macOS Catalina 10.15.7セキュリティアップデート2021-004 リリース(2021.07.21)

(2021年7月27日掲載)

Appleより、macOS Catalina 10.15.7セキュリティアップデート2021-004がリリースされました。

アップデート内容は以下の項目に関するものとなっています。以下引用致します

セキュリティアップデート 2021-004 Catalina
2021 年 7 月 21 日リリース

AMD Kernel

対象 OS:macOS Catalina
影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。
説明:入力検証を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。
CVE-2021-30805:ABC Research s.r.o

AppKit

対象 OS:macOS Catalina
影響:悪意を持って作成されたファイルを開くと、アプリケーションが予期せず終了したり、任意のコードが実行される可能性がある。
説明:脆弱なコードを削除することで、情報漏洩の脆弱性に対処しました。
CVE-2021-30790:Trend Micro Zero Day Initiative に協力する hjy79425575 氏

Audio

対象 OS:macOS Catalina
影響:ローカルの攻撃者により、アプリケーションを突然終了されたり、任意のコードを実行されたりする可能性がある。
説明:この問題は、チェックを強化することで解決されました。
CVE-2021-30781:tr3e 氏

Bluetooth

対象 OS:macOS Catalina
影響:悪意のあるアプリケーションがルート権限を取得できる場合がある。
説明:ステート管理を改善し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。
CVE-2021-30672:ENKI の say2 氏

CoreAudio

対象 OS:macOS Catalina
影響:悪意を持って作成されたオーディオファイルを処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。
説明:ステート管理を改善し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。
CVE-2021-30775:Ant Security Light-Year Lab の JunDong Xie 氏

CoreAudio

対象 OS:macOS Catalina
影響:悪意のあるオーディオファイルを再生すると、アプリケーションが予期せず終了する可能性がある。
説明:検証を強化し、ロジックの脆弱性に対処しました。
CVE-2021-30776:Ant Security Light-Year Lab の JunDong Xie 氏

CoreStorage

対象 OS:macOS Catalina
影響:悪意のあるアプリケーションがルート権限を取得できる場合がある。
説明:検証を強化し、インジェクションの脆弱性に対処しました。
CVE-2021-30777:Zoom Video Communications の Tim Michaud 氏 (@TimGMichaud) および ECSC Group plc の Gary Nield 氏

CoreText

対象 OS:macOS Catalina
影響:悪意を持って作成されたフォントファイルを処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。
説明:入力検証を強化することで、領域外読み込みに対処しました。
CVE-2021-30789:Knownsec 404 team の Sunglin 氏、Trend Micro の Mickey Jin 氏 (@patch1t)

CoreText
対象 OS:macOS Catalina
影響:悪意を持って作成されたフォントを処理すると、プロセスメモリが漏洩する可能性がある。
説明:入力検証を強化することで、領域外読み込みに対処しました。
CVE-2021-30733:Knownsec 404 の Sunglin 氏

CVMS

対象 OS:macOS Catalina

影響:悪意のあるアプリケーションがルート権限を取得できる場合がある。
説明:配列境界チェック機能を改善することで、領域外書き込みの脆弱性に対処しました。
CVE-2021-30780:Zoom Video Communications の Tim Michaud 氏 (@TimGMichaud)

dyld

対象 OS:macOS Catalina

影響:サンドボックス化されたプロセスが、サンドボックスの制約を回避できる可能性がある。
説明:検証を強化し、ロジックの脆弱性に対処しました。
CVE-2021-30768:Linus Henze 氏 (pinauten.de)

FontParser

対象 OS:macOS Catalina

影響:悪意を持って作成されたフォントファイルを処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。
説明:入力検証を強化することで、整数オーバーフローに対処しました。
CVE-2021-30760:Knownsec 404 team の Sunglin 氏

FontParser

対象 OS:macOS Catalina

影響:悪意を持って作成されたフォントファイルを処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。
説明:入力検証を強化することで、スタックオーバーフローに対処しました。
CVE-2021-30759:Trend Micro Zero Day Initiative に協力する hjy79425575 氏

FontParser

対象 OS:macOS Catalina

影響:悪意を持って作成された tiff ファイルを処理すると、サービス運用妨害を受ける可能性や、メモリのコンテンツが漏洩する可能性がある。
説明:この問題は、チェックを強化することで解決されました。
CVE-2021-30788:Trend Micro Zero Day Initiative に協力する tr3e 氏

ImageIO

対象 OS:macOS Catalina
影響:悪意を持って作成された画像を処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。
説明:配列境界チェック機能を改善することで、バッファオーバーフローに対処しました。
CVE-2021-30785:Trend Micro の Mickey Jin 氏 (@patch1t)、Topsec Alpha Team の CFF

Intel Graphics Driver

対象 OS:macOS Catalina

影響:アプリケーションにシステムを突然終了されたり、カーネルメモリに書き込まれる可能性がある。
説明:この問題は、チェックを強化することで解決されました。
CVE-2021-30787:Trend Micro Zero Day Initiative に協力する匿名者

Intel Graphics Driver

対象 OS:macOS Catalina

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。
説明:入力検証を強化することで、領域外書き込みに対処しました。
CVE-2021-30765:Ant Security Light-Year Lab の Liu Long 氏
CVE-2021-30766:Ant Security Light-Year Lab の Liu Long 氏

IOUSBHostFamily
対象 OS:macOS Catalina

影響:権限のないアプリケーションが USB デバイスを取得できる可能性がある。
説明:この問題は、チェックを強化することで解決されました。
CVE-2021-30731:UTM (@UTMapp)

Kernel

対象 OS:macOS Catalina

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。
説明:メモリ管理を強化し、ダブルフリー (二重解放) の脆弱性に対処しました。
CVE-2021-30703:匿名の研究者

Kernel

対象 OS:macOS Catalina

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。
説明:ステート管理を改善し、ロジックの問題に対処しました。
CVE-2021-30793:Ant Security TianQiong Lab の Zuozhi Fan 氏 (@pattern_F_)

LaunchServices

対象 OS:macOS Catalina

影響:悪意のあるアプリケーションがサンドボックスを破って外部で実行される可能性がある。
説明:この問題は、環境のサニタイズ処理を改善することで解決されました。
CVE-2021-30677:Ron Waisberg 氏 (@epsilan)

LaunchServices

対象 OS:macOS Catalina

影響:サンドボックス化されたプロセスが、サンドボックスの制約を回避できる可能性がある。
説明:アクセス制限を改善し、アクセス関連の脆弱性に対処しました。
CVE-2021-30783:Ron Waisberg 氏 (@epsilan)

Model I/O

対象 OS:macOS Catalina

影響:悪意を持って作成されたイメージを処理すると、サービス運用妨害を受ける可能性がある。
説明:検証を強化し、ロジックの脆弱性に対処しました。
CVE-2021-30796:Trend Micro の Mickey Jin 氏 (@patch1t)

Sandbox

対象 OS:macOS Catalina

影響:悪意のあるアプリケーションに、制限されたファイルにアクセスされる可能性がある。
説明:この問題は、チェックを強化することで解決されました。
CVE-2021-30782:Offensive Security の Csaba Fitzl 氏 (@theevilbit)

WebKit

対象 OS:macOS Catalina

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。
説明:メモリ処理を強化し、複数のメモリ破損の脆弱性に対処しました。
CVE-2021-30799:Google Project Zero の Sergei Glazunov

page top