Extension 1 for 3ds Max 2015 | Autodesk | 株式会社Too

Extension 1 for 3ds Max 2015

Autodesk 3ds Max 2015 Extension (拡張機能)によって、ツール間でのセットアップデータのインターオペラビリティを大幅に強化させ、より自由度の高いコンテンツ制作パイプラインをアーティストやデザイナーに提供します。 モデルデータを寸分の狂い無く他のツールへ転送可能で、最新のGPU処理を用いた高速なアニメーション再生を実現させるOpenSubdivサブディビジョンサーフェイスの採用、 Autodesk Mayaをはじめとする他の3D DCCツールやAutodesk Flameに代表される3D Composition フィニッシングツールへ作成した3Dアニメーション アセットを正確に転送可能なAlembicファイルへの対応、さらにはAutodesk Maya LT や Maya と共通のリアルタイム シェーダ構築ツールであるShader FX機能の拡張など、製作現場のアーティストやデザイナーの方々が求めていた強力な拡張機能を提供いたします。


OpenSubdiv

OpenSubdiv 機能セットを使用すると、モデラーは制御されたサブディビジョンを使用して、ポリゴン オブジェクトに基づくスムーズで折り目が適用されたサーフェスを持つシェイプを作成できます。サーフェス全体の曲率、ポリゴン メッシュの頂点とエッジに折り目を適応するための基礎変数を指定できます。
OpenSubdiv では、大規模な並列 CPU および GPU アーキテクチャでのサブディビジョン サーフェスのモデリングとアニメートのために Pixar社の高度なソフトウェア テクノロジーを利用しています。3ds Max の OpenSubdiv 実装は、2 つのモディファイヤ、OpenSubdiv と 折り目セット で構成されます。OpenSubdiv はサブディビジョン、スムージング、折り目の作成を行い、折り目セット は頂点とエッジのセットの指定、管理、折り目の設定を行うための拡張機能を提供します。折り目セット では、折り目が適応されたサブオブジェクトを管理するための、スプレッドシートスタイルのインタフェースを持つ折り目エクスプローラが利用できます。


Alembic を使用したデータ交換

Alembic データ形式を使用して、ジオメトリとアニメーションを読み込んだり書き出したりできます。Alembic は、ジオメリとアニメーションを、プロシージャではなくアプリケーションに依存する効率的な形式にベイク処理します。この形式は、Autodesk Maya および Autodesk Softimage およびその他のアプリケーションでサポートされます。


強化された ShaderFX

ShaderFX リアルタイムビジュアルシェーダエディタの機能強化により、シェーディング オプションの拡張に加え、3ds Max、Maya、Maya LT 間の相互運用性が向上しています。 新しいノードパターンである、波線、ボロノイ、 シンプレックスノイズ、レンガや、新しいバンプユーティリティノードおよび検索ができるノードブラウザにより、ゲームアーティストやプログラマは高度なシェーダをより簡単に作成および変換することができます。FBX は、これらの製品間での ShaderFX テクスチャの共有を向上するために更新されました。


page top