製造業の方や企画・プロトタイプ設計に関わる方など必見!

近年コロナ禍やコスト削減などのさまざまな背景によりバーチャルフォトが注目されています。
バーチャルフォトを活用すれば、プレゼンやチラシ・カタログ・ECサイトなどに載せる画像やパッケージなども、より効率的にリアルに制作することができます。

具体的にどんなシーンで使われるのか?どんな効果があるのか?をバーチャルフォト活用の事例から紐解きつつ、 手早くバーチャルフォトを作るためのAdobe Substance 3D Collectionを使った制作フローをご紹介します。


オンラインセミナーなので全国どこからでもご参加可能です。当日はライブ配信で、出来る限り質問にもお答えいたします。ぜひこの機会にご参加ください。

  • 60min

アジェンダ

・バーチャルフォトとは
 なぜ今バーチャルフォトが求められるのか
 バーチャルフォトの効果と利用シーン
 製造業の中のバーチャルフォト活用
 バーチャルフォトに必要なリアリティ

・3Dにリアリティを吹き込むSubstance 3D Collection
 Substance 3D Collection製品概要

・手早いバーチャルフォトの制作フロー
 Substance 3D Stagerを軸とした制作フロー
 基本操作と概要
 Substance 3D Sampler、Substance 3D Painterを使った表面素材作り
 Stagerでのオブジェクトと素材の組み合わせ
 バーチャルフォト化の流れ

※プログラム内容、講師は都合により予告なしに変更となる場合がございます。予めご了承ください。
※視聴には事前登録が必要です。

日時

2022年10月6日(木)14:00-15:00 LIVE配信
※事前にZoom(無料)をインストールしてください。モバイルデバイス、タブレットでもご視聴可能ですが、PCを推奨いたします。
※ネット環境につながるデバイスがあれば、どこからでも参加可能です。

講師

加藤 修一 氏
アドビ株式会社
Adobe Creative Cloud Specialist インターネットベンチャー企業でWebデザインやディレクションを経験した後、2013年5月にアドビ株式会社に入社。 主にエンタープライズの企業様向けに「Adobe Creative Cloud」を用いた業務効率化・ワークフロー改善をご提案。Webやモバイルアプリ制作から2D・3Dグラフィックまで、幅広くアドビソリューションのご紹介を行っています。

視聴登録受付中
お申し込みフォーム
個人情報の利用目的について

お預かりしました情報は、以下の目的にのみ利用させていただきます。

  • お見積、受注、商品手配、商品発送、納品、請求、入金処理等の取引全般
  • 業務上のご連絡
  • お問い合わせ、お申し込みに対する対応
  • 弊社および関連会社の営業活動における資料
  • 市場調査活動における資料
  • 弊社発行のメールマガジンや各種情報提供の源泉として
  • 広告配信事業者を利用した行動ターゲティング広告の配信
  • 取得した閲覧履歴や購買履歴等の情報を分析して、趣味嗜好に応じた情報の提供

個人情報保護方針

本ウェブサイトの通信はSSLで暗号化されてます。

お問い合わせ/お見積もり依頼

お気軽にご連絡ください。