Autodesk 3ds Max および Autodesk 3ds Max Design ソフトウェアは、コア テクノロジの機能は同じですが、それぞれ独自のユーザ エクスペリエンスと専用のツールセットを提供します。

Autodesk 3ds Max、3D モデリング、アニメーション、レンダリング、合成ソフトウェアは、ゲーム、映画、テレビのコンテンツを制作するゲーム開発者、ビジュアル エフェクト アーティスト、グラフィック デザイナー向けのソフトウェアです。

Autodesk 3ds Max Design は、建築家、デザイナー、土木エンジニア、3D ビジュアライゼーションのスペシャリスト向けに開発されたソフトウェアです。

2011 の新機能

Autodesk 3ds Max Composite


Autodesk Toxik 合成ソフトウェアのテクノロジをベースにした、フル機能、高性能の HDR 対応合成ツール 3ds Max Composite で、レンダー パスを拡張して実写フッテージを組み込むことができます。

3ds Max Composite ツールセットには、キーイング、カラー コレクション、トラッキング、カメラ マッピング、ラスター ペイントとベクター ペイント、スプライン ベースのワーピング、モーション ブラー、被写界深度、立体映像制作をサポートするツールが含まれています。

Autodesk FBX ファイルリンク と Autodesk Revit Architecture

Autodesk FBX ファイルリンク 機能を使用すれば、Autodesk Revit Architecture 建築設計ソフトウェアで行われた上流工程での設計変更を受け取り、管理することができます。

このインテリジェントなデータ処理により、元のデザインが修正および微調整された場合に発生するデザイン ビジュアライゼーションのリワークの手間を省略し、入り組んだ意思決定プロセスをサポートし、コラボレーションによる反復的なワークフローを促進することができます。

デザイナーは新しい読み込みオプションを使用して取り込むマテリアルをグループ化し、複雑なデータ セットの管理を最適化し、単純化することができます。

Autodesk Material Library


新しい Autodesk Material Liblaly により、オートデスク アプリケーション間でマテリアルをシームレスに交換できます。マテリアルを完全に 1 対 1 でマッピングすることで、他の対応するオートデスク アプリケーション(AutoCAD、Autodesk Inventor、Autodesk Revit Architecture、Autodesk Revit MEP、Autodesk Revit Structure )とマテリアルを交換でき、一貫した定義とレンダリング結果を作成できます。

データの読み込み後にマテリアルを作り直す必要がなくなりました。ユーザは、各製品で使い慣れたワークフローを使用できます。また 1,200 ものマテリアル テンプレートを活用して複雑なシーンのセットアップも簡単にすることができます。

Google SketchUp インポータ

Google SketchUp スケッチ ソフトウェア(SKP)バージョン 6 および 7 のファイルを Autodesk 3ds Max や 3ds Max Design へより効率的によく読み込むことができます。

機能強化された SketchUp インポータは、レイヤ、グループ、コンポーネント、マテリアル、カメラ、デイライト システムなどの SketchUp エンティティをサポートし、Google 3D Warehouse の SketchUp ファイルを直接読み込むことができます。

アップデートされた OpenEXR プラグイン

アップデートされた OpenEXR イメージ読み込み/書き出しプラグインでは、1 つの EXR ファイルに無制限にレイヤを追加できるようになり、またレンダリング要素と G バッファ チャンネルが EXR レイヤとして自動的に保存されます。

これにより、3ds Max Composite とその他の特定の合成システムとの相互運用性が強化されます。

インコンテキストでの直接操作が可能な UI


新しく搭載されたポリゴン モデリング ツール用のインコンテキスト UI (ユーザ インタフェース)は、モデルからマウスを離す不要な動作を排除します。モデリングの時間を節約し、制作作業では手元の作業対象に集中し続けることができます。

モデラーは、インタラクティブにプロパティを操作し、必要なときにビューポートで直接値を入力し、変更を確定する前に結果をプレビューできます。

ソリッドデータのネイティブ読み込み/書き出し


Autodesk 3ds Max および 3ds Max Design と、SAT ファイルをサポートするその他の特定のアプリケーション(Autodesk Revit Architecture、Rhinoceros、SolidWorks、formZ ソフトウェアなど)との間で、非破壊なサーフェスおよびソリッドの読み込み/書き出しが可能です。

