Extension 2 for 3ds Max 2015 | Autodesk | 株式会社Too

Extension 2 for 3ds Max 2015

新しいデザイン ワークスペース

3ds Max のオブジェクトの配置、ライティング、レンダリング、モデリング、およびテクスチャリング ツールに簡単にアクセスしながら、タスクベースのワークフローに従って作業することができます。デザイン データを読み込んで高品質の静止画やアニメーションをすばやく作成することが、これまで以上に簡単にできるようになりました。


Revit および SketchUp の読み込みがより簡単に

Revit とのより緊密な統合により、3ds Max へのモデルの読み込みをより迅速かつ簡単に実行できるようになりました。Extension 2 の新しい Revit インポータを使用すると、データの読み込みを最大で10倍高速に 且つ はるかにクリーンなジオメトリで実行できます。また、SketchUp 2014 形式のデータに対応しました。


新しいテンプレート システム

新しいテンプレート システムを使えば、簡単な読み込み/書き出しオプションにより、テンプレートをチーム間およびオフィス間ですばやく共有できます。新しいテンプレートを作成するか、既存のテンプレートを修正し、個々のワークフローに合わせてそれらのテンプレートをカスタマイズすることもできます。レンダリング、環境、ライティング、および単位の組み込みの設定により、より迅速かつ正確に 3ds Max プロジェクトを完成させることができます。


カメラ シーケンサによりカメラの制御性が向上

複数のカメラの間を切り替えたり、アニメートされたクリップを壊すことなくトリムして並べ替えることが簡単にできます。オリジナルのアニメーション データを変更せずに、創造性を発揮するために必要な柔軟性を手に入れることができます。


デュアル クォータニオン スキニング

3ds Max のスムーズ スキニングがデュアル クォータニオンの追加によって改良されました。デュアル クォータニオンとは、デフォーマがねじれるか回転したときにメッシュのボリュームが失われる「蝶ネクタイ」効果または「キャンディーの包み」効果を回避するために特別に開発された機能です。この新しいスムーズ スキニング方法は、キャラクタの肩や手首でよく発生する望ましくない変形アーティファクトを減らすのに役立ちます。[スキン](Skin)モディファイヤの新しいオプションであるデュアル クォータニオンを使用すると、ユーザはスキニングがサーフェスに与える影響の大きさをペイントできます。これにより、必要な場所でそれを使用し、不要な場所で線形スキン重み付けを減らすことができます。


page top