Autodesk 3ds Max 2014 は、モーション グラフィックス、ビジュアル エフェクト、デザイン ビジュアライゼーション、ゲーム開発のための 3D アニメーション制作に画期的なアプローチを提供します。群集を自動生成できる革新的な新しい Populate 機能、大幅に機能強化されたパーティクル フロー ツールセット、Microsoft DirectX 11 シェーダをサポートしてさらに高性能になったビューポートなど、3ds Max 2014 には今日の先進的なパイプラインに必要なコンセプトとテクノロジーが採用されています。さらには、2D と 3D の境界を橋渡しする新しい パースマッチ とベクトル マップ ツールにより、アーティストは斬新な方法での制作が可能になり、創造の幅が広がります。

3ds Max 2014 は 64bit版のみの提供となります。32bit版は提供されません。

主な新機能と特長

Populate

Populateツールで単純な操作で実現する高度な群集作成が可能

3ds Max 2014 の新しい群衆アニメーション機能により、アーティストは簡単な操作を数回実行するだけで、制作中の世界に生命を吹き込めるようになりました。

生きているような人間のアニメーションの高レベルなコントールが可能な Populate により、歩き回る群衆や停滞している群衆もシーンの選択した領域内に素早く簡単に生成できます。これを利用すれば、リアルな人間の動作を加えて建築プレゼンテーションの表現を豊かにしたり、映画やビデオシーンのプリビズを作成することができます。

Populate には歩道、廊下、ロビー、広場といった一般的な環境にぴったりのアニメーションとキャラクタのセットが付属しており、群集配合ツールを使って歩道と歩行者流動のパターンをつなげることができます。

向上したビューポートのパフォーマンス

新しい最適化機能や強化されたテクスチャメモリの管理、モディファイヤ並列計算の追加、その他多くの最適化が施され、3ds Max 2014 では、複雑なシーン、CAD データ、変形するメッシュのインタラクティブ性と再生パフォーマンスが大幅に向上しています。

DX 11 ビューポート レンダリング

3ds Max 2014 で DirectX 11 シェーダのサポートが追加され、アーティストは、Microsoft DirectX 11 のパワーを活用して高品質なアセットおよび画像を短時間で作成し、編集することができます。さらに、新しい API は HLSL (High Level Shading Language)に対応し、3ds Max で DirectX 11 の機能を使用できます。

強化されたパーティクル フロー システム

3ds Max 2014 ではパーティクル フロー システムのパワーと柔軟性が大幅に高められ、モーション グラフィック アーティストやビジュアル エフェクト スペシャリストはより高度かつリアルで、カスタマイズされた物理シミュレーションを短時間で作成できます。

新しい Advanced Data Manipulation ツールセットを使用すると、最大 27 のサブオペレータを組み合わせて、カスタマイズしたパーティクル フロー ツールを作成できます。 MassFX シミュレーション用の新しい mParticles モジュールでは、自然の力や人工の力をシミュレートしたり、パーティクル間の結合を作成、解除したり、パーティクル同士または他のオブジェクトとパーティクルを衝突させることができます。新しいキャッシュ ディスク オペレータでは、パーティクル フロー シミュレーションを事前計算してディスク上の個別のファイルとして保存でき、なおかつキャッシュ選択オペレータでは特定の種類のデータのみをキャッシュ化することができます。これらはいずれも反復的な作業を迅速化してくれます。

そして最後に、Orbaz Technologies 社の無償提供のパーティクル フロー ツール(Camera Culling Operator、Camera IMBlur Operator、Copy Out Test、Display Script Operator、Stop Operator、Stop Gradually Test)もデフォルトで搭載されています。

パースマッチ

新しい パースマッチ 機能を使用すると、シーンのカメラ ビューを写真背景のパースペクティブにインタラクティブに一致させることができます。CG 要素を簡単に静止画像の背景に合わせて配置できるので、印刷物や広告などの合成用途に理想的です。

ベクトルマップのサポート

ベクター グラフィックスをテクスチャ マップとしてロードして、動的な解像度でレンダリングできるようになりました。表示をいくら拡大しても、グラフィックスは明瞭かつ鮮明なままです。ページめくりアニメーションを含む PDF がサポートされたことで、アーティストは時間の経過によって変化するテクスチャを作成できます。

あるいは、AutoCAD の PAT ハッチング パターン ファイルのサポートにより、デザイナーはより豊かでダイナミックな CAD イラストレーションを作成できます。この機能では、AI (Adobe Illustrator)、SVG、SVGZ フォーマットもサポートします。

その他の機能と特長

ワークフローのへの注力

「ちりも積もれば山となる」ことは皆さんご存知でしょう。3ds Max 2014 では全般的な生産性を向上すべく、UV アンラップ、スナップ、キャディ、ビューポートの切り替えに関する問題の修正、分離ツールの機能強化、ポリゴン編集のショートカットの統一、不足プラグインに関するシーン管理の強化など、ワークフローにさまざまな改良が加えられました。

さらに、3dsmaxfeedback.autodesk.com のフィードバック用の公開フォーラム Small Annoying Things で、ワークフロー改善の提案ができます。

 

Windows 8 のサポート

3ds Max 2014 では、Microsoft Windows 8 オペレーティング システムをサポートしています。

 

2D パン ズーム

新しいビューポート ツールでは、実際のカメラの位置に影響を与えることなく、2 次元の画像であるかのようにビューポートをパンおよびズームできます。正確に線を配置したいときに特に便利な機能で、カメラ マッチング、輪郭線や設計図面からのシーン構築、選択のために高密度メッシュを拡大といった場合に役立ちます。

 

ガンマの自動調整

新しい ガンマの自動調整 オプションは、画像ファイルを保存したりロードする際にファイル タイプを検知して、適切なガンマ設定を適用します。これにより、通常のレンダリング ワークフローでは手動でガンマを設定する必要性が少なくなります。

 

強化されたステート セット

オブジェクト モディファイヤの変更をステートに記録できるようになったことで、レンダー パスのコントロールやシーン管理を効果的に行えるようになりました。また、右クリック メニューからステート セットをコントロール出来る機能の追加や、ステート セットの UI をビューポートに組み込めるなど、アクセス性も向上しています。

Adobe After Effects との相互運用性の強化

3ds Max と Adobe After Effects との間で双方向にデータを転送できるメディア シンク機能で、テキスト オブジェクトがサポートされました。フォント、フォント サイズ、カーニング、その他のテキスト属性に加え、位置やスケールなどのアニメートされたプロパティを双方向でシンクできます。

page top