3ds Max Design 2009 新機能ハイライト | 3ds Max | 株式会社Too

Autodesk® 3ds Max® Design には、強力なライトのシミュレーションおよび分析テクノロジ、レンダリング機能、Revit® との高レベルの相互運用性、その他多数の機能が搭載されています。

主な機能には、Exposure™ (太陽、空、人工的なライトのシミュレーションと分析のためのツールセット)、Recognize™ (3ds Max Design と Revit によるワークフローを飛躍的に改善するシーン読み込みテクノロジ)、Reveal™ (高速なフィードバックとレンダリングを完成させるための反復的レンダリング テクノロジー)、ProMaterials™ (精密な製造関連のマテリアル ライブラリ) があります。

主な新機能と拡張機能

Exposure

3ds Max Design だけに搭載された新テクノロジー Exposure は、3D シーンの太陽、空、人工的なライティングのシミュレートと分析に使用できます。この強力な機能セットは、持続可能な建築プロジェクトに最適で、建築家は、設計の光の強度を評価することができます。たとえば、LEED (エネルギーと環境デザインに関するリーダーシップ) 8.1 の認定を取得したい場合など、この機能によって、求められる室内環境品質の検証を行うことができます。グラフィック出力可能な照度測定機能に加えて、Exposure は人気の高い Autodesk® 3ds Max の Sun & Sky モデルや、新しいクイック設定ダッシュボード インタフェースも搭載しています。加えて、レンダリング設定、ライト設定、マテリアル設定といった光のシミュレーションで使われている各種設定にアクセスするための、インテリジェントなユーザ インタフェースが含まれています。

Reveal レンダリング

3ds Max および 3ds Max Design に導入された新レンダリング エンジン Reveal によって、レンダリングの細かいコントロールができるようになりました。作業内容をすばやく調整することができます。たとえば特定のオブジェクトを除いた状態で、シーン全体をレンダリングするよう選択できます。また、単一のオブジェクト、あるいはフレームバッファの特定領域をレンダリングすることもできます。レンダリングしたイメージ フレームバッファには簡単なツール セットが含まれ、オブジェクト、領域、処理を任意にフィルタリングして品質、速度、完全性のバランスを調整しながら、レンダリングの変化をすばやく検証できます。

Recognize

オートデスクは 3ds Max Design に、3ds Max Design と Revit の相互運用性を新しい次元へと高める強力な新テクノロジ、Recognize を導入しました。FBX ベースのシーン読み込みツールセット Recognize によって、ジオメトリ、ライト、マテリアル、カメラを Revit シーンから 3ds Max Design へと、すばやく、そして非常に正確に読み込むことができます。ビジュアル ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) データをこれまで以上に、簡単に強化することができます。

ProMaterials

使いやすい、実際のオブジェクトをベースにした mental ray® 用の新しいマテリアルのライブラリが、3ds Max Design に追加されました。製造関連のデータとプロ仕様のイメージが、このライブラリのベースになっています。よく使われる建築物や設計用のマテリアル (光沢またはマット仕上げによる本格的な壁の塗装、ガラス、コンクリートなど) にすばやくアクセスできます。

レビュー機能の拡張

レビュー機能を使えば、複数のマップをビューポートに同時に表示して、より正確なプレビューが可能です。レビュー機能では、IES ファイルを含む、フォトメトリック ライトが完全にサポートされます。現実の発光体が環境に与える影響について、即座にフィードバックが得られます。さらに、建築および設計のマテリアルを使用したオブジェクトでのリアルタイム シャドウもサポートされます。

ViewCube と SteeringWheels

ViewCube™ および SteeringWheels™ テクノロジは、画面上でのインタラクティブな UI 機能で、3D シーンのナビゲーションを高速かつ直感的に実行できます。どちらのツールも、複数の Autodesk 3D 製品で使用可能です。このため、製品パッケージが異なってもナビゲーションの操作感に共通性があります。

効率化された UV テクスチャ編集

3ds Max および 3ds Max Design には、インテリジェントで使いやすいマッピング ツールが搭載されています。スプライン マッピング機能を使えば、参照するスプラインに沿って円柱状、およびカーブした平面オブジェクトのマッピングが可能になります。さらに、リラックスとペルトのワークフローによって、UVW アンラップが効率よく行えます。求める結果を、より少ない手順で作り上げることができます。

フォトメトリック ライトの機能強化

3ds Max Design は、新しいタイプのエリア ライト (円形状、円柱状)、[参照] ダイアログ ボックスおよびライトの UI でのフォトメトリック ウェブ プレビュー、ニアフィールドのフォトメトリック品質とスポット分配をサポートしています。さらに、分配タイプですべての発光シェイプがサポートされたことから、ライトのシェイプをレンダリングされたイメージ内のオブジェクトとして表示できます。

page top