3ds Max 2012 / 3ds Max Design 2012 機能ハイライト | 3ds Max | 株式会社Too

Autodesk 3ds Max および Autodesk 3ds Max Design ソフトウェアは、コア テクノロジの機能は同じですが、それぞれ独自のユーザ エクスペリエンスと専用のツールセットを提供します。

Autodesk 3ds Max、3D モデリング、アニメーション、レンダリング、合成ソフトウェアは、ゲーム、映画、テレビのコンテンツを制作するゲーム開発者、ビジュアル エフェクト アーティスト、グラフィック デザイナー向けのソフトウェアです。

Autodesk 3ds Max Design は、建築家、デザイナー、土木エンジニア、3D ビジュアライゼーションのスペシャリスト向けに開発されたソフトウェアです。

2012 の新機能

mRigid リジッドボディ ダイナミクス

3ds Max 2012 および 3ds Max Design 2012 で、シミュレーション ソルバに MassFX 統合システムを導入しました。その最初のモジュールが mRigid リジッドボディ ダイナミクス*です。mRigid では、マルチスレッドの NVIDIA PhysX エンジンを利用してリアルなダイナミック リジッドボディ シミュレーションをビューポートで直接作成できます。mRigid は静的、動的、運動学的なリジッド ボディ (ラグドール シミュレーションの後継) に加え、[リジッド]、[スライド]、[ヒンジ]、[ツイスト]、[ユニバーサル]、[ボール & ソケット]、[ギア] をはじめとする多数のコンストレインをサポートしています。

* 3ds Max および 3ds Max Design の前バージョンの Havok reactor は MassFX シミュレーション フレームワークの mRigid リジッドボディ シミュレーションコンポーネントに置き換えて利用可能です。 (※3ds Max 2012 / 3ds Max Design 2012 にはreactorが搭載されておりません)

iray レンダラー




3ds Max / 3ds Max Design に新しく組み込まれた mental images 社の iray レンダリング テクノロジーを利用すれば、リアルなイメージをこれまで以上に簡単に作成できます。

より予測可能な、より本物そっくりのフォトリアルなイメージを、まるで「オートフォーカス」カメラのようにレンダリング設定にわずらわされることなく作成できます。iray が希望の LOD (詳細レベル) に達するまでイメージを段階的に微調整してくれるため、ユーザは創造的ビジョンに集中しながら、実世界に則したマテリアル、ライティング、設定を直感的に操作して現実世界をより正確に再現できるというわけです。

iray は標準のマルチコア CPU でも実行できますが、NVIDIA CUDA 対応の GPU ハードウェアを利用するとレンダリング速度が大幅に向上します。

UVW アンラップの強化



既存のツールを強化し、ワークフローをさらに合理化する目的で、新たに LSCM (最小二乗法による等角マップ) 手法が導入され、より高度な UVW マップをより短時間で作成できるようになりました。

LSCM 手法では、メッシュの各面の角度を保持することでテクスチャの歪みを最小限に抑えます。この手法は新しく追加された「Peel ツールに使われており、カット シームからワンクリックで UVW をアンラップすることができます。

スカルプティング機能とペイント機能の強化



新しいスカルプティングおよびペイント ワークフローで、ブラシストロークとエフェクトを自在にコントロールできます。新しく追加されたコンフォームブラシによりジオメトリを別のサーフェスに合わせることができるため、トポロジ リダクション ワークフローに効果的です。エフェクトの度合いを調整することで、ソフトな効果からシュリンク ラップまでさまざまに応用できます。また、新しい変換ブラシ ( [移動]、[回転]、[スケール]、[リラックス] ) では、頂点をターゲットのサーフェスに沿ってスライドさせることができます。さらに、[ペイント変形] ブラシストローク ( [押す]、[フラット化]、[誇張] などのツールで使用できます)をスプラインにコンストレイントして、ガイドやルーラーとして利用したり、フリーハンド ストロークをすばやく繰り返したりもできます。

Autodesk Alias との相互運用性


インダストリアル デザイン ソフトウェア Autodesk Alias Design との相互運用がより一層スムーズになりました。.WIRE ファイルを、オブジェクト名、階層、レイヤ、マテリアル名を保持したままネイティブで 3ds Max Design/3ds Max にボディ オブジェクトとしてインポートできます。

3ds Max Design/3ds Max でテッセレーション結果をインタラクティブに調整してビジュアライゼーションを微調整したり、3ds Max Design/3ds Max の直感的なグラファイト ポリゴン モデリング ツールセットを使って Alias Design リファレンス データ上にディテールをスカルプティングすることもできます。

