Creative CloudデスクトップアプリケーションのUIが変更(2017年9月)

2017年9月26日に公開されたCreative CloudデスクトップアプリケーションのVer.4.3.0.256で一部のユーザーインターフェイスが変更になりました。

Appsタブ内に「すべてのアプリ」「インストール済み製品」のカテゴリーができました。それに伴い古いバージョンのアプリケーションをインストールする手順も変更されています。

※以下の画像はすべてMac版になります。


<すべてのアプリ>

「マイアプリ&サービス」にサインインしたAdobe IDで利用可能なアプリケーションの一覧が表示されます。

297_1.png

Creative Cloud利用ユーザーとして割り当てされていないAdobe IDでサインインしていた場合には、Photoshop等に「体験版の使用」と表示されます。

297_2.png

古いバージョンのアプリケーションをインストールする場合は、該当のアプリケーション名の右端にある下向き矢印をクリックし、「他のバージョン」を選択します。

297_3.png

インストール可能なバージョンが表示されるので、インストールしたいバージョンを選択します。

297_4.png

<インストール済み製品>

「マイアプリ&サービス」にインストール済みのアプリケーションの一覧が表示されます。

297_5.png

アプリケーションアイコンの左側にある右向き三角マークをクリックすると、インストール済みの他のバージョンが表示されます。

297_6.png


参考「Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーションのリリースノート(Adobeサポート)」

弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top