Fusion 360 | Autodesk | 製品・サービス | 株式会社Too

デザインから製造まで幅広くカバーするオールインワンパッケージ

3DCADモデリング、図面制作、ビジュアライズ、シミュレーション、ツールパス生成など 3DCAD、CAM、CAEがまさにFusion(融合)した多機能アプリケーションです。

クラウド & Win, Macハイブリッド

データはクラウドに保存され、どこからでもアクセス、シェアできます。 クラウドレンダリングにも対応し、どこからでも高品質な画像でデザイン確認が可能です。 Autodeskアカウントへのログインで起動。どのPCでも使え、 Windows、Mac OS X に対応しているため、作業する環境を選びません。

コンセプトデザイン

素早く自分のコンセプトを具現化。Fusion 360では、T-Splineモデリングを使用することで、アイデアを探りながら、形状を素早く何度も修正し、理想の形に仕上げていくことが可能です。有機的な形状の作成にも優れ、ボタン一つでソリッド化することが可能なので、モデリングの幅を広げることができます。

詳細設計

実際に求められる設計要件を満たす3Dデータを作成。Fusion 360では、T-Splineモデリング、ソリッドモデリング、サーフェスモデリング、アセンブリ、図面作成機能を備えていますので、設計要件を満たす3Dを作成することができ、加えて、アニメーションによる挙動のチェックも可能です。

ビジュアライゼーション

実際にモックアップを作成する前に可視化。Fusion 360には、実際の素材を見た目として適用し、試作モデルを作成する前に見栄えの検討をすることができます。色や質感などを事前に検討することで、モデルが出来上がった時の視覚的ギャップを抑えることができます。

シミュレーション

事前にメカニカル検証することで、問題となりえる部分を修正し、後工程での不具合発覚を防ぎます。Fusion 360には、線形静解析と、固有値解析という二つのシミュレーション機能があります。あるパーツに負荷がかかった場合、どの部分により強い力がかかるかを分析することで、設計を変更し、ミスを減らすことができます。

製造技術

切削用のパスをFusion内で作成することで製造までのフローを一貫してFusion 360の中で実行できます。Fusion 360には、作成した3DデータをCAMで加工して切削するためのパスを書き出す機能が備わっています。これにより、データを外部に書き出すことなく、Fusionの中で切削用のデータを作成するこができます。

データ管理

よりリアルタイムなチーム内のコミュニケーションを促進。Fusion 360は、クラウドを介してデータをやり取りすることで、同じプロジェクトにかかわるチームメイトへのデータ共有を容易にします。また保存ごとのバージョン管理による過去のデータの読み込みにも対応しています。

コミュニケーション・プロセス管理

よりリアルタイムなチーム内のコミュニケーションを促進。クライド、モバイル、ソーシャルという現代に求められる、コラボレーション機能を搭載。チャット機能やライブビュー機能を併用することで、リアルタイムなコミュニケーションを、モバイルディバイスなどのハードウェアを含めて実現します。また外部サプライヤーとの連携で既成パーツの3DデータをFusion上にダウンロードすることも可能。

このような方におススメ!

現在は2D図面ベースだが、3DCADを使った設計開発を検討されている製造業の方。
シンプルなインターフェースで覚えやすく、高機能でありながら安価な価格設定のため初期投資も大幅に削減できます。
いつでもどこでも作業できる機動性の高いお手軽な3DCADモデラーをお探しの方。
クラウドにログインすればどのPCでも、どこででも作業することができます。
NC切削加工をすでにされているまたはこれから始められる方で、高性能なCAMソフトをお探しの方。
モードを切りえるだけでCAMを起動でき、作成したデータからすぐにツールパス(Gコード)を出力できます。
設計段階で簡易的な解析を行い、設計精度を向上させたい方。
モデリングしながら様々な解析が実行できます。クラウドを使った解析も可能のため、高性能なPCも必要ありません。
遠隔地、複数の方々と協力して製品開発をされる方、データ確認やコミュニケーションに苦労されている方。
クラウドへのデータ保存によりコミュニケーションが容易に行えるため、迅速な意思決定が行えます。
3Dプリンターを使ったモノづくりを行う際の3Dデータ作成を行うモデリングソフトをお探しの方。
3Dプリントユーティリティを使ったデータ修正が可能。クラウドにデータがあることで、どこからでもSTLやOBJ形式でデータをダウンロードできます。
AutoCADなどで制作された2D図面資産から3Dデータを作成したい方。
DXF図面の線データを参考に、またはそのまま使って3Dデータ化することができます。

AutoCADの2D図面を利用してFusion 360で3Dモデルを作ろう!

page top