こちらでは Autodesk 3ds Max Design 2010 の新機能ムービーをご覧いただけます。

リボンインタフェース

3ds Max Design 2010 ではユーザーインターフェースを大幅に改良し、よりインタラクティブな操作性を実現しています。あたら搭載されたリボンユーザーインターフェースは Auto CAD、Revit Architecture、Inventor などの Autodesk デザインツールとのインターフェースの統一性を重視しながら、複雑になりがちな膨大なコマンドに効果的なアクセスを実現しています。

Review 3

3ds Max Design 2010 ではユーザーインターフェースを大幅に改良し、よりインタラクティブな操作性を実現しています。あたら搭載されたリボンユーザーインターフェースは Auto CAD、Revit Architecture、Inventor などの Autodesk デザインツールとのインターフェースの統一性を重視しながら、複雑になりがちな膨大なコマンドに効果的なアクセスを実現しています。

コンテナによるデータ管理

膨大なデータを管理する上で、まったく新しいデータ管理システムが搭載されました。双方向での参照システムを実現するコンテナは、効率的に膨大なデータセットを管理することができます。

グラファイトモデリング

3ds Max Design に搭載されたグラファイト モデリング ツールは、ポリゴン モデリング機能に関して圧倒的なパワーを提供します。強力なリング、ループ機能をはじめ各サブオブジェクトの選択機能や、そのような形状であっても瞬時にトレース可能な PolyDraw 機能は従来のモデリングにかかる時間を大幅に削減できます。

レンダリング機能の向上

レンダリング機能では、グローバル イルミネーション処理で避けられないフリッカー発生や、低メモリ環境で発生していた超高解像度イメージ作成の問題など、懸念となっていた多くの問題を解決しています。さらには高度なガンマ管理を実現させる機能向上や、新しい mental ray シェーダの追加、効率的なレンダリング ワークを補助する改良など多くの機能向上を実現しています。

mental mill

mental image 社が提供する Meta SL テクロノジーを活用することができます。mental mill と呼ばれるシェーダ作成ツールを使い、複雑なリアルタイム シェーダ プログラムをアーティストが GUI を使って作成できます。作成されたシェーダ ファイルはそのまま 3ds Max 上で活用が可能で、また mental ray でソフトウェア レンダリングすることもできます。

page top