Maya 7 機能ハイライト | 株式会社Too

Maya 7 機能ハイライト

Maya 6.5 のアーキテクチャとパフォーマンス開発を基礎に、機能が満載された Autodesk Maya 7 では、アーティストにこれまで以上の制作を実現します。

Autodesk Maya Complete および Autodesk Maya Unlimited は、Windows、Mac OS X、Linuxで稼動します。

新規および機能強化されたキャラクタアニメーションツール

統合された Alias MotionBuilder テクノロジおよび、デフォーマ、スキニングツールの機能強化により、今まで以上に高速かつ容易で正確なキャラクタアニメーションを実現します。

  • 業界トップのフルボディIKソルバがMayaに追加されたことによって、キャラクタセットアップとポージングをより高速、簡単に行うことができるようになり、二足および四足歩行のモデルに自然な関節の動きをさせることが可能になりました。
  • デフォメーションの柔軟性が向上しました。
  • スキニング、デフォメーション、およびキーフレームアニメーションの実行時にジオメトリを繰り返し置き換えられるので、ブレンドシェイプターゲットにトポロジの変更を反映させることより、共同作業や平行したワークフローを可能にします。

新しいモデリングツールとマッピングツール

多くの新しいポリゴンモデリングツールとマッピングツールは、業界で最も充実した包括的なモデリング機能セットを提供します。

  • ポリゴンモデリングの新機能により、モデリングの生産性が向上し形状に対するより優れたコントロールを提供できるようになりました。
  • 高性能な新規UVツールにより、今まで以上に高速かつ容易にテクスチャマッピングが可能になります。
  • ディテールを損なうことなくシーンを最適化するための、新規および機能強化されたツールを提供します。これは特にゲーム開発者に有用です。

機能強化された視覚効果ツール

  • 高性能なトゥーンシェーダは、多彩なノンフォトリアリスティック・レンダリングスタイルや、ほぼリアルタイムでのインタラクティブなプレビュー機能をサポートしています。Autodek Maya Paint Effectsもリアルタイムのメッシュプレビューを活用しています。
  • Autodesk Maya のダイナミックカーブテクノロジと統合されたAutodesk Maya Furにより、リアルなダイナミクスの適用が可能となり、ファーやヘアを容易に併用することができるようになりました。
  • Auotdesk Maya Hairはモデル間で移植することができ、毛の生え具合やカラーなどのアトリビュートのテクスチャマッピングをサポートしています。ヘアは Maya のmental rayで直接レンダリングすることも可能です。
  • Autodesk Maya Clothには多くの機能向上が施され、制作面ですでに実績のあるこのツールの有用性や性能が拡張されました。
  • オブジェクトごとのアトリビュートや、透明度のサポートにより、Autodesk Mayaベクターレンダリングの新たな制作面での可能性を引き出します。
  • Autodesk Maya Fluid Effectsの新しいHigh Detail Solveモードを利用すれば、複雑な爆発もより簡単にリアルにシミュレートすることができます。

必要不可欠な制作ツールとの統合

Autodesk Maya と Adobe Photoshop、Adobe Illustrator、Macromedia Flash、一般的なCADアプリケーションとのワークフローを簡略化します。

  • レンダーレイヤ技術が再構築されたことで、4種類のAutodesk Mayaレンダリングまたはサードパーティが提供しているプラグインレンダラの複数のパスは、選択した合成ソフトへ最適な形で出力できるようになりました。また、レイヤを Adobe Photoshop (PSD)やMacromediaFlash (SWFT) ファイルにレンダリングすることも可能です。
  • 3Dペイントツール、プロシージャからPSDへの自動変換、Autodesk Maya からのPhotoshopの直接起動などの機能によりPhotoshopとの連携が向上され、アプリケーション間の往復が可能となりました。
  • Adobe Illustrator と連携され、2Dベクトルデータから3Dアニメーションモデルを作成する繰り返しのワークフローが可能です。
  • ATI ASHLI と NvidiaCgFX の両方のプラグインをサポートし、次世代ゲームプラットフォーム用に作成されたハードウェアシェーダをAutodesk Mayaでプレビューすることが可能です。
  • 機能強化された FBX プラグインにより、Autodesk MotionBuilderとアニメーションデータおよびキャラクタリグをシームレスに交換することが可能です。

生産性向上のためのツール

プロキシの共有編集、Artisan ワークフローの強化、重要なAPIクラスの追加など、制作面に焦点を絞ったさまざまな機能強化が行われています。

page top