すべての書類で使用可能な合成フォントを作成する

InDesign、およびIllustratorの合成フォントについてご案内します。

何かの書類を開いた状態で、InDesignまたはIllustratorで合成フォントの作成を行った場合、基本的にはその書類のみでその合成フォントが使用可能となります。

新規書類等どの書類でも使用可能な合成フォントを作成する場合は、何も書類が開いていない状態で、「書式」メニュー>「合成フォント」を選択し、合成フォントウィンドウを開きます。画像はInDesign CC2015の合成フォントウィンドウです。


【Mac】
161024_08.png【Windows】

161024_09.png

「新規」をクリックし、合成フォントを作成します。

もしくはInDesignであれば「読み込み」をクリックし、合成フォントが設定されているInDesign書類を選択し、「開く」をクリックする事でも合成フォントの作成が可能です。この機能はIllustratorにはございません。


参考「Illustrator / 合成フォントの作成(Adobeサポート)」


弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top