Photoshopで画像を別の書類にペーストすると色が変わってしまう。

Photoshopの画像を別の書類や新規書類にペーストした場合、色がくすんだり薄くなったり、変わってしまう場合があります。
これは書類に割り当てられたカラープロファイルが異なっていた場合に発生します。コピー元の書類に適用されているカラープロファイルと、コピー先の書類に適用されているカラープロファイルが同じであることを確認してからペーストすると同じ色でペーストされます。

例えば、下のスクリーンショットのように、左側の画像を右側の新規書類にペーストした場合に、ペースト後の右側の画像と色が異なって見える場合があります。これはペースト元の左側の書類には色域の広いAdobeRGBのカラープロファイルが適用されていて、ペースト先の右の書類には、AdobeRGBよりも色域の狭いsRGBのカラープロファイルが適用されているため、一部の色が再現できずに変わってしまうのです。(注意:この画面ショットは症状をわかりやすくするためイメージで作成したもので、障害状態を正しく再現したものではありません。)

16763-1.jpeg


それぞれの画像の左下部分に何のカラープロファイルが割り当てられているかを表示させることができます。ここにカラープロファイル以外の情報が表示されている場合は、表示されている項目名の右隣の「>」マークをクリックするとメニューが現れて変更ができますので、「ドキュメントのプロファイル」を選択してください。

16763-2.jpeg

新規ドキュメント(新規書類)へ画像をペーストする際は、元画像のカラープロファイルを確認し、新規ドキュメントのカラープロファイルを同じものにしてから「作成」し、その後ペーストすると色は変わりません。


【ペーストを行うときにアラートが表示された場合】
画像をコピーした後、別の書類にペースト実施の際に「プロファイルの不一致」警告ウインドウが表示される場合があります(ご利用されているPhotoshopのカラー設定によって表示される場合とされない場合があります)。アラートが表示された場合、カラープロファイルをどのように処理してペーストするのかその場で決めることができます。


16763-3.jpeg
このウインドウが表示された場合は「変換しない(カラー値を保持)」を選びます。こちらを選ぶと先にご紹介している通り色がくすんだり薄くなったりして画像がペーストされます。しかしもう一方の「変換(カラーアピアランスを保持)」を選択してOKすると、ペースト後の色味は変わりませんがペースト前の画像が持っている色情報そのものが変更されてしまうので注意が必要です。画像内の色情報が変更されてしまうと元の状態に戻すことはできません。
すでにご説明の通り、あらかじめカラープロファイルを合わせたデータを用意してペーストするか、上記のウインドウの「変換(カラー値を保持)」でペーストし、その後にデータそのものに割り当てられているカラープロファイルを、ペースト元の画像データと同じカラープロファイルで指定しなおせば、画像の持つ色情報を変更せずに合わせることができます。


なお、色域の表示はその色を正しく表示できるだけの機能を持ったモニタが必要なため、ペースト後に色が変わった場合も、その色の変化をモニタ上に再現できない場合があります。



弊社保守契約
をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top