した基点を中心とした Biped オブジェクトの回転もサポートしています。これにより、ある種のドラマティックなキャラクタの動作(たとえば地面に落下するキャラクタ)が簡単に作成できます。

OBJ および FBX のサポートの向上

OBJ の変換結果がより元データに忠実になり、書き出しオプションが増えたため、3ds Max と Mudbox やその他のデジタル スカルプティング アプリケーションとのデータ交換がいっそう簡単になりました。新しい書き出しプリセット、追加のジオメトリ オプション (非表示のスプラインやラインを含む)、新しい最適化オプションを活用してファイル サイズを低減し、パフォーマンスを向上させることができます。ゲーム アーティストにとって特に大きな改良点は、改善されたテクスチャ マップ処理、オブジェクトごとの面の数に関して改善された Mudbox の読み込み情報です。また、3ds Max では FBX のメモリ管理が向上し、Maya や MotionBuilder をはじめとする、他のソフトウェア製品との相互運用性をサポートする新しい読み込みオプションが追加されました。

効率化された UV テクスチャ編集

Autodesk 3ds Max は、インテリジェントで使いやすいマッピング ツールという点において、常に業界の最先端にいます。新しいスプライン マッピング機能を使えば、参照するスプラインに沿って円柱状およびカーブした平面オブジェクトをマッピングできます (地形に合わせて道路をマッピングする場合などに使用)。さらに、リラックスとペルトのワークフローが向上し、UVW アンラップが効率よく行えるようになりました。求める結果を、より少ない手順で作り上げることができます。

SDK での .NET のサポート

3ds Max で .NET がサポートされました。Microsoft の効率的で高レベルのユーザ インタフェース API を使用して、ソフトウェアを拡張できます。3ds Max 2009 SDK (ソフトウェア開発キット) には、この強力な開発ツール セットを活用する方法を示す、.NET のサンプル コードとドキュメントが同梱されています。

ProMaterials

実世界のオブジェクトをベースにした、使いやすい mental ray 用のマテリアルライブラリが新しく追加されました。本格的な壁のペイント (光沢またはマット仕上げ)、ガラス、コンクリートなどが含まれており、よく使用する建築物やデザインサーフェスをすばやく作成できます。

フォトメトリック ライトの機能強化

Autodesk 3ds Max は、新しいタイプのエリア ライト (円形状、円柱状)、[参照] ダイアログ ボックスおよびライトの UI でのフォトメトリック ウェブ プレビュー、改善されたニアフィールドのフォトメトリック品質とスポット分配をサポートするように拡張されました。さらに、分配タイプですべての発光シェイプがサポートされたため、レンダリング イメージのオブジェクトとしてライトの形状を表示できるようになりました。

page top