Marvelous Designer 2 新機能 | 株式会社Too

Marvelous Designer 2 新機能

NEW IN MD 2

Marvelous Designer 2 ver.3.58 リリースノート

Mac OS 版が登場

交差するラインに関連するバグが修正

以前のバージョンにあった、交差するラインに関連するバグが修正されました。

圧力

圧力(Pressure)パラメータにより、オブジェクトと布地の膨張をシミュレートすることができるようになりました。

[Particle Distance] の規定値

布地の [Particle Distance] の規定値を設定可能になりました。

アレンジメントポイントサイズの規定値

アレンジメントポイントサイズの規定値を設定可能になりました。

[Translation] ダイアログボックス

ポイントやラインを移動中に [F1] キーを押すと、[Translation] ダイアログボックスを表示させることができるようになりました。また、ポイントやラインの移動中にマウス右ボタンを押しても [Translation] ダイアログボックスを表示させることができます。

[Property Editor] を分割

従来の [Property Editor] は、[Property] と [Fabric] の2つのタブに分割されました。

Marvelous Designer 2 ver3.52 リリースノート

パターンとシームラインをフリーズ可能

パターンとシームラインを一時的にフリーズすることが可能になりました。

フリーズしたパターンは他のパターンと相互作用するため、多層に重ね合わせた衣服をより簡単に素早く作成することができます。

スカートでの例。ペチコート(水色のパーツ)をフリーズした後、スカートのレイヤー値を上げればペチコートの上にスカートを配置できます。  

複数の頂点を選択

インターナルラインを交差させることが可能になりました。同様に、インターナルラインはパターンのアウトラインとも交差させることができます。

交差するラインによって再現された中綿入りジャンパーの例

アバターに対してピン止め可能に

従来はワールド空間に対してのみパターンをピン止めできましたが、このバージョンからアバターに対してもピン止めできるようになりました。

アバターに対して固定するので、アニメートするアバターにも追随します。

ピンの同期

パターン形状を変更した後でも、ピンが残っているようになりました。

摩擦

アバターと布地の双方に摩擦プロパティが追加されました。アバターと布地の、またはアバター同士の滑り具合を制御することができます。

アバターと布地の摩擦。高い摩擦値を設定した場合(図左)と低い摩擦値を設定した場合(図右)の結果が異なります。

布地同士の摩擦。高い摩擦値を設定した場合(図左)と低い摩擦値を設定した場合(図右)の結果が異なります。

アバターとアクセサリの追加

アバターとアクセサリを追加することができるようになりました。

標準状態のアバター(左)、アクセサリを追加した状態(中央)、アクセサリを追加し布地を作成した状態(右)。

複数のアバターを読み込むことができるようになりました。

page top