Illustrator CC 2017 で新規ドキュメントを作成するときのウインドウがこれまでと異なる

Illustrator CC 2017 から新規ドキュメントを作成するときのウインドウがこれまでと異なっています。

Illustrator CC 2017 を起動して、メニューバーの「ファイル」から「新規..」を選ぶと、下のスクリーンショットのような「新規ドキュメント」のウインドウが表示されます。この場合、まずはウインドウ上部の項目を選びます。
17026_1.jpg

下のスクリーンショットでは上部で「印刷」を選んで、右側の「プリセットの詳細」内で設定を行い、その中の「詳細設定」をクリックすることでIllustrator CC 2015.3 までと同じ新規ドキュメント作成のウインドウを表示させ、詳細な設定をすることができます。
17026_2.jpg


環境設定を変更することで、Illustrator CC 2015.3 までと同じ新規ドキュメント作成のウインドウを最初から開くことも可能です。

Illustrator CCメニューから「環境設定」の「一般...」を開いて、『以前の「新規ドキュメント」インターフェイスを使用』のチェックを入れてOKをクリックします。

17026_3.jpg

設定後、メニューバーの「ファイル」から「新規..」を選ぶと、Illustrator CC 2015.3 までと同じ新規ドキュメント 作成ウインドウが開くようになります。
17026_4.jpg

【Windows】
Windowsの場合もMacと同様の動きになります。
Illustrator CC 2017 のデフォルトの設定ではメニューバーの「ファイル」から「新規..」を選んで表示される「新規ドキュメント」ウインドウで、ウインドウ上部の項目を選び設定していきます。
下のスクリーンショットでは「印刷」を選んでいます。
右側の「プリセットの詳細」内で設定をして、右下の「詳細設定」をクリックすることで Illustrator CC 2015.3 までと同じ新規ドキュメント作成のウインドウを表示させ詳細の設定を行うこともできます。

17026_5.jpg

Windows版でも、環境設定の内容を変更することで Illustrator CC 2015.3 までの新規ドキュメント作成ウインドウを最初から開くこともできます。

「編集」メニューから「環境設定」の「一般...」を開いて、『以前の「新規ドキュメント」インターフェイスを使用』のチェックを入れてOKをクリックします。

17026_6.jpg

弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top