トリミングされたサーフェス、ソリッド モデル、アセンブリを読み込むと、これらは 3ds Max Design の「ボディ」として表現され、サーフェスの元の数学的記述は維持されます。これにより、アーティファクトが発生することなく、断面図の作成およびリビール処理を実行できます。

また、ビューポート表示に用いる場合とレンダリング用とで異なるテッセレーション パラメータを使用することができます。デフォーマでボディオブジェクトを操作してから書き出して、元のアプリケーションに変更データを戻すこともできます。

マテリアルのビューポート表示

高品質かつインタラクティブな表示環境でシーンを展開し、リファインできます。この新しい機能により、ビューポート上で 3ds Max または 3ds Max Design のテクスチャ マップとマテリアルの大部分を表示できるため、頻繁なレンダリング工程が必要なくなります。

アーティストやデザイナーは、最終的な出力により近い状態でインタラクティブにシーンを判断できるため、エラーを低減し、クリエイティブなストーリー作成プロセスを向上させることができます。

完全に統合された CAT (キャラクター アニメーション ツールキット)

CAT (キャラクター アニメーション ツールキット)で、より簡単にキャラクターを作成および管理し、アニメーションをレイヤ、ロード、保存、リマップすることができます。

Autodesk 3ds Max 2011 および Autodesk 3ds Max Design 2011 に完全に統合された CAT は、複雑な設定なしにすぐに使える高度なリギングおよびアニメーション システムです。簡単に使用できる柔軟なツールセットで、アニメーターは CAT の既定値の設定を使用して短時間で高品質な結果を得ることができます。

また、要求の高いキャラクターのセットアップについては、リグを完全にカスタマイズして、任意の形態変化、埋め込みのカスタム動作、手続き型コントローラを含めることもできます。

旧バージョンの形式での保存

旧 2010 バージョンと互換性のある形式でシーン ファイルを保存するオプションが使用できます。これにより、Autodesk 3ds Max 2011 および Autodesk 3ds Max Design 2011 へのワークフロー移行を管理できます。スタジオ、パイプライン、クライアント ベース全体をアップグレードする準備を進めながら、2011の新機能を利用できます。

Autodesk Inventor データ読み込み機能の改善


Autodesk Inventor 3D CAD ソフトウェアを使用したデジタル プロトタイプ プロセスで、新しい Smart Data ワークフローを利用できます。Inventor データを Autodesk 3ds Max および 3ds Max Design へ読み込むための大幅な機能強化が行われました。

- Inventor を同じマシンにインストールする必要がありません。
- ソリッド オブジェクトを「ボディ」として読み込むことができます。
- マテリアル、サーフェス、コンポジットのサポートが強化されました。

 

Quicksilver ハードウェア レンダラー


驚異的な速度で高品質のイメージを制作する革新的な新しいハードウェア レンダラー Quicksilver で、高品質なプリビジュアライゼーションやアニマティクス、さらには日々のデザインワークやマーケティング資料までを短時間で作成します。

Autodesk 3ds Max 2011 および Autodesk 3ds Max Design 2011 に新しく搭載されたマルチスレッドのレンダリング エンジンは、CPU (コンピュータ プロセッシング ユニット) GPU (グラフィックス プロセッシング ユニット)の両方を使用します。

また、アルファおよび Z-バッファ レンダリング要素、被写界深度、モーション ブラー、動的な反射効果、エリア/フォトメトリック/アンビエント オクルージョン/間接光の各ライティング エフェクトに加えて、精度をアダプティブに設定できるシャドウ マップ、シーンの解像度よりも大きいサイズにレンダリングできる機能をサポートしています。

コンテナのローカル編集


大幅に改善されたコンテナ ワークフローで共同作業が可能です。アーティストやデザイナーは、リファレンス コンテナ上に非破壊でローカルの編集を重ねることができます。

1 人のユーザがロック解除されたコンテナの内容を繰り返し編集する一方で、別のユーザがその他のデータを引き続き微調整するなど、複数のタスクを並行して進められるため、厳しい納期にも対応できます。複数のユーザが同じコンテナの異なる要素を同時に変更することは可能ですが、同じコンポーネントを同時に編集することはできません。

