代表取締役 社長

石井 剛太

Too Corporation

トップメッセージ

株式会社Too

会社の3〜5年後のビジョン、そこに向けての戦略は?

「世界最大級のクリエイターネットワークの構築」

当社は1919年創業以来、デザイナーやクリエイター(以降、お客様)が本業に専念できる環境を整備してきました。初代は画材店オープン。2代目はデザイン材料の輸入・販売とともにデザイン文化を国内に普及。3代目は圧倒的なキャリアを経てデザインプロセスのデジタル化を実現、あのアップル創業者の故・スティーブ・ジョブズ氏も一目置く存在でした。このように各世代がその時々の時代の変化に対応して今日に至ります。そして現世代は4代目。100周年を迎えた現代のキーワードはモバイル・クラウド・グローバル。従来の物販事業にITサービスを加え、これまで以上にお客様の本業に貢献していく所存です。

戦略実現の上で課題と、そのために実現したいことは?

「真のマーケティング志向の会社への転換」

課題は、長い伝統と歴史によって築かれてきた企業文化と、これからの時代を勝ち抜くための新しい企業文化の共存と融合です。ここで使われている「マーケティング」の正確な定義は、決して「広告宣伝」とか「販売促進」という狭義の意味ではありません。すなわち「製造、技術、営業、管理・・・社内のすべての人が、なぜ自社がお客様から選ばれていて、自社のお客様にとっての価値がなんであるか、そのためには自分が何をしないといけないかを、きちんと理解し、行動する。」その経営活動の総称こそがここで使われている「マーケティング」の意味です。この転換という名の成長なしに、これからの成熟市場における勝ち残りはありえません。

以上の戦略実現に必要な人材は?

「クリエイターの未来を変えるナンバーワン企業を目指します!」

会社には多種多様の業務があるので、新入社員の個性も多様性に富んでいると嬉しいですね。体育会系から帰国子女系、理数系、起業家系、そしておたく系まで新戦力を採用したいと考えています。強いて言えば、ご縁と相性ですかね。あまり悩まずうちに決めてくれる学生の直感を一番大事にしたいと思います。

Tooで得られる成長や、それをサポートする機会・環境は?

「社員の成長ほど嬉しいことはありません!」

最終的に社員が成長する瞬間は、仕事で結果を出し、周囲からの信頼と自信を得た時以外にはありえません。しかし仕事で成果を出すキッカケは、実は「仕事」と「仕事外」において多くの人と接することで得ることができます。そして仕事上の出会いは、放っておいても社員は多くの方々(お客様、仕入先、他部署の先輩社員等)と接する運命にありますので(笑)、当社は、特にここ数年は、社員の「仕事外」での人との出会いに力を入れています。また他社に類を見ない当社オリジナルの新人研修は、3年前から地方研修がスタートし、今後は海外研修も視野に入れるなど人材育成には積極的に力を入れていきます。

就職活動生へのメッセージとエール

「何度も挫折し、自信を失い、焦ると思うけど、頑張れ!」

就活とは苦行そのもの。理想と現実の狭間に立たされ、友人達が決まり始めると焦り、私も当時は何度も自分を疑いました。途中から、まずはどこでもいいから内定をもらって安心したいと思うようにもなりました。でもそれは自分が弱い、悪いわけじゃない。誰もが通る登竜門。諦めたら終わり。最後まで頑張って欲しい。