Nitrous 高速グラフィックスコア



3ds Max / 3ds Max Design を大きく変える Excalibur (XBR) プロジェクトの目玉の 1 つが、新しいビューポート システムの導入でした。これにより、ビューポートの動作と表示品質が劇的に向上しました。また、新しい Nitrous コアは GPU とマルチコア ワークステーションのパワーを活用できるため、反復的な作業をこれまで以上にスピーディーに行い、より大きなデータセットをよりインタラクティブに処理できます。高度なシーン管理機能とマルチスレッドのビューポートシーン計算、マテリアル評価により、一層スムーズで高レスポンスのワークフローが実現します。さらに、Nitrous が無制限のライト、ソフト シャドウ、スクリーンスペース アンビエント オクルージョン (SSAO)、トーンマッピング、より高品質の透明度などに対応したレンダリング品質の表示環境を実現しています。

Substance プロシージャルテクスチャ



80 種類もの Substance プロシージャル テクスチャが収録された新しいライブラリを利用して、多種多様なルックを作成できます。これらの動的かつ解像度に依存しないテクスチャは、わずかなディスク領域しか必要としません。さらに、Substance Air ミドルウェア (Allegorithmic 社から別製品として提供されています)を介して特定のゲーム エンジンにエクスポートできます。テクスチャをすばやくビットマップに変換してレンダリングすることも可能です。また、たとえばブロック壁のブロックの配置、表面の経年劣化、モルタルの厚み、あるいは道路のテクスチャの経年劣化、粗さ、歩道との境界線、車線区分線といったパラメータを動的に編集したりアニメートできます。

スタイリスティックレンダリング



ビューポートで様式化したイメージをレンダリングできる新機能や Quicksilver レンダラーを使用して、さまざまなノンフォトリアル (NPR) エフェクトを作成し、アーティスティックなスタイルを探求できます。

よりラフで抽象的なスタイルの NPR イメージによって、デザイナーや建築家は、詳細なディテールや不完全なディテールに注目を集めることなく、コアのデザイン意図を効果的に伝えることができます。

プロオプティマイザーの強化



プロ オプティマイザー機能が強化され、モデルをよりすばやく効率的に最適化して、より良い結果が得られるようになりました。法線と UV の補間機能が追加されたほか、低解像度の結果においても高解像度の法線を保持できるようになりました。

ベクターディスプレイスメントマップのサポート

3ds Max / 3ds Max Design では新たにベクター ディスプレイスメント マップ(VDM) がサポートされ、mental ray レンダラーまたは iray を使用して、Autodesk Mudbox などの特定のパッケージで作成された複雑かつ高解像度のディテールを低解像度のジオメトリを用いてレンダリングできるようになりました。VDM を使用すれば、単純に法線だけでは表すことのできない方向を持つ変位(たとえば突起物、切り込み、しわ、膨らみなどのある形状)を表現できます。

iray、mental ray は独 mental images GmbH の登録商標で、Autodesk, Inc. はその使用許可を得ています。

Suiteでのワンステップ相互運用性


3ds Max と Mudbox 2012MotionBuilder 2012Softimage 2012 とのワンステップ相互運用性を活かして、Autodesk 3ds Max Entertainment Creation Suites 2012 で目的に合ったツールセットを利用できます。

3ds Max シーンを Mudbox にエクスポートしてディテールのスカルプティングやペイントを行ったら、再び 3ds Max にワンステップでアップデートできます。また、3ds Max シーンを MotionBuilder にエクスポートしてアニメーション ツールセットを使用することも可能です。ファイル形式にわずらわされる心配はありません。さらにPremiumパッケージでは、3ds Max シーンから直接、Softimage ICE (Interactive Creative Environment) のパーティクル システムを利用することもできます。

 
 

主な機能

UI とワークフロー

より効率的に作業を進められるように設計されたユーザ インタフェースの各種機能により、生産性を最適化できます。

  • カスタマイズ可能なユーザ インタフェース レイアウトで、利用できるワークスペースを最大にし、特定のワークフローの最も重要な機能に集中できます。
  • 頻繁に使用するアクション項目やマクロ スクリプトを含めた、自分専用の UI 構成を作成して保存できます。作成した構成は、ホットキーやボタン タッチで表示を切り替えることができます。
  • ポリゴン モデリング ツールの「キャディ」インコンテキスト UI を使用すればモデリングをスピーディーに行い、クリエイティブな作業に集中できます。
 

Autodesk 3ds Max Composite



Autodesk Toxik 合成ソフトウェアのテクノロジをベースにした、フル機能、高性能の HDR 対応合成ツール 3ds Max Composite で、レンダー パスを拡張して実写フッテージを組み込むことができます。

3ds Max Composite ツールセットには、キーイング、カラー コレクション、トラッキング、カメラ マッピング、ラスター ペイントとベクター ペイント、スプライン ベースのワーピング、モーション ブラー、被写界深度、立体映像制作をサポートするツールが含まれています。

