Illustrator CC 2015 で「変形」パネルが勝手に閉じてしまいます【Mac】

以下の操作を行うと、この現象は再現できます。なお Illustrator CC 2015.3 では改善されていますので、運用上問題がなければ Illustrator CC 2015.3 を追加インストール・ご使用されることを推奨いたします。


1.任意のオブジェクトを作成したり、画像を配置して、それを選択します。

2.「コントロール」バーにある「X:」「Y:」「W:」「H:」のいずれか、もしくは「変形」をクリックして、「変形」パネルを表示します。

「X:」「Y:」「W:」「H:」のいずれかをクリックして「変形」パネルを開いたとき、クリックした項目の数値がすでに選択された状態になっています。「変形」をクリックして「変形」パネルを開いたときは、「X:」の数値がすでに選択された状態になっています。

3.「2.」で数値がすでに選択されているので、テンキー操作で数値を入力して移動や変形を行おうとします。

4.数値を入力したのと同時に「変形」パネルが意図せず閉じます。


Illustrator でテンキー操作をして、希望するテキストボックスに実際に数値入力が行えるのは、テキストボックスがオレンジ色に囲まれているときです。テキストボックス内の数値が選択されていることは関係がありません。

従って数値入力したいテキストボックスをクリックしたり、tabキーを押して予めテキストボックスをオレンジ色に囲む必要があります。

henkei_AICC2015.png

Illustrator の以前のバージョンでは、「変形」パネルを開いたとき、すでにテキストボックスがオレンジ色に囲まれていました。

henkei_AICC2014.png



弊社保守契約
をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top