株式会社Too

Autodesk製品導入事例 株式会社ソディックDAC 様

工作機械カタログの製品ビジュアルの3DCG化

企業を取り巻く環境はますます厳しさを増し、もはや現状を維持するだけではその存続も難しいのが現実です。われわれが生き残っていくには、ネットワークを最大限利用し、電子化技術を活かしながら他社との差別化を図っていかなければなりません。その意味で3ds MaxやInventorで作る3D CGは、弊社技術を高めて付加価値を向上させ、変化に素早く追従するための必須ツールといえるでしょう。今後さらなる活用を進めていく計画です。

工作機械カタログに使う製品ビジュアルの3D CG 化を目指し
Autodesk 3ds Max による初めての 3D CG 制作に挑戦


制作部 製作課
リーダー
出前 圭一 氏


制作部 製作課
リーダー
田島 辰樹 氏

工作機械のカタログ用写真を3D CG へ

「私たちソディックDAC は、工作機械メーカーとして知られる(株)ソディックの印刷部門から生まれた会社です。ソディックの製品である工作機械の取扱説明書やカタログ、DM等を制作、印刷しています。」そう紹介してくれたのは、代表取締役の芳賀雅右氏である。芳賀氏によれば、同社ではソディック営業の短納期・少部数の要望に応えるため、デザイン、印刷、製本、出荷まで一気通貫で仕上げる体制を確立しているのだという。「また、工作機械のカタログならではの特徴として、印刷による再現が困難なグレートーンについても正確な発色が要求されます。そこで当社では、高度なカラーマネジメントによる標準化を推進し色ブレを極力抑えています。(芳賀氏)
このようにソディックDAC は工作機械関連の印刷物に特化した技術とニーズに即応するフットワークを特徴とし、新技術の導入にも意欲的に取組んでいる。その最も新しい挑戦の1つがAutodesk 3ds Max(以下 3ds Max)、Autodesk Inventor(以下Inventor)による3D CGの社内制作だ。事実、同社では芳賀氏の指揮のもと、数年前から3D CGの導入検討を進めてきた。その狙いはカタログ類に使う製品画像の3D CG化である。
「従来、カタログ類に掲載する工作機械のイメージは実物を撮影して使用していましたが、そこにはさまざまな問題がありました。たとえば撮影は外注していたのですが、その品質にしばしば大きなバラつきがあったのです。」(芳賀氏)難度の高いグレートーンの発色均一化のためにも、元画像の品質は重要である。また、撮影自体に要する時間やコストの問題も小さくなかったようだ。現在3D CG制作を担当する出前圭一氏は語る。「ソディックの各工場にカメラマンを派遣して、工場内で撮影する必要がありました。しかも機械を撮影用にセッティングする作業は1日がかりで、営業担当も技術者も終日拘束されます。コストも時間も大変です。これを3D CGに置き換えられれば大きなメリットがありました。(出前氏)
こうしたことから、ソディックDACは2014年4月に3D CGの導入を決定した。この時、メインツールに選ばれたのが 3ds Max だった。選定を行ったのは芳賀社長と出前氏である。「実は私自身はCADもCGも未経験でしたが、以前からCGに興味があり、よく専門誌を読んでいました。そうした雑誌で見て、凄いなぁと憧れていたのが 3dsMaxです。もちろん他社製品も検討しましたが、やはり3ds Maxが素晴らしくて、ぜひ使ってみたかったんです。上手く使いこなすことができれば、写真と見紛うフォトリアルなビジュアルも作れる――と考えました。(出前氏)こうして、当時はまだ3D CG初心者だった出前氏を中心に、ソディックDACにとっても初めてとなる3D CG制作&活用への挑戦が始まった。