リファレンス コンテナ上に非破壊の状態でローカルの編集を重ねることができる新しい機能により、より効率的なコラボレーションが実現します。

スレート マテリアル エディタ


Autodesk 3ds Max 2011 および Autodesk 3ds Max Design 2011 で新しく追加されたノードベースのマテリアル エディタ、スレートを使用すれば、マテリアル コンポーネントの関係を簡単に視覚化して編集できます。アーティストやデザイナーが複雑なマテリアル ネットワークを作成して編集する際に、ワークフローと生産性が大幅に向上します。

スケマティックによる直感的なフレームワークは、今日のエンターテインメント制作およびデザイン ビジュアライゼーションで必要とされる、膨大な数のマテリアルを扱うことを目的に設計されています。

新しいノードベースのスレート マテリアル エディタを使用すれば、複雑なマテリアル ネットワークを簡単に作成して編集できます。

モデリング機能とテクスチャリング機能の強化


Autodesk 3ds Max 2011 と 3ds Max Design 2011 の新しいツールにより、グラファイト モデリングおよびビューポート キャンバス ツールセットが拡張され、3D モデリングおよびテクスチャリングがより迅速に行えます。

- 拡張されたツールセットにより、ビューポート内のテクスチャの 3D ペイントおよび編集が可能
- オブジェクト ブラシでペイントしてシーン内にジオメトリを作成
- UVW 座標の編集用の新しいブラシ インタフェース
- エッジ ループを延長するためのインタラクティブなツール

レンダリング前に、選択したマテリアルはビューポート上でのインタラクティブなフィードバックを確認し、創造力を高めることができます。

ユーザ インタフェースのカスタマイズ


カスタマイズ可能なユーザ インタフェース レイアウトで、利用できるワークスペースを最大にし、特定のワークフローの最も重要な機能に集中できます。頻繁に使用するアクション項目やマクロ スクリプトを含めた、自分専用の UI 構成を作成して保存できます。作成した構成は、ホットキーやボタン タッチで表示を切り替えることができます。

カスタマイズ可能なユーザ インタフェース レイアウトにより、使用可能なワークスペースを最大限に確保し、特定のワークフローの最も重要な機能に集中できます。

主な機能

3D モデリング



Autodesk 3ds Max および Autodesk 3ds Max Design は、業界で最も充実した 3D モデリング ツールを搭載したソフトウェアです。

- ポリゴン、スプライン、NURBS ベースのモデリング機能を使用すると、パラメトリックに効率よく有機的なオブジェクトを作成できます。

- グラファイト モデリング ツールセットに含まれる、100 種類以上の高度なモデリング ツールとフリーフォーム 3D デザイン ツールで、自由かつ独創的な制作が可能です。

- プロ オプティマイザー テクノロジにより、オブジェクトの面と点の数を正確に制御し、見た目を損なわずに最大 75% まで選択領域の面や点を減らすことができます。

- インタラクティブな操作とレンダリングによって、サブディビジョン サーフェスとポリゴン スムージングで詳細なディテールを明確に表現し、メッシュを最適化できます。

アニメーション





洗練されたツールセットを活用して、インテリジェントで自然なキャラクタや高品質なアニメーションを作成できます。

- CAT (キャラクターアニメーションツールキット)、Biped、群集アニメーション機能を用いて、手続き型アニメーションやリギング機能を活用できます。

- スキン モディファイヤや CAT Muscle で、ボーン(骨)の動きにしたがう、より正確かつスムーズにスケルトンの変形を制御できます。

- 複雑なメカニカル アセンブリやキャラクターには、3ds Max のボーン、IK (インバース キネマティクス)ソルバ、カスタマイズ可能なリギング ツールを使用して、カスタム スケルトンのリグを設定できます。

- コントローラ間で一方向または双方向の関係をワイヤリングして、簡素化されたアニメーション インタフェースを作成します。

- CAT、Biped、3ds Max オブジェクトをレイヤ上でアニメートできるため、高密度キーフレーム情報を持つモーション キャプチャ データでも、設定されているキーフレームを損なうことなく微調整できます。