コラボレーションワークフロー

複雑なシーンのデータを収集、整理、共有することにより、複数のユーザが協力してワークフローに貢献できます。



  • ビューポート表示からコンテナを一時的にロード解除することで、シーンのパフォーマンスを改善し、メモリ使用量を削減します。その間も、コンテナとシーンの関係は維持され、必要に応じてコンテナを再ロードできます。
  • コンテナを使用して、レイヤ構成に影響を与えずにシーン内のオブジェクトのプロパティを上書きしてシーンを編成します (ネストされたレイヤのワークフローと類似)。
  • 他のユーザが作成した複数のコンテナを単一のシーン内で参照し、ローカルでの変更を非破壊で重ねることができるため、より柔軟なコラボレーション ワークフローが実現します。

リファレンス コンテナにローカルの編集を非破壊で重ねる新しい機能により、より効率的なコラボレーションが実現します。このデモで紹介する都会の小売店プロジェクトは、コンテナ ワークフローを用いて 3 人のユーザによって作成されたものです。

シェーディングとテクスチャリング

テクスチャ ペイント、マッピング、レイヤ管理機能が充実しています。





  • タイリング、ミラーリング、転写の配置、ブラー、スプライン マッピング、UV ストレッチ、リラックスといったクリエイティブなテクスチャ マッピング操作を行えます。
  • スレート マテリアル エディタを使用して複雑なシェーディング階層を設計、編集できるほか、テクスチャ、イメージ、プロシージャル マップなどが豊富に収録されたライブラリーも利用できます。
  • 直感的なビューポート キャンバス ツールセットを使用して 3D オブジェクトで直接、マップ上に複数のレイヤをペイントできます。
  • テクスチャ レンダリング機能を使用して、各オブジェクトのマテリアルとライティングを新しいテクスチャ マップにベイクします。
  • 新しい Autodesk Material Library を使用すれば、1,200 種類ものマテリアル テンプレートを活用し、サポートされているオートデスクのアプリケーション間でマテリアル データをシームレスに交換できます。
 

ダイナミクス、エフェクト、シミュレーション




現場で評価されている高性能なツールセットで、ダイナミクスやエフェクトを作成します。



  • 組み込まれている Cloth シミュレーション エンジンを使用して、ほぼすべての 3D オブジェクトを布地に変換したり、ゼロから衣服を作成することができます。その後調整し、布地オブジェクトをアニメーションさせます。
  • ヘア、ファーをはじめ、草などの束状のものから派生する効果を作成し、それらのスタイリングとアニメーションをより正確に制御します。
  • 水、火、スプレー、雪など、イベント型の高度なパーティクル エフェクトを作成し、エクスプレッション、スクリプト、ダイレクト マニピュレーターなどでそれらを制御します。
 

アニメーション




洗練されたツールセットを活用して、インテリジェントで自然なキャラクターや高品質なアニメーションを作成できます。





  • CAT (Character Animation Toolkit)、Biped、群集アニメーション機能を利用し、プロシージャルなアニメーションやリギング機能を活用できます。
  • スキン モディファイヤや CAT Muscle で、ボーン (骨) の動きに従い、スケルトンの変形をより正確かつスムーズに制御できます。
  • 複雑なメカニカル アセンブリやキャラクターには、3ds Max のボーン、IK (インバース キネマティクス) ソルバ、カスタマイズ可能なリギング ツールを使用して、カスタム スケルトンのリグを設定できます。
  • コントローラー間で一方向または双方向の関係をワイヤリングして、簡素化された 3D アニメーション インタフェースを作成します。
  • CAT、Biped、3ds Max オブジェクトをレイヤ上でアニメートできるため、高密度のキーフレーム情報を持つモーション キャプチャ データでも、設定されているキーフレームを損なうことなく微調整できます。
 

パイプラインの統合

複数のソースからデータを読み込み、ファイルの反復処理、ソフトウェア間、ユーザ間、異なる場所の間で Autodesk 3ds Max および Autodesk 3ds Max Design データをスムーズに転送します。





  • Autodesk FBX テクノロジーを使用すれば、Autodesk MayaAutodesk MudboxAutodesk MotionBuilder、Autodesk Revit Architecture をはじめ、業界を代表する特定の 3D アプリケーションとデータを交換でき、上流工程で変更が生じた場合でも、非破壊のワークフローによって対応が可能です。
  • Autodesk Inventor、Autodesk Alias Design をはじめとする 3D CAD ソフトウェアのサーフェスおよびソリッド データを Autodesk 3ds Max および Autodesk 3ds Max Design に直接読み込めます。
  • 30 を超える 2D および 3D データ形式 (3ds、AI、DEM、XML、DDF、DWG、DXF、FBX、DAE、IGES、IPT、IAM、OBJ、STL、VRML、FLT、SAT、WIRE、SKP など) を使用してデータを集約できます。
  • 3ds Max/3ds Max Design 2010 および 2011 と互換性のある形式でシーンを保存できるため、バージョンアップもスムーズに行えます。
 

