3ds Max 2018 新機能概要 | 3ds Max | 株式会社Too

3ds Max 2018 新機能概要

イントロ、Arnoldとmental rayについて

2018新機能のハイライトをご紹介した後に、Arnoldレンダーの特長、mental rayに関するお知らせについて解説を行います。

Arnoldレンダーの基礎:フィジカルマテリアルの活用

まずは、シーンコンバーターを使って過去のシェーダをフィジカルマテリアルに変換してArnoldを使いはじめてみましょう。

Arnoldレンダーの基礎:ライティングへのアプローチ

Arnoldにおけるライティングの手順とスカイドームを利用したHDRIレンダリング方法についてご紹介します。

カスタマイズ可能なワークスペース

自分の作業方法に適したユーザ インタフェースにより直感的に素早く変更が出来るようになりました。

Asset LibraryとMCGのアップデート

3ds Maxと連携して利用可能なファイルブラウザAsset Libraryのご紹介、MCGサンプルパックのダウンロードについて解説を行います。

モーション パス

モーション パスは、アニメーションを直接ビューポート内で直感的に編集できる豊富なオプションを持った便利機能です。

ステートセットとその他

便利になったステートセットでレンダリング設定をオーバライドしたり、オブジェクトやレイヤーの表示を制御する方法をご紹介します。

データチャネル モディファイア

データチャネル モディファイアのプロシージャル処理は、手の込んだ操作を自動化したり、様々なエフェクト処理を実現可能です。

ブレンド ボックス マップ

UVを気にせずに、シンプルな方法でオブジェクトにマップを投影することができるブレンド ボックス マップの使用方法をご説明します。

page top