コラボレーション ワークフロー


複雑なシーンのデータを収集、共有することにより、複数のユーザが協力してワークフローに貢献できます。

- ビューポート表示からコンテナを一時的にロード解除することで、シーンのパフォーマンスを改善し、メモリ使用量を削減します。その間も、コンテナとシーンの関係は維持され、必要に応じてコンテナを再ロードできます。

- コンテナ ノードを変換、削除、コピー、保存できます。

- コンテナを使用して、レイヤ構成に影響を与えずにシーン内のオブジェクトのプロパティを上書きしてシーンを編成します(ネストされたレイヤのワークフローと類似)。

- 他のユーザが作成した複数のコンテナを単一のシーン内で参照し、ユーザ同士でお互いのコンテナにアクセスして編集できるため、より柔軟なコラボレーション ワークフローが可能です。また、コンテナの編集に制限を設けることもできます。

コンテナを使用して、レイヤ構成に影響を与えずにシーン内のオブジェクトのプロパティを上書きできます。

 

シェーディングとテクスチャリング



広範囲に適用できるテクスチャ ペインティング、マッピング、レイヤ管理のオプションにアクセスして、シーン内のアセットを簡単に追跡できます。

- タイリング、ミラーリング、転写の配置、ブラー、スプライン マッピング、UV ストレッチ、リラックス、歪みの除去、UV の保存、UV テンプレート イメージの書き出しといったクリエイティブなテクスチャ マッピング操作を実現します。

- スレート マテリアル エディタを使用して、シンプルなシェーディングから複雑なシェーディングまでを設計および編集可能です。またテクスチャ、イメージ、素材データ、手続き型マップなど含む充実したライブラリを利用できます。

- テクスチャ レンダリング機能を使用して、各オブジェクトのマテリアルやライティングを新しいテクスチャ マップにベイクします。

ダイナミクス、エフェクト、シミュレーション


現場で実績のある高性能なツールセットで、ダイナミクスやエフェクトを作成します。

- 組み込まれている Cloth シミュレーション エンジンを使用して、ほぼすべての 3D オブジェクトを布地に変換したり、ゼロから衣服を作成し、その後調整を行って、布地オブジェクトをアニメーションさせます。

- ヘアやファーをはじめ草などの束状のものから派生するビジュアル効果を作成し、それらのスタイリングとアニメーションをより正確に制御します。

- 水、火、スプレー、雪など、イベント型の高度なパーティクル エフェクトをデザインし、エクスプレッション、スクリプト、ダイレクト マニピュレータ等でそれらを制御します。

パイプラインの統合



複数のソースからデータを読み込み、ファイルの反復処理、ソフトウェア間、ユーザ間、異なる場所の間で Autodesk 3ds Max および Autodesk 3ds Max Design データをスムーズに転送します。

- Autodesk FBX テクノロジを使用すれば、3D アニメーション、モデリング、ビジュアル エフェクト、レンダリング、合成ソフトウェア Autodesk Maya、3D デジタル スカルプティングおよびテクスチャ ペインティング ソフトウェア Autodesk Mudbox、建築設計ソフトウェア Autodesk Revit Architecture など、業界を代表する特定の 3D アプリケーションとデータを交換できます。

- 非破壊のファイルリンク ワークフローを最大限に活用して、FBX ファイル形式で書き出し可能なオートデスクのソフトウェアを用いた上流工程での変更を受け取り、処理することができます。

- Autodesk Inventor 3D CAD ソフトウェアのソリッド データを Autodesk 3ds Max および Autodesk 3ds Max Design に直接読み込めます。

- 30 を超える 2D および 3D データ形式(3ds、AI、DEM、XML、DDF、DWG、DXF、FBX、DAE、IGES、IPT、IAM、OBJ、STL、VRML、FLT、SAT、SKP など)を使用してデータを集約できます。

レンダリング




強力な 3D レンダリング ソフトウェアの各種機能により、驚異的な画像品質をより短時間で達成できます。

- 革新的な新しい Quicksilver 高性能レンダラーを使用すれば、忠実度の高いプリビジュアライゼーション、アニマティクス、マーケティング資料を短時間で作成できます。