3Dモデリング

Autodesk 3ds Max および Autodesk 3ds Max Design は、業界で最も充実した 3D モデリング ツールを搭載したソフトウェアです。





  • ポリゴン、スプライン、NURBS ベースのモデリング機能を使用すると、パラメトリックに効率よく有機的なオブジェクトを作成できます。
  • グラファイト モデリング ツールセットに含まれる、100 種類以上の高度なモデリング ツールとフリーフォーム 3D デザイン ツールで、自由かつ独創的な制作が可能です。
  • プロ オプティマイザー テクノロジにより、オブジェクトの面と点の数を正確に制御し、見た目を損なわずに最大 75% まで選択領域の面や点を減らすことができます。
  • インタラクティブな操作とレンダリングによって、サブディビジョン サーフェスとポリゴン スムージングで詳細なディテールを明確に表現し、メッシュを最適化できます。
 

レンダリング

強力な 3D レンダリング ソフトウェアの各種機能により、驚異的な画像品質をより短時間で達成できます。







  • mental images 社の iray レンダリング テクノロジーを利用して、レンダリング設定にわずらわされることなく、より予測可能な、フォトリアルなイメージを作成できます。
  • 3ds Max のほぼすべてのテクスチャ マップとマテリアルをビューポートに表示できるため、インタラクティブに、状況に合った適切な判断を下せます。
  • mental ray の無制限のネットワーク レンダリング機能により、未使用状態のプロセッサを活用してレンダリング処理を短時間で完了できます。
  • サポートされているレンダリング ソフトウェアから、ハイダイナミック レンジ (HDR) データなどの複数のパスを同時に出力して、3ds Max Composite で再び組み立てることができます。
  • 革新的な Quicksilver ハードウェア レンダラーを使用すれば、忠実度の高いプリビジュアライゼーション、アニマティクス、マーケティング資料を短時間で作成できます。
 

3ds Max 限定機能

3ds Max SDK


Autodesk 3ds Max SDK (ソフトウェア開発キット)を使用すれば、シーン ジオメトリ、アニメーション コントローラ、カメラ効果、大気効果といった Autodesk 3ds Max アプリケーションのほぼすべての機能を拡張し、実装できます。

また、シーン コンポーネントを新しく作成し、既存コンポーネントの動作を制御して、シーン データをカスタム データ形式で書き出します。

新しくサポートされたマネージド .NET プラグイン ローダにより、開発者は C# またはその他の .NET 言語を使用してより簡単にプラグインを開発できます。

3ds Max の包括的な SDK には 200 種類を超えるサンプル プラグイン プロジェクトが含まれており、多岐にわたる広範なサンプルを使用することで、最も要求度の高い制作シナリオにも対応できます。

 

3ds Max Design 限定機能

Civil View 機能セット


3ds Max Design の Civil View 機能セットを使用すれば、複雑な土木設計ジオメトリを、正確かつ強力な 3D デザイン ビジュアライゼーションへすばやく効率的に変換できます。

Civil View が提供するスタイル中心のシンプルな機能と、土木関連のパラメトリック オブジェクトおよびマテリアルを含む充実したライブラリにより、3ds Max Design に精通していない土木エンジニアでも非常に素晴らしい結果を得ることができます。Civil View は、AutoCAD Civil 3D 土木設計ソフトウェアや、Bentley MXROAD ソフトウェアなどのその他のソフトウェア製品のデータとダイナミックに リンクします。設計変更が生じた場合にもデザイン ビジュアライゼーションを非常に簡単に更新でき、設計とビジュアライゼーションを並行して発展させることができます。

また、新しい iray および Quicksilver レンダリング ソリューションにも対応し、簡単なセットアップでより短時間で結果が得られるようになりました。

 

Exposure 照明シミュレーションと分析

Exposure 照明分析テクノロジーを利用して、3D 建築デザインの太陽、空、人工照明をシミュレートして分析します。

  • 任意のシェイプの光度計測グリッドを生成し、さまざまな場所の光度を計測します。
  • LEED EQ Credit 8.1 認証などの取得に必要な光度や屋内環境の品質評価を生成します。
  • 建物と光の相互作用を正確に予測することによって、よりサステナブル(持続可能)なデザインを実現します。
  • 複雑な建築デザインをビューポートで直接、インタラクティブに確認しながらライティングの効果を分析できます。

page top