Extension 1 for 3ds Max 2016 | Autodesk | 株式会社Too

Extension 1 for 3ds Max 2016

テキストプラス

新しいテキストツールであるテキストプラスを用いれば、押し出しやべベルを含む様々な編集機能を駆使できます。テキストを用いたモーショングラフィックスやインフォグラフィックスなどで、1つのツールで高度な編集を行うことができます。

  • 2次元としてのテキスト編集だけでなく、押し出しやべベルなどの3次元オブジェクトとしての機能を内包しています。
  • カーニング、トラッキング、ベースラインのシフトやスケールなどの編集を、個々の文字にもテキスト全体にも適用することができます。
  • 強力なべベルプロファイル(断面)編集エディタを搭載します。

プリセット / オフセット アニメーション

アニメーションのプリセットとオフセットを使用することにより、大量のオブジェクトやMobキャラクター、あるいはモーショングラフィックス / インフォグラフィックスに向いたアニメーションを作成できます。


ボクセル / ヒートマップ スキニング

ボクセル / ヒートマップ スキニングを用いれば、従来からのスキニング方法と比較して、より素早くウェイト設定を行うことができます。エンベロープによる従来からのスキニング方法を補完する形で、特定の領域だけに適用することもできます。


ゲームエクスポータ

新しいゲームエクスポータではFBXテクノロジーを駆使することにより、Unity、Unreal、Stingrayといったゲームエンジンに様々なデータを転送することができます。

Stingrayライブリンク

Stingrayと3ds Maxをインタラクティブに接続することができ、3ds Maxの中で変更を加えると、ワンクリックワークフローですぐStingrayで更新を確認することができます。

物理ベースのシェーダ(ShaderFX)

ShaderFXもStingrayで作業する場合、より良い物理ベースシェーダをサポートするように拡張されました。 ShaderFXで作成されたマテリアルは、簡単に3ds MaxとStingrayの間で転送することができます。


Maxクリエーショングラフ(MCG)の拡張

Maxクリエーショングラフ(MCG)は、アニメーションコントローラへの対応を中心とした拡張がなされています。


Creative Market ブラウザー

家具や樹木、自動車、環境や人物モデルなどの高品質3D/2D素材を掲載する Creative Market に3ds Maxから直接アクセスできるようになりました。

他のアーティストが作成したコンテンツを購入して素早くシーンをアップデートしたり、ご自分が作成したコンテンツを販売することもできます。


page top