Photoshop のコピースタンプツール使用時に画像全体がコピーされたような動作になる。

Photoshop でコピースタンプツールを使用する時、option キーを押しながらコピーしたい領域をクリックすることでブラシの大きさに応じてコピー領域が定義されるはずが、画像全体がコピーされたような動きをする場合は、以下の設定をご確認ください。

スクリーンショットではアヒルの画像の目を囲むようにブラシの大きさを設定し、option キーを押しながら目の部分をクリックして目の部分だけをコピーしたはずが、コピースタンプツールを動かすとアヒル全体がコピーされたような動きになっています。
17206_1.jpg

そのような場合は、メニューバー「ウインドウ」から「コピーソース」を選択し「コピーソース」パネルを開きます。
パネル内「クリップ」にチェックが入っていないと思われますのでチェックを入れます。
17206_2.jpg

するとブラシの大きさに応じてコピーされた領域だけが表示され、クリックすることでそれがスタンプを押すようにペーストできます。
17206_3.jpg


なお「オーバーレイを表示」がオフになっていた場合は、コピーされている領域の表示はされません。これらの機能は扱う画像によっては、表示させない方がわかりやすい時もあります。作業状況によってオン、オフを切り替えて作業することをお勧めします。


【Windows】
「コピーソース」パネル内「クリップ」にチェックを入れず、「オーバーレイを表示」のみにチェックを入れた状態でコピースタンプツールを扱うと、画像全体がコピーされたような動きをします。「オーバーレイを表示」と「クリップ」の両方にチェックを入れれば、選択しているブラシの大きさに応じて画像の一部が表示され、クリックするとその部分だけがスタンプされたようにペーストされます。
17206_4.jpg



参考「写真のレタッチと修復(Adobeサポート)」




弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top