InDesign 作業時に「鍵マーク」がついた書類が作成されます

InDesign で作業していると、「鍵マーク」アイコンで拡張子「.idlk」のついた書類が自動的に作成されます。

【Mac】

263_1.png

【Windows】

263_3_win.png
こちらは「ロックファイル」と呼ばれる書類で、InDesign で書類を保存したり、保存した書類を開くと自動的に作成されます。書類を閉じると自動的に削除されます。
反対に何かしらの理由で InDesign が強制終了した場合には、この書類が削除されずに残されたままになります。

この時、状況によってはロックファイルがエラーとなる原因を保持してしまい、書類が開けなくなる場合もあります。その場合はロックファイルを削除した上で開くかどうかお試しください。



弊社保守契約
をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top