機器の特徴 | EPSON | プリンター | 株式会社Too
株式会社Too

機器の特徴

大容給紙、多彩な給紙能力

最大6WAY(注)給紙で1,831枚の大量給紙を実現。大量プリントが必要なオフィスでも、用紙補給の手間を軽減しながら、高い生産性を発揮します。

(注):予めカセットAとカセットBの用紙サイズ・用紙種類を同じ設定にしておく必要があります。

インクジェットならではの用紙対応力

エプソンのインクジェットの大きな特長は、熱を使わず用紙と非接触で印刷ができること。
インクを紙に直接吐出する印刷方式なので、熱に弱いフィルムがある窓付き封筒や、和紙などの表面に凹凸がある特殊用紙、金色柄のついた表彰状、厚みのある紙など多種多様なメディアに印刷が可能。さまざまなビジネスシーンで活躍します。

1枚目の出力が早い

1枚目の印刷スピードが速いのが、ビジネスインクジェットプリンターの特長。ビジネスシーンでは1、2枚だけ印刷する機会が意外に多いもの。ビジネスインクジェットプリンターなら、ウォームアップタイムが短いから、最初の1枚から高速印刷。一度の印刷が少量のオフィスにおすすめです。

(注):A4モデルはカラー、モノクロともに約8秒
1枚目の印刷時間算出条件(レディー時からのFPOT算出条件)

一本の回線でファクス/電話自動切替

一本の公衆回線で電話とファクスを共用。ファクス受信時は本体が自動で受信し、電話着信時には接続した外付け電話機の着信音が鳴って呼び出します。

見てからファクス送信/印刷で用紙の無駄を省ける

送信するファクス原稿をパネルでプレビュー可能。確認した上で、送信開始またはキャンセルができます。また、受信した原稿を受信ボックスに保存する設定にすれば、パネルで確認して印刷、削除を決められるので、用紙のムダを省けます。 

インターネットを利用した印刷情報遠隔検針システム<Device Status System>

スマートチャージではインターネット経由で印刷枚数・インク残量情報を送信するDevice Status System(DSS)を使用。DSSを使うと、インク残量の交換時期を自動で検知。お客様からご連絡いただくことなく、インクの交換作業を手配します。また毎月の印刷枚数確認もオンラインで実施します。

(注):インターネット環境が無い場合は、機器でインク交換のお知らせを表示し、お客様からご連絡によってインクを交換します。また印刷枚数は手動で確認致します。確認方法は販売店に問い合わせください。
(注):お客様所有のWindows® PC を利用します。エプソンがWindows® PCをご用意するものではありません。

保守サービス

エプソンのスマートチャージは保守サービスを含んだサービスです。
ご契約いただいた販売店が次の保守サービスをご提供します。

  • 故障時の修理
  • インクの交換
  • 機器・操作方法に関するお問い合わせ

通常保守対応時間:月曜日~金曜日(祝日除く)9:00~17:30

(注):離島・遠隔地・天候などの条件により、一部対応できない場合があります。
注:離島・山間地につきましては、別途料金が必要となります。

選べるラインナップ


  • A3複合機
    ベーシック

  • A3複合機
    フルセット

  • A3プリンター
    ベーシック

  • A3プリンター
    フルセット

  • A4複合機
    ベーシック

  • A4プリンター
    ベーシック

価格表はこちら

page top