OS 10.11環境と一部Windows環境でCreative Cloud使用時、一部のプロセスがCPUを占有

2015/11/27のCreative Cloudデスクトップアプリケーションのアップデート後に、OS 10.11環境において「CCX Process」や「CC Library」といったプロセスがメモリを占有するという不具合が発生しています。

この件については下記のリンクをご参照下さい。
参考「【お知らせ】Creative Cloud デスクトップアプリケーションアップデート後のトラブルにつきまして(Adobeサポート)」


また、Windowsでも「CEPHtmlEngine」というAdobe関連プロセスにおけるメモリの占有が発生する場合があります。

この件については下記のリンクをご参照下さい。
参考「CEPHtmlEngine による高い CPU 使用率(Adobeサポート)」


弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top