Illustratorでグラフィックスタイルを保存して、別の書類でも使用したい

Illustratorで作成したアピアランスはグラフィックスタイルパネルへ登録して、別のオブジェクトに適用させることが可能です。

ただし新規書類や別の書類上では、グラフィックスタイルパネルは初期状態になるので同じアピアランスを適用させることができません。

別の書類でも使用できるようにするには、グラフィックスタイルパネルの右上のオプションメニューから「グラフィックスタイルライブラリを保存」を選択します。

【Mac】

305_1.png


【Windows】

305_1w.png

任意の名称(ここでは「フチ文字スタイル」)をつけて保存します。

【Mac】

305_2_2.png


【Windows】

305_2w.png

別の書類を開いて、グラフィックスタイルパネルの右上のオプションメニューから「グラフィックスタイルライブラリを開く」の中の「ユーザー定義」の中の「フチ文字スタイル」を選択します。

【Mac】

305_3.png


【Windows】

305_3w.png

保存した「フチ文字スタイル」が表示されます。

【Mac】

305_4.png


【Windows】

305_4w.png

もしくは、アピアランスを適用したオブジェクトをコピーして、別の書類にペーストしても、グラフィックパネルに該当のアピアランスが追加されます。

参考「Illustratorでのグラフィックスタイルの操作(Adobeサポート)」
 


弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top