Photoshop で作業を行なっていたところ、「仮想記憶ディスクの空き容量がありません」とアラートが表示されました

Photoshop はビットマップ画像を扱うアプリケーションのため、編集中にメモリが不足した場合に備えて、コンピュータに接続された内蔵ハードディスクなどのボリュームに仮想記憶ディスクファイルを保存して、演算処理に利用しています。

仮想記憶ディスクとは、仮想記憶ディスクファイルの保存先のボリュームのことです。

このように設計されているため、適切な空き容量が仮想記憶ディスクにないと、「仮想記憶ディスクの空き容量がありません」とアラートが表示され、警告されます。

以下のように対処してください。


1.コンピュータに外付ハードディスクなど複数のボリュームを接続している場合には、Photoshop の「仮想記憶ディスク」環境設定を開き、「仮想記憶ディスク」リストで「有効」チェックボックスをクリックして、外付ハードディスクなども仮想記憶ディスクとして追加します。

【Mac】

54434-1.png

【Windows】

54434-2.png

もしお手元に接続していない外付ハードディスクがあれば、接続して仮想記憶ディスクに指定することも検討してください。


2.コンピュータに外付ハードディスクなど複数のボリュームを接続していない場合には、起動ディスクが自動的に仮想記憶ディスクに設定されています。

起動ディスクに保存された書類のうち、不要と思われるものを削除して空き容量を確保します。



参考「Photoshop CC のパフォーマンスを最適化する(Adobeサポート)」


弊社保守契約
をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top