3ds Max + Inventorも活用しながら
3D CGの活用フィールドを広げていく


Autodesk 3ds Maxで制作した工作機械(GL 100)の CG


工作機械(GL100)実機写真


Autodesk Inventorの操作画面


Autodesk 3ds Maxの操作画面


画面上で製品ロゴを比較検討する

3D CADデータから一気通貫の3D CG制作へ

「実際に製品が届く前から体験版の 3ds Maxを使ってみましたが、最初は難しかったですね。3Dの概念は理解していたつもりですが、それを作るとなると手強くて。3ds Max自体も非常に多機能なので、なかなか全体像が把握しきれませんでした。」と導入当時を回想し、出前氏は苦笑する。やがて、さすがに独習では限界があると3ds Maxのトレーニングコースを受講し、これが1つの突破口となった。株式会社Too(以下Too)提供のこのトレーニングは、最多6人の少人数クラスで、初歩から集中的に3ds Maxの操作を修得できるのである。
「そこで学んだ内容を基に独習し、半年後には実務で3D CGを作っていました。幸運だったのはTooの担当者から実務に関する助言をもらったこと。それで作業効率が一気に上がりました。」実はソディックの工作機械の設計には他社製 3DCAD が使われており、当初その3Dデータは3ds Maxで利用できなかった。そのため、出前氏も一からモデリングするつもりでいたが、Tooの担当者から「中間ファイルの STEP を介せば使えるのでは?」とアドバイスされたのである。「すぐデータをSTEPに変換させて 3ds Maxに入れてみたら“できる”と。そこからペースが上がり、今は月1点ペースで制作するようになっています。」ただし、出前氏は工作機械の画像制作に特化した独特の手法で制作しており、 3ds Maxの操作も、それに必要なマテリアルやライティングだけ集中的に研究したのだという。「特に当社のこだわりである工作機械のグレートーンなど、実機を見てリアルな色を追求しています。逆にアニメーションは今でも未経験ですし、モデリングについても、CADデータに入って無い部品をちょこちょこ作る程度です。」こうした実務に徹した割り切りとこだわりが、同社の初挑戦をいち早い成功に導いたと言えるだろう。現在では発注元からも高い評価を得て、3D CG関連業務は着実に拡大しつつある。芳賀氏は語る。「実は最初に3D CGのビジュアルを提案した時は関心を持ってもらえなかったんです。でも、その後フォトリアルに仕上げた画像が高く評価され、採用に繋がりました。今では撮影のコストカットや実機完成前でもデータを作れる等のメリットも理解され、製品デザインレビューのCG制作まで任されるようになっています。」

より幅広いフィールドに3D CG活用を提案

導入検討当初は、ノートPCとタブレットの双方の意見がありました。ノートPCでは講義室内の電源確保の問題がありました。その点タブレットであればバッテリーの心配は必要こうしたフィールドの拡大と共に、同社の制作体制の強化も進んでいる。現在では田島辰樹氏が加わり、出前氏との2人体制となっている。
「私も3D CGは全く未経験なので、やはりまずトレーニングを受けました。今は CG 制作を学びながら先輩のサポートをしている段階です。(田島氏)一方、新ツールとしてAutodesk ProductDesign Suiteが導入され、特に Inventorが使われ始めたのも大きなポイントだ。その背景には海外案件への対応強化の狙いがある。
「実は当初、海外工場のCADデータをSTEPファイルに出すのが難しかったのです。そこでいろいろ試行錯誤していく中で Inventorを試したところ、そのままスムーズに取りこめました。そこで今後のことも考えProduct Design Suiteを導入しました。」そう語る出前氏によれば、もともと工場からもらうCADデータの加工・修正はInventorの方がやりやすい場合も多く、将来的にはInventorをモデリングに活用することも視野に入れているという。さらに、これに続くもう一つの目標がアニメーションの内製化である。
http://www.sodick-dac.co.jp/ 「そうなれば、出前さんが作っている静止画の3D CG制作は私が引き受けたいですね。もちろん今のクオリティを落とすつもりはありませんし、もっともっと 3ds Max を勉強しなければ。」と、2人は強い意欲を語る。最後に芳賀氏に 3D CG分野の今後の戦略について聞いてみた。 「製品写真に替わる画像として、幅広い業界に3D CGを提案していきたいですね。画像そのものも今は外観が中心ですが、さまざまなアングルや内部構造、あるいはアニメーションなど多彩な見せ方を追求しながら、電子カタログや取扱説明書もふくめた幅広い活用を考えています。」

 

株式会社ソディックDAC

〒919-0598 福井県坂井市坂井町長屋78

平成17年の設立以来、カラーマネジメントシステムをいち早く導入し、小部数・短納期のオンデマンド印刷やバリアブル印刷で、高品質なカタログや取扱説明書、DMなどを制作・印刷しています。今日では、電子化技術にも力をいれており、付加価値を向上させ、他社との差別化を図っています。

http://www.sodick-dac.co.jp/

担当営業からのコメント

この度ソディックDAC様には基本講習でソフトウェア全般の基本操作を学んで頂いた後、産業機械に近い大型機械のデータを使いながらビジュアライズ画像制作に集中させたカスタマイズ講習を行いました。
ご担当されたお二人共に3DCGを扱うことが初めてでしたが、目標とする成果物が明確でしたので、カスタマイズ講習では教材などを作らず、ディスカッションしながらオペレーションと共に3DCGの考え方や疑問点を確認して進めていく形式で実施しました。
受講特典として利用頂けるメールサポートでは受講後に悩まれた部分などのフォローを行いましたが、同時に着実にレベルアップされている状況も垣間見ることができ、日々の努力を感じておりました。 今回の3dsMax講習が業務運用の実現に向けた一助になれましたことを大変光栄に思っております。

Autodesk製品の詳細ページへ移動

Autodesk製品の詳細ページへ移動