- mental ray レンダリング エンジンにより、先進的かつフォトリアルなライティング機能とカスタム シェーダをすばやく設定できます。

- mental ray の無制限のネットワークレンダリング機能により、未使用状態のプロセッサを活用してレンダリング処理をすばやく完了できます。

- Reveal 機能を使用すれば、ビューポートとフレームバッファの両方で特定の領域を視覚化して操作できます。

- サポートされているレンダリング ソフトウェアから、建築および設計用マテリアルのハイダイナミック レンジ(HDR)データなどの複数のパスを同時に出力して、3ds Max Composite で再び組み立てることができます。

3ds Max 限定機能

3ds Max SDK

Autodesk 3ds Max SDK (ソフトウェア開発キット)を使用すれば、シーン ジオメトリ、アニメーション コントローラ、カメラ 効果、大気効果といった Autodesk 3ds Max アプリケーションのほぼすべての機能を拡張し、実装できます。

また、シーン コンポーネントを新しく作成し、既存コンポーネントの動作を制御して、シーン データをカスタム データ形式で書き出します。

新しくサポートされたマネージド .NET プラグイン ローダにより、開発者は C# またはその他の .NET 言語を使用してより簡単にプラグインを開発できます。

3ds Max の包括的な SDK には 200 種類を超えるサンプル プラグイン プロジェクトが含まれており、多岐にわたる広範なサンプルを使用することで、最も要求度の高い制作シナリオにも対応できます。

Suite のワークフロー

Autodesk 3ds Max は、3D モデリング、アニメーション レンダリング、合成ソフトウェアとその他の特定のオートデスク アプリケーションを統合した Suite 製品としても販売しています。この Suite 製品を使用すれば、厳しい制作要件を満たし、クリエイティブなアイデアをより速く実現できます。

Autodesk 3ds Max、Autodesk Mudbox、Autodesk MotionBuilder で構成される Autodesk 3ds Max Entertainment Creation Suite は、業界トップの 3D モデリング、アニメーション、エフェクト、レンダリング ツール、直感的な有機モデリング、テクスチャリング、ペインティング ソフトウェア、さらにリアルタイムかつインタラクティブなキャラクター アニメーションおよびモーション編集ソフトウェアの組み合わせです。

Autodesk FBX テクノロジにより、これらのアプリケーション間でアセットを迅速にやり取りして、より効率的なコラボレーションを実現できます。

3ds Max Design 限定機能

Dynamite VSP Extension


Dynamite VSP Extension* を使用すれば、複雑な土木設計ジオメトリを、正確かつ強力な 3D デザイン ビジュアライゼーションへすばやく効率的に変換できます。

Dynamite VSP Extension が提供するスタイル中心のシンプルな機能と、土木関連のパラメトリック オブジェクトおよびマテリアルを含む充実したライブラリにより、3ds Max Design に精通していない土木エンジニアでも非常に素晴らしい結果を得ることができます。

Dynamite VSP Extension は、土木設計ソフトウェア AutoCAD Civil 3D や、Bentley MXROAD ソフトウェアなどのその他のソフトウェア製品のデータとダイナミックにリンクします。

設計変更が生じた場合にもデザイン ビジュアライゼーションをこれまで以上に簡単に更新でき、設計とビジュアライゼーションを並行して作業することができます。

* Dynamite VSP Extension は、3ds Max Design Subscription ご契約のお客様に提供する機能です。3ds Max Design 2010 および 3ds Max Design 2011 でのみ機能します。

Exposure 照明 シミュレーションと分析

Exposure 照明分析テクノロジを利用して、3D 建築デザインの太陽、空、人工照明をシミュレートして分析します。

- 任意のシェイプの光度計測グリッドを生成し、任意の場所の光度を計測します。

- LEED EQ Credit 8.1 認証などの取得に必要な光度や屋内環境の品質評価を生成します。

- 建物と光の相互作用を正確に予測することによって、よりサステナブル(持続可能)なデザインを実現します。

- 複雑な建築デザインをビューポートで直接、インタラクティブに確認しながらライティングの効果を分析できます。

Exposure は、カナダの先端的な科学研究機関であるカナダ国家研究会議の認証を取得しています。

page top