こちらでは Autodesk 3ds Max 8 に搭載される新機能をご紹介します。3ds Max 8 では新しいアセットマネージメントツール、キャラクター開発ツール、UVマッピング機能、スクリプトツールといった生産性を最大限に高めるための機能が大幅に拡張されております。

3ds Max 8 新機能

Motion Mixier

3ds Max 8 では、アニメーションクリップをモーションミキサーへ取り込み、3ds Max リグをノンリニアでアニメーション編集可能です。
 

Biped Curve

クオータニオンの新しいオイラースイッチパネルでは、オイラー関数カーブを編集して、 Biped (キャラクターモデル)のアニメーションをコントロールできます。3ds Max 8 の新機能と強化機能には、ツイストポーズの調整、ベンドリンク、コピー/ペースト、レイヤーのリターゲット機能などが含まれます。
 

MXS Debugger Controller

3ds Max 8 に搭載された 3ds Max の MAXScript デバッグ機能とウォッチウィンドウは、ユーザによるカスタムスクリプトの作成・テストをサポートする機能強化と合理的な手法を提供します。 スクリプト化したエクスプレッションコントローラとリミットコントローラは、新たに進化した高性能のキャラクターリグ機能を提供します。
 

Pelt Mapping

ペルトマッピングを使えば、3ds Max アーチストは、独自に配置した繋ぎ目によってジオメトリの UV 座標を素早くアンラップ可能です。また、新しいリラックス手法では、歪みを除去してストレッチフリーのマッピングを実現します。マッピングにかかる時間を、数時間から数分までに短縮します。
 

Load Save Animation

3ds Max 8 は、アニメーションデータを保存、取り込み、リマップ、リターゲットする新しいオープンなカスタムのファイルフォーマットを提供します。
 

Asset Tracker Repather

3ds Max 8 のアセットトラッキング機能は、アセットを縦横に活用し、パスを変更する強化・拡張機能で、3ds Max コンテンツ管理とアセットへの自在なアクセスを提供します。
 

Asset Tracking

3ds Max 8 は、安全なデータ管理ソリューション Autodesk Vault サーバーが提供するメリットを享受します。 3ds Max アーチストは、彼らが作った価値ある 3D コンテンツを検索、リファレンスし、さらには複雑なゲーム、ビジュアエフェクト、デザインビジュアライゼーションのプロジェクトなどで再利用できます。
 

Scene FX

3ds Max 8 は、 Microsoft DirectX(DX) をサポートします。ゲームクリエータは、ゲーム全体のリアルタイムシーンシェーダーを 3ds Max で直接作成することができます。3ds Max の外でゲームをコンパイルする必要がないので、時間が短縮されます。 3ds Max で見えているものが、最終的に Microsoft Xbox 360 などのコンソールゲーム環境での実際の見た目やプレイ感覚そのものになります。“業界最高の DX サポート及びワークフロー。アーチストは、シェーダを見ながら、ビューポートで作業可能。” “次世代ゲームコンテンツ制作のリーダーです。”
 

Track Sets

3ds Max 8 の新機能 - カーブエディタでは、 3D キャラクター、シーン、環境などを変更または編集した場合に、データセレクションを複数作成する代わりに、カスタマイズしたセレクションを使用します。これで、アーチストは時間を大幅に短縮できます。
 
 

3ds Max 機能概要

アセットマネジメント

既存のアセットマネジメントソリューションとの互換性を提供する新しいソースコントロールソリューション「アセットトラッキング」で、進行中のアセットを共有、調整、管理します。
 

キャラクター開発

業界最先端のポリゴン編集ツールを用いて、信じ難いほどリアルなモデルを作成します。新しいペルトマッピング及びリラックスツールでは、UVマップの詳細調整にかかる時間を短縮します。モーションミキサーで、3ds Maxアニメーションを練り上げ、磨き上げます。ノンリニアアニメーションミキシングは、Character StudioのBipedだけの機能ではなくなり、3ds Max標準のボーンでも利用できるようになりました。
 

パフォーマンス

3Dアーチストにとって、安定性と性能は重要な問題です。新しいポリゴン編集選択オプション、性能向上したトラックビュー、キャラクターのリグ作成やスキン作成におけるインタラクティビティの向上により、3ds Maxの性能はさらなる向上を遂げています。
 

アニメーション

3ds Maxのアニメーションのモーションをミックス、編集します。標準のモーションキャプチャフォーマットを直接キャラクタリグへインポートします。XMLベースの新しいオープンファイルフォーマットを使い、カスタムツールからモーションファイルを書き、3ds Maxへ持ち込みます。改善したキャラクター開発機能、布や毛髪のシミュレーションツール、実績ある物理計算システムReactor、パーティクルフローシステムを使い、フォトリアルなキャラクターを創出します。
 

モデリング

業界最高の充実したポリゴンツールで低、高レゾリューションモデリング。新しいポリゴンモデリングツールが、ジオメトリに詳細を加える処理速度を上げます。独自の高速ポリゴン編集手法を使い、シンプルなものから、複雑なモデルまであらゆるものを作成します。
 

UVマッピングツール

UVシームの展開をペルトマッピングシステムで調整します。UVW座標を拡げて作成した1枚の平面マップから、オブジェクトのテクスチャを作成します。オブジェクトのジオメトリにUVを緻密に整合して、UVを緩めたり、歪みを除去します。シームがあるべきところにあり、修正の必要がほとんど発生しないため、作業時間と作業量が大幅に削減されます。
 

スキニング

低ポリゴン、高品質のゲームメッシュから、高密度のビジュアルエフェクトモデルまで、あらゆるものをスキニングします。デフォルトでボーンに割り当てられた頂点は、手足の過度な屈伸を防止したり、エンベロープの編集を最小限に抑えます。
 

開発ツール・MAXScriptスクリプト言語

MAXScriptデバック機能を用いて、安定したMAXScriptを短時間で書き上げます。ユーザインターフェイスから自在に調整可能なカスタム機能をツールに加えます。オブジェクト主体のスクリプト言語を使って3ds Maxのツールを拡張したり、パイプラン全体でワークフローを最適化するスクリプトを作成します。
 

page top