IllustratorCC2015で新規書類が真っ暗になったり線の表示がおかしい

IllustratorCC2015において、以下のような不具合が出る場合があります。

【Mac】

  • 既存ファイルを開くと何も表示されない(レイヤー等は表示される)
  • 新規作成でファイルが真っ黒になる
  • ファイルの中にギザギザの線が現れる
  • 線の太さが一定にならない
  • 点線が実線になる
  • 「Web用に保存」を選ぶと強制終了する
  • 表示される色味の変化(設定や環境によって異なります)

【Windows】

  • Windows環境で強制終了してしまう


その場合は、「IllustratorCC」メニュー>「環境設定」>「GPUパフォーマンス」を選択します。「GPUパフォーマンス」にチェックが入ってる場合は、チェックを外します。

140_1_2.png稀にこのような画面が表示されることもあります。その場合、特に設定を変更する必要はありません。

161024_18.png

参考「Illustrator CC 2015 : アップデート後の表示に関するトラブル(Mac OS、Windows)(Adobeサポート)」


弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top