Liquid+ | プラグイン | 株式会社Too

3DCGでにじみや柔らかなレンダリングイメージを作成するために開発された、3ds Max用ノンフォトリアリスティックレンダラーです。 油絵や水彩のような、絵画調のレンダリングイメージを作成することができます。

豊富な設定を用いながら、オリジナルのブラシパターンを作成したり、Pencil+と組み合わせることで、アナログ画材を使用したイラストのようなレンダリングイメージが得られます。 また、3ds Max 標準のスキャンラインレンダリングとの相性が良いため、Liquid+を特定のオブジェクトで使用することも可能です。

対応バージョン 3ds Max 2013, 2014, 2015, 2016 (64bit)
※3ds Max 2017以降は対応しておりません。
デモ版 有り
メーカー PSOFT
カテゴリー レンダラー / シェーダー

柔らかな質感

オブジェクトからはみ出した塗り、にじみ、色の流れる方向など、今までにない3DCG表現が可能です。 Pencil+同様に、オブジェクトの動作を検出し動作オブジェクトのストロークをアニメーションする機能を搭載しています。

豊かな表現力

これまでの3DCGでは考えられなかった、3D空間上のオブジェクトをにじませた表現が可能です。液体の広がりや色の混色シミュレートにより、水彩画のような質感表現のアニメーションを手軽に制作できる環境を実現しました。

また、にじんだオブジェクトの境界を強める機能や、にじんでいく速度をコントロール可能とするなど、豊富な設定によって高度な表現力を実現しています。 塗料特性を設定することで、にじみや混色の調節、白色を透明化にしたり色むらの幅を持たせるなど、さらに手描きに近い表現を追求する事ができます。

2つのプラグイン

Liquid+はPencil+同様に、オブジェクトの色、質感の設定を行うLiquid+マテリアル部と、オブジェクト境界に輪郭を設定するLiquid+ライン部の、2つのプラグインで構成されています。

Liquid+ マテリアル

Liquid+マテリアルは、マテリアルエディターからアクセスできます。豊富な設定を利用し、豊かなストローク表現のレンダリング画像を作成することが可能です。

Liquid+はブラシエディターで設定したブラシを用いてストロークの描画を行います。画像ファイルを読み込んでブラシパターンとして使用することもできます。

また、Pencil+と連携する事で陰影を自在にコントロールしたり、Liquid+の処理後にPencil+のストロークを描画するといった設定も可能で、表現の幅をより一層広げることができます。

Liquid+ ライン

Liquid+ラインはレンダリング効果として、2D的処理で高速に輪郭線を描画することが可能です。

オブジェクト形状にあわせて線の太さに変化を加える、ゆがみ機能を搭載しているので、より自然な手書き風の表現を可能にしました。また、ラインに対してにじみを設定することもできます。

製品仕様

  • 水彩画風レンダリング機能
  • にじみ機能
  • にじみ境界機能
  • 高度なブラシ設定機能
  • 高度なストローク設定機能
  • 可視線の描画機能
  • ライン設定機能

動作環境

3ds Max 動作環境に準拠

  • OS:
    Microsoft Windows Vista / XP Professional / 2000 Professional 以降
    (対応OSは、3ds Max のバージョンにより異なります)
  • CPU:
    300MHz以上のIntelまたはAMDコンパチプロセッサ
    (デュアルIntel Pentium 4プロセッサまたはデュアルAMD Athlonシステム推奨)
  • メモリ:
    512MB以上のメモリ(2GBのRAMおよび4GBのスワップスペース推奨)
  • 3ds Max Design でご利用いただくには
    3ds Max Design は、同じバージョンの 3ds Max 用のプラグインと互換性があります。3ds Max Design 上でのご使用を目的とする場合は、体験版にて動作のご確認をお願いいたします。
製品名価格(税別)
Liquid+ for 3ds Max スタンドアロンライセンス(パッケージ版) 48,000
Liquid+ for 3ds Max ネットワークライセンス(パッケージ版) 80,000
製品名価格(税別)
Liquid+ スタンドアロンライセンス版
Liquid+ ネットワークライセンス版 アップグレード 【注】
33,000

【注】 スタンドアロンライセンス版 から ネットワークライセンス版 へのアップグレードの際には、PSOFTアップグレード申請書 および ライセンス削除ツール による削除認証ファイルを提出いただく必要があります。

page top