KeyShot8 新機能 | 株式会社Too
new_feature_head.jpg
ビジュアルを次のレベルに引き上げるためにKeyShotがさらに進化!

KeyShot最新版である「KeyShot 8」は、リアルタイム3Dレンダリングとアニメーションのための最も高速で高品質なソフトウェアとして更に進化しました。 リソースへのアクセス性を高め、シーン構築をさらに高速化。照明・マテリアル・テクスチャ増加によるビジュアル表現性がさらに拡大し、デザインの比較検討・共有・管理機能なども強化されました。

イメージスタイル - 画像後処理機能

    イメージスタイルはこれまで画像編集ソフトで行うしかなかったレンダリング後のイメージ調整をKeyShot内で行える機能です。
    ・トーンマッピングやシャドウ、ハイライト、色の調整
    ・背景色やオーバーレイの追加
    ・ブルーム調整
    ・シャドウ、ミッドトーンなどのヒストグラム調整
    また、よく利用する調整設定を保存できます。

カットアウェイ - 断面ビュー作成機能

    カット用に用意した3Dオブジェクトにカットアウェイマテリアルを適用することで断面ビューを簡単に作成できます。角度や場所、カット形状を自由に変更できます

液体表現の進化と設定のシンプル化

    ガラスや液体のような透明の物体表現をシンプルな操作で表現できるようになりました。

マルチレイヤーフィルム - 多層コーティング表現

    表面のクリアコーティングやフィルムの表現をリアルに表現できます。厚さ、色、屈折および分散を制御して本来の物性に近い細かな表限が可能です。

霧などの光線表限

    シーン全体に霧を漂わせ、その霧の中を光が通過するような表現が可能になりました。

多彩なジオメトリシェーダ

    疑似的に凹凸を表現するバンプマップと違い、ジオメトリそのものを変形させるマップ手法に対応しました。
    これによりひび割れやスポンジのような特殊な表現を可能にしています。

スポットライトの進化

    光源の大きさや強さなどを決定するだけでなく、光源にラベルを貼りつけて影のパターンにするなど、シーンのムードアップに貢献する多彩な機能が追加されています。

カラーウェイ - バリエーション比較

    カラーやモデル、環境をグルーピングし、専用コンフィギュレータにて簡単に切替えて比較検討ができます。、

無料体験版はこちら

page top