3ds Max 2009 / 3ds Max Design 2009 新機能ムービー | 3ds Max | 株式会社Too

こちらでは 3ds Max 2009 / 3ds Max Design 2009 新機能ムービーをご覧いただけます。

 

ナビゲーションツール

ビューポート操作をより簡単に行う2つのツールが追加されました。Autodesk 3ds Max 2009 には Autodesk ViewCube と SteeringWheels テクノジーが搭載されています。これらのツールは他の Autodesk 3D 製品と共通のツールで、ツールを変更した際にも確実なビュー操作が可能となります。SteeringWheels を用いた視点の調整では建築インテリアや GEMA レベルでのコントロールに威力を発揮します。

モデリング

使用頻度の高いモデリング手法である「ソフト選択」が、インタラクティブな操作手法で扱えるようになります。ソフト選択のフォールオフ、ピンチ、バブルの調整が、カスタムキーを割り当てることにより、より直感的に動作できます。

アニメーション

Biped アニメーションで四足歩行のリグ設定モードが加わりました。前足のピボット管理が最適化され、四足動物のモーション設定に威力を発揮します。また、Biped の新しいミラーモードや重心ポイントの編集機能など、多くの改良点があります。ウォークスルーアニメーションを短時間で作成する新しいツールも搭載します。

Reveal レンダリング

レダリングフレームバッファウインドウが改良され、使用頻度の高いレンダリングパラメータを同ウインドウから直接アクセスできます。また領域レンダリング等のエリア指定もフレームバッファから指定可能です。mental ray レンダリングの各キャッシュファイルの管理操作も可能なため、レンダリングの反復作業の無駄な計算を節約できます。

マテリアル

新しいマップとして「カラー補正」マップが加わります。微妙なマップの色相、彩度、明度、コントラストなどの調整が3ds Max内部で調整が可能になります。従来の「合成マップ」も大幅に改良されレイヤー合成を手法をとりながら複数のマップ素材を自在に合成させていうことが可能となりました。隠れイヤーのマスクファイルも適用可能です。

マッピング

UV 編集時に使用する UVW アンラップの機能を強化しています。好評なペルトマップのユーザーインターフェースを見直し、デザイナーの方々の感覚にあった操作ステップを踏めるように改良。また、新しいマッピング手法である「スプライン」マップ手法により従来非常に手間のかかっていた、有機的な形状に対する UV 展開を効率的に処理できます。

ライティング

ライトオブジェクトのユーザーインターフェースを見直し、より簡潔にそして操作性を向上されています。また配光データを使用した際に、ビューポート上でその配光分布をリアルタイムに確認できるなど、ライティング設定の操作行程を短縮化させます。デイライトシステムでは天候データの取り込みによるより正確なライティングが可能となります。

Production シェーダ

実写背景と CG コンテンツのフォトリアルな合成に便利な mental ray シェーダである Production シェーダが短時間で使用できるようになります。新しい反射や影の作成に使用できるシェーダの追加や実写撮影時に用意したクロームボールやグレーボールを簡単に反射、ライティング素材として使用するシェーダの追加など、従来は設定に時間のかかった作業時間を激減させます。

ユーザーインターフェース : 3ds Max Design 2009

3ds Max Design のユーザインターフェースは絶対の信頼を受けている 3ds Max のインターフェースをベースとしながら、デザインビジュアライゼーション作業に最適な環境設定が施されています。デザインビジュアライゼーションに特化した各種ドキュメントも実装してます。

ViewCube : 3ds Max Design 2009

Autodesk 3D 製品共通のビューナビゲーションツールです。アプリケーションを複数切り替える場合などに、共通の操作方法でビュー編集が可能になります。

SteeringWheels : 3ds Max Design 2009

Autodesk 3D 製品共通のビューナビゲーションツールです。アプリケーションを複数切り替える場合などに、共通の操作方法でビュー編集が可能になります。ウェッジ型の操作パネルを使い、インタラクティブにビューナビゲーションが可能になります。

Reveal Rendering : 3ds Max Design 2009

新しいレンダリングフレームバッファウインドウでは、各種レンダリングパラメータへのアクセスや、mental ray キャッシュデータの管理が可能になります。反復が必要なレンダリング処理では圧倒的なパフォーマンスを破棄します。

page top