Cinema 4D | R20新機能 | 無料体験コース
3DCG Top  お問い合わせ

Cinema 4D

CREATIVITY MEETS SIMPLICITY

クリエイティブをシンプルに

Cinema 4Dは、あなたが求めるプロフェッショナル向け3D製品です。高度な3Dグラフィックや驚くような作品をすばやく簡単に制作したいなら、Cinema 4Dが最適です。Cinema 4D Studioに用意されているツールは、高度な3D用に設計されていますが、ユーザーフレンドリーで直感的にデザインされています。ヘアなど高度な3Dエフェクトの生成も、Cinema 4Dなら驚くほどすばやく簡単です。

わかりやすくてとても強力:
Cinema 4Dは、感動的な作品をすばやく快適に制作したいすべての3Dアーティストに最適なパッケージです。初心者から手慣れたプロまでCinema 4Dの幅広いツールと機能を使うことで、驚くような結果をすばやく作成できます。Cinema 4Dの圧倒的な安定性は、スピードが求められる3Dプロダクションに最適。アーティストのニーズに合わせたパッケージにより魅力的な価格でお買い求めいただけます。

Cinema 4D R20の新機能

Cinema 4D 動作環境

最低動作環境

  • Windows 7 SP1 64-bit 以降が動作する SSE3 をサポートした Intel もしくは AMD 64-bit CPU もしくは Mac OS 10.11.6 もしくは 10.12.4+ が動作する 64-bit CPUの Intel ベースのApple Macintosh
    4 GB の空きメモリ(8 GB 以上を推奨)、OpenGL 4.1 をサポートしたOpenGLグラフィックスカード(専用GPUを推奨)
  • GPU レンダラーは、Windowsは NVIDIA もしくは AMD、macOSは AMD のグラフィックスカードでOpenCL 1.2 以上のサポートが必要。GPU レンダリングには、最低 4 GB 以上のVRAMを推奨します。
  • USBポート、ユーザー登録が必須
  • Cinema 4D/BodyPaint 3D のバージョンがリリース後に提供された、新しいハードウェアおよび OS のサポートは保証できません。ご注意ください。

グラフィックスカード

  • 一般的にCinema 4D および BodyPaint 3Dは、OpenGL 4.1に対応したすべてのグラフィックスカードをサポートしています。しかしながら、AMDもしくはNVIDIAのチップセットを使った専用の3Dグラフィックスカードをお使いいただくことを推奨します。高性能グラフィックスチップは、現在中クラスのラップトップでも使用されています。
  • 常に最新の認定グラフィックスカード・ドライバー(ベータ版ではなく)を使用するようにしてください。
  • 処理スピードについては、オンライン上にある CINEBENCH のテスト結果を参考にしてください。

重要事項

  • メーカーでは、個々のグラフィックスカードの持つOpenGLモードの互換性について責任をもっておりません。膨大な種類のチップセットとOS、ドライバーのバージョンなどの組み合わせによるすべてのシステムの互換性を保証することはできません。

NVIDIA 3D Visionについて

  • NVIDIAの 3D Visionシャッターグラスによるステレオスコピックを使う場合は、クアッドバッファのグラフィックスカードを推奨します。すべての必要条件を満たすグラフィックスカードの概要は、こちら をご覧ください。

製品ラインナップ

無料体験コースはこちら
お問い合わせ、御見積のご依頼はこちらまで
お問い合わせフォーム

株式会社Too デジタルメディアシステム部
E-mail:dms@too.co.jp
TEL 03-6757-3145  FAX 03-6757-3146
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-4-7 虎ノ門36森ビル

TOP