合成フォント情報の保存先と、別バージョンへの移行について

InDesign、およびIllustratorで作成した合成フォント情報の保存先はこちらです。


<InDesign>

Mac OS

 Macintosh HD/ユーザ/ (ユーザー名) /ライブラリ/Preferences/Adobe InDesign/Version (バージョン) -J/ja_JP

Windows 10 / 8 / 7 / Vista
 
C:\Users\ (ユーザー名) \AppData\Roaming\Adobe\InDesign\Version (バージョン) -J\ja_JP

Windows XP
 
C:\Documents and Settings\ (ユーザー名) \Application Data\Adobe\InDesign\Version (バージョン) -J\ja_JP

※Windows版の場合は、隠しファイル・及び隠しフォルダが表示されている状態でお探しください。
参考「隠しファイルおよび隠しフォルダーを表示する方法 (Adobeサポート)」


<Illustrator>

Mac OS

 Home/ライブラリ/Application Support/Adobe/Adobe Illustrator (バージョン) /ja_JP/「合成フォント」フォルダ内

Windows 10 / 8 / 7 / Vista
 C:\Users\ (ユーザー名) \AppData\Roaming\Adobe\Adobe Illustrator (バージョン) Settings\ja_JP\ (x64 or x86) 「\合成フォント」フォルダ内


またInDesignの合成フォント情報を、別バージョンの「CompositeFont」フォルダにコピーすることで、合成フォントの移行が可能です。

ただしIllustratorの場合は移行については非対応で、正常に読み込めない場合があります。

 

 

弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

 

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top