3ds max 4 機能概要 | 3ds Max | 株式会社Too

3ds max 4.2 のユーザインターフェース

アーキテクチャ

  • 最高の性能及びスケーラビリティを生み出す全マルチスレッド構成
  • コアレベルまでアクセスできるMAXScript
  • インタラクティブなビューポートグラフィックスは、OpenGL及びDirect3Dハードウェアアクセレーター、または全Windowsディスプレイ対応の高速Heidiソフトウェアをサポート

ビューポート・インターフェース

  • 作業の効率化をよりアップさせる、右クリックで表示できるクアッドメニュー
  • キーボード ショートカット、ツールバー、メニュー、クアッド メニュー、カラーをドラッグ&ドロップでカスタマイズ可能
  • マルチテクスチャ ビューポートによる複数のテクスチャ・不透明マップ、および反射マップなどを表示

モデリング

  • 編集可能ポリゴンにより、ポリゴン内部に走る不可視エッジを意識することなく自由にポリゴンエディティングが可能
  • パッチモデリングにより、スプラインレベルのサーフェースモデリングが可能
  • 押し出し、ベベル、エッジや頂点の連結、頂点カラー、頂点の照明、頂点のアルファ、およびソフト選択の各機能が追加
  • メッシュスムーズ・HSDSモディファイヤの各サブディビジョンを使用して、ローカルサブディビジョンレベルや、スムージングの折り目・重みを自在にコントロール

アニメーション

  • アニメーションのコントローラーは、レイヤー、ブレンド、スクリプト、インスタンス可能
  • 位置・方向・ルックアット・サーフェース・アタッチメントなどのコンストレイントを使用して、アニメーションを簡単に制御
  • 使いやすいトラックビューにより、シーン管理やキーの設定、関数曲線の編集など、アニメーション制御に関するさまざまな操作を実行

キャラクタセットアップ

  • オブジェクトとして使用できるパラメトリックなシェーディングボーン
  • HIIK,HDIK,リムソルバーの3種類のIKをサポート
  • 履歴に依存しない IK / HIIKソルバーにより高速かつ使いやすいボーンシステムを構築可能
  • スキンによるキャラクタモデリング変形・各種アングルデフォーマーによるボーン変形の拡張
  • パラメータ ワイヤリングの使用により、複数のオブジェクトのパラメータを簡単に接続
  • マニピュレータを使用してパラメータをビューポートでビジュアル的にコントロール

レンダリング

  • ActiveShadeを使用すると、マテリアル、ライト、マッピングなどを調整時にビューポートがすばやく更新され素早い変更確認が可能。
  • 後で合成や特殊効果で使用できるように、単一のレンダリングパスで各要素(拡散反射光、自己照明、反射、屈折、シャドウなど)を個別にレンダリングすることが可能。
  • レンダーエフェクトでは、ブラー、被写界深度、グロー、フィルムグレイン、レンズフレアハイライト、カラー修正などのスペシャルエフェクトの結果をリアルタイムでフォトリアリスティックに